[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 2011

2011年5月15日日曜日

【ディクテーション】Mobile Suit Gundam UC 2(機動戦士ガンダムUC <ユニコーン> 2) (3)

バンダイビジュアルより2010年11月12日発売の「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2」(日本市場向け)は英語音声トラックも収録。 バナージ・リンクス(内山昂輝)にSteve Cannon、 オードリー・バーン(藤村歩)にStephanie Sheh、 フル・フロンタル(池田秀一)にKeith Silverstein、 マリーダ・クルス(甲斐田裕子)にTara Platt、 スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)にMichael Alston Baley、 アンジェロ・ザウパー(柿原徹也)にMichael Sinterniklaas。 以下、episode 2: The Second Coming of Char(赤い彗星)のリクエストいただいたアンジェロの11分30秒くらいのセリフ。 参考までに字幕も掲載。 2011年4月7日発売の第3巻もいいセリフ多いから機会があれば取り上げてみたいですね。

我々は出撃準備に入る。 艦長たちはここで見物していればいい We're all set to launch, Captain. All you need do is sit back and observe. Leave the rest to us.
---------------
字幕: We're ready to launch. Sit here and observe, Captain.
今回はラプラスの箱とやらが関係しているのだろう? 回収にエコーズが動員される程の機密なら… All of this has to be related to Laplace's Box. Am I right, Lieutenant? A secret important enough to warrant the deployment of ECOAS to retrieve it.
---------------
字幕: This has got to be related to Laplace's Box, huh? If this secret is so important that they sent ECOAS to recover it...
連邦が隠密に動かせる戦力には限りがある。 今頃は対応を決める話し合いが持たれているだろうさ。 責任をとりたくない責任者たちの間でな There is a limit to how much the Federation can mobilize in secrecy. Even as we speack, I'm sure they are in discussions about how to handle the situation. All those responsible parties trying to avoid responsibility.
---------------
字幕: There's a limit to how much the Federation can mobilize in secrecy. Right now, they're likely in discussions about how to handle it. Talks between everyone responsible who doesn't want the responsibility.
だといいが I hope you're right.
---------------
字幕: I hope you're right.
増援の気配はないんだろ?請け合うよ They are here without backup, aren't they? I'm positive.
---------------
字幕: There's no sign of reinforcements, is there? I assure you.

all set toは「《be ~》~する準備がすっかり整っている、~する用意がすっかりできている◆【同】to be prepared ; to be ready.」。
sit backは「【句動-1】〔椅子に〕深く座る[腰掛ける]、座って動かない、くつろぐ、【句動-2】手[身]を引く、手を出さない、傍観する(I will decide what to do after I sit back and take a look at my life.=身を引いて自分の人生を見詰め直し、何をするべきか考えるつもりだ。)(In this bad situation, we can't just be sitting back.=この悪い状態では、椅子にふんぞり返っているわけにはいかない。)(I'll just sit back and enjoy watching it.=高みの見物をさせてもらおう。)、【句動-3】〔建物が〕奥まった所にある」。
warrantは「【名-1】〔権威者からの〕認可、許可、認証、【名-2】認可書、許可証、認証状、【名-3】〔行為や信念を正当化する〕根拠、理由、【名-4】保証[証明・確認]するもの、【名-5】《法律》〔逮捕や捜索などの〕令状、【名-6】《法律》支払命令書、受領認可書、【名-7】《金》新株引受権、ワラント、【名-8】《軍事》准尉(任命証書)、【他動-1】~の正当な理由となる、~は当然である、~を正当化する、【他動-2】〔個人的に~を〕保証する、請け合う、【他動-3】〔製品を〕保証する、〔購入者に〕保証する、【他動-4】(人)に認可を与える、~を認可する、【他動-5】《法律》〔不動産の〕無瑕疵権原を保証する」。
mobilizeは「【自動】〔軍隊などが〕動員される、【他動-1】〔軍隊などを〕動員する(The Governor mobilized the National Guard to help.=州知事は援助活動に州兵を動員しました。)、【他動-2】〔人・物などを〕結集する、駆り集める」。
in secrecyは「秘密に、内緒で、ひそかに、内々で、こっそり、人の目を盗んで、人目を忍んで、隠れて(They were executed in secret [secrecy].=彼らはひそかに処刑された。)」。
as we speakは「たった今、今ちょうど、今すぐに、こうしている間にも(Political decisions are being made as we speak.=たった今政治判断が下されつつある。)」。
backupは「【名-1】後援、応援、支援、援護、【名-2】予備、【名-3】《コ》バックアップ、【名-4】《野球・アメフト》控え選手 【名-5】〔消防の〕バックアップ◆ホースを持った隊員の補佐をする人、【名-6】〔車などの〕渋滞、【形】予備の、補助的な、二次的な、【他動】《コ》~のバックアップを取る」。
positiveは「【名-1】〈話〉肯定[賛成・支持]すること[もの]、【名-2】《数学》正数、【名-3】《文法》原級、【名-4】《写真》ポジ、【名-5】《電》陽[正]電極、【名-6】《音楽》小型オルガン◆【同】positive organ、【形-1】確かな、疑いようがない(Are you positive?=本当に?/確かですか?)(I can't be positive=確かではありません)、【形-2】前向きな、楽天的な、建設的な(There are almost no positive moments in this movie.=この映画には楽観的な場面がほとんどない。)、【形-3】有益な、ためになる、【形-4】肯定的な、賛成の、好意的な(We have not yet received a positive response.=今のところ好意的な回答はもらっていない)(The senator was pleased to receive positive feedback from his constituency.=上院議員は、選挙民から肯定的な反応が寄せられたことを喜んだ。)、【形-5】明確な、はっきりした、明白に述べられた、【形-6】〔理論ではなく〕実際的な、実務上の、【形-7】実在の、現実の、【形-8】〈話〉全くの、絶対の、本当の、素晴らしい、【形-9】《医》〔病気に対して〕陽性の、【形-10】《医》〔血液が〕Rh 陽性の◆【同】Rh-positive、【形-11】《哲学》実証主義の、【形-12】〔法律が〕実定の、人定の、【形-13】《法律》反論の余地がない、【形-14】《数学》〔数などが〕正の、プラスの、【形-15】《数学》正[プラス]記号の、【形-16】《電》〔電荷が〕正の、陽の、【形-17】《電》〔電位が〕高い、【形-18】《生物》〔刺激に対する屈性が〕正の、【形-19】〔写真が〕ポジの、陽画の、【形-20】《言語学》〔比較が〕原級の、【形-21】《機械》確動の◆中間の部品を少なくして動力を確実に伝えること。◆【参考】positive drive、【形-22】〔レンズが〕凸の、【形-23】〔占星術の宮が〕陽性の◆火と空気に関連する宮(サイン)を指す。」。
reinforcementは「【名】補強、強化(剤)、援軍、応援、充実、強化材、増援(隊)、増派(隊)」。
assureは「【他動-1】〔人に〕~であると断言する、~であることを請け合う◆that 節の内容が確かであることを伝え、その内容に対する相手の疑念を取り除く。("So, did you say this car never had any problem in the past?" "That's right, sir. I assure you."=「それでこの車、過去に問題は全然なかったって?」「その通りです。それは保証しますよ」)、【他動-2】〔人に〕~を保証する、~を確信させる◆of 句の内容を相手に確信させる。、【他動-3】~を確実にする◆【同】ensure、(Following the instructions contained in this manual should assure trouble-free, safe operation of the machine.=本書の指示通りに操作すれば、問題なく安全にこの機械を操作することができます。)、【他動-4】〈英〉~に保険を掛ける◆確実に起きるもの、例えば「死亡」などに対して保険を掛けることを指す。」。

