[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Mobile Suit Gundam UC 2(機動戦士ガンダムUC <ユニコーン> 2) (3)

2011年5月15日日曜日

【ディクテーション】Mobile Suit Gundam UC 2(機動戦士ガンダムUC <ユニコーン> 2) (3)

バンダイビジュアルより2010年11月12日発売の「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2」(日本市場向け)は英語音声トラックも収録。 バナージ・リンクス(内山昂輝)にSteve Cannon、 オードリー・バーン(藤村歩)にStephanie Sheh、 フル・フロンタル(池田秀一)にKeith Silverstein、 マリーダ・クルス(甲斐田裕子)にTara Platt、 スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)にMichael Alston Baley、 アンジェロ・ザウパー(柿原徹也)にMichael Sinterniklaas。 以下、episode 2: The Second Coming of Char(赤い彗星)のリクエストいただいたアンジェロの11分30秒くらいのセリフ。 参考までに字幕も掲載。 2011年4月7日発売の第3巻もいいセリフ多いから機会があれば取り上げてみたいですね。

我々は出撃準備に入る。 艦長たちはここで見物していればいい We're all set to launch, Captain. All you need do is sit back and observe. Leave the rest to us.
---------------
字幕: We're ready to launch. Sit here and observe, Captain.
今回はラプラスの箱とやらが関係しているのだろう? 回収にエコーズが動員される程の機密なら… All of this has to be related to Laplace's Box. Am I right, Lieutenant? A secret important enough to warrant the deployment of ECOAS to retrieve it.
---------------
字幕: This has got to be related to Laplace's Box, huh? If this secret is so important that they sent ECOAS to recover it...
連邦が隠密に動かせる戦力には限りがある。 今頃は対応を決める話し合いが持たれているだろうさ。 責任をとりたくない責任者たちの間でな There is a limit to how much the Federation can mobilize in secrecy. Even as we speack, I'm sure they are in discussions about how to handle the situation. All those responsible parties trying to avoid responsibility.
---------------
字幕: There's a limit to how much the Federation can mobilize in secrecy. Right now, they're likely in discussions about how to handle it. Talks between everyone responsible who doesn't want the responsibility.
だといいが I hope you're right.
---------------
字幕: I hope you're right.
増援の気配はないんだろ?請け合うよ They are here without backup, aren't they? I'm positive.
---------------
字幕: There's no sign of reinforcements, is there? I assure you.

all set toは「《be ~》~する準備がすっかり整っている、~する用意がすっかりできている◆【同】to be prepared ; to be ready.」。
sit backは「【句動-1】〔椅子に〕深く座る[腰掛ける]、座って動かない、くつろぐ、【句動-2】手[身]を引く、手を出さない、傍観する(I will decide what to do after I sit back and take a look at my life.=身を引いて自分の人生を見詰め直し、何をするべきか考えるつもりだ。)(In this bad situation, we can't just be sitting back.=この悪い状態では、椅子にふんぞり返っているわけにはいかない。)(I'll just sit back and enjoy watching it.=高みの見物をさせてもらおう。)、【句動-3】〔建物が〕奥まった所にある」。
warrantは「【名-1】〔権威者からの〕認可、許可、認証、【名-2】認可書、許可証、認証状、【名-3】〔行為や信念を正当化する〕根拠、理由、【名-4】保証[証明・確認]するもの、【名-5】《法律》〔逮捕や捜索などの〕令状、【名-6】《法律》支払命令書、受領認可書、【名-7】《金》新株引受権、ワラント、【名-8】《軍事》准尉(任命証書)、【他動-1】~の正当な理由となる、~は当然である、~を正当化する、【他動-2】〔個人的に~を〕保証する、請け合う、【他動-3】〔製品を〕保証する、〔購入者に〕保証する、【他動-4】(人)に認可を与える、~を認可する、【他動-5】《法律》〔不動産の〕無瑕疵権原を保証する」。
mobilizeは「【自動】〔軍隊などが〕動員される、【他動-1】〔軍隊などを〕動員する(The Governor mobilized the National Guard to help.=州知事は援助活動に州兵を動員しました。)、【他動-2】〔人・物などを〕結集する、駆り集める」。
in secrecyは「秘密に、内緒で、ひそかに、内々で、こっそり、人の目を盗んで、人目を忍んで、隠れて(They were executed in secret [secrecy].=彼らはひそかに処刑された。)」。
as we speakは「たった今、今ちょうど、今すぐに、こうしている間にも(Political decisions are being made as we speak.=たった今政治判断が下されつつある。)」。
backupは「【名-1】後援、応援、支援、援護、【名-2】予備、【名-3】《コ》バックアップ、【名-4】《野球・アメフト》控え選手 【名-5】〔消防の〕バックアップ◆ホースを持った隊員の補佐をする人、【名-6】〔車などの〕渋滞、【形】予備の、補助的な、二次的な、【他動】《コ》~のバックアップを取る」。
positiveは「【名-1】〈話〉肯定[賛成・支持]すること[もの]、【名-2】《数学》正数、【名-3】《文法》原級、【名-4】《写真》ポジ、【名-5】《電》陽[正]電極、【名-6】《音楽》小型オルガン◆【同】positive organ、【形-1】確かな、疑いようがない(Are you positive?=本当に?/確かですか?)(I can't be positive=確かではありません)、【形-2】前向きな、楽天的な、建設的な(There are almost no positive moments in this movie.=この映画には楽観的な場面がほとんどない。)、【形-3】有益な、ためになる、【形-4】肯定的な、賛成の、好意的な(We have not yet received a positive response.=今のところ好意的な回答はもらっていない)(The senator was pleased to receive positive feedback from his constituency.=上院議員は、選挙民から肯定的な反応が寄せられたことを喜んだ。)、【形-5】明確な、はっきりした、明白に述べられた、【形-6】〔理論ではなく〕実際的な、実務上の、【形-7】実在の、現実の、【形-8】〈話〉全くの、絶対の、本当の、素晴らしい、【形-9】《医》〔病気に対して〕陽性の、【形-10】《医》〔血液が〕Rh 陽性の◆【同】Rh-positive、【形-11】《哲学》実証主義の、【形-12】〔法律が〕実定の、人定の、【形-13】《法律》反論の余地がない、【形-14】《数学》〔数などが〕正の、プラスの、【形-15】《数学》正[プラス]記号の、【形-16】《電》〔電荷が〕正の、陽の、【形-17】《電》〔電位が〕高い、【形-18】《生物》〔刺激に対する屈性が〕正の、【形-19】〔写真が〕ポジの、陽画の、【形-20】《言語学》〔比較が〕原級の、【形-21】《機械》確動の◆中間の部品を少なくして動力を確実に伝えること。◆【参考】positive drive、【形-22】〔レンズが〕凸の、【形-23】〔占星術の宮が〕陽性の◆火と空気に関連する宮(サイン)を指す。」。
reinforcementは「【名】補強、強化(剤)、援軍、応援、充実、強化材、増援(隊)、増派(隊)」。
assureは「【他動-1】〔人に〕~であると断言する、~であることを請け合う◆that 節の内容が確かであることを伝え、その内容に対する相手の疑念を取り除く。("So, did you say this car never had any problem in the past?" "That's right, sir. I assure you."=「それでこの車、過去に問題は全然なかったって?」「その通りです。それは保証しますよ」)、【他動-2】〔人に〕~を保証する、~を確信させる◆of 句の内容を相手に確信させる。、【他動-3】~を確実にする◆【同】ensure、(Following the instructions contained in this manual should assure trouble-free, safe operation of the machine.=本書の指示通りに操作すれば、問題なく安全にこの機械を操作することができます。)、【他動-4】〈英〉~に保険を掛ける◆確実に起きるもの、例えば「死亡」などに対して保険を掛けることを指す。」。

''All you need do''は会話では自然な表現。 日本語の「請け合う」は「確実であると保証する」という意味で、positiveとかassureとか訳されている。 ガンダムの日本語は難しい。。