''All you need do''は会話では自然な表現。 日本語の「請け合う」は「確実であると保証する」という意味で、positiveとかassureとか訳されている。 ガンダムの日本語は難しい。。

2011年5月8日日曜日

【ディクテーション】K-ON!(けいおん!)

ANNrightstuf($20.99)、 dvdpacific($19.59)、 amazon.com($32.99)。 Bandaiより2011年4月26日リリースの「けいおん!」(Blu-ray)Vol.1には第1話から第4話まで収録。 平沢唯(豊崎愛生)にStephanie Sheh、 秋山澪(日笠陽子)にCristina Vee、 田井中律(佐藤聡美)にCassandra Lee、 琴吹紬(寿美菜子)にShelby Lindley、 中野梓(竹達彩奈)にChristine Marie Cabanos、 山中さわ子(真田アサミ)にKaren Strassman、 平沢憂(米澤円)にXanthe Huynh、 真鍋和(藤東知夏)にLaura Bailey。 以下、#2:Instruments!(#2楽器!)の冒頭。

こんにちはーっ! Hey everyone!
この三人が軽音部の仲間です。 ベース担当の秋山澪ちゃん。 背が高くて、かっこいい大人の女性って感じです。 These three are my fellow Light Music Club members. This is Mio Akiyama, our bassist. She is tall and pretty, and gives off a real ''cool grown woman'' vibe.
ねえねえ、なんで澪ちゃんはギターじゃなくてベースをやろうと思ったの? Hey Mio, how come you decided to take a playing bass instead of a regular guiter?
うーん、だってギターは、は、恥ずかしい… Huh, playing guitar is, well, embarrassing.
は、恥ずかしい? Embarrassing?
ギターって、バンドの中心って感じで、先頭に立って演奏しなきゃいけないし、 観客の目も自然と集まるだろう? 自分がその立場になるって考えただけで・・・はぅっ! You know, the guitar is the core instrument of the band. And because of that, you have to play right up in front of the group. So the eyes of everyone in the audience are on you. Just thiniking about being in the position like that makes me...
澪ちゃんは少し繊細です。 キーボード担当、琴吹紬ちゃん。 通称ムギちゃん。 おっとりぽわぽわ、可愛い人です。 Mio is kind of, delicate. This is our keyboardist, Tsumugi Kotobuki. We call her Mugi for short. She is calm, soothing, and really really nice.
ムギちゃんはキーボード上手いよね。 キーボード歴長いの? You know you are a terrific keyboard player, Mugi. I bet you've been playing for a long time.
私、4歳の頃からピアノを習ってたの。 コンクールで賞をもらったこともあるのよ。 I started studying the piano when I was only 4 years old. I've been managed to win a few awards at some competitions.
へー!すごいね! Oh, wow, that's amazing!
なんで軽音部にいるんだろう… Why did she join the Light Music Club?
さあ、いただきましょう! All right, dig in everyone!
そういえば、ずっと疑問に思ってたんだけど、 この部室ってやけに物が揃ってるよね。 最近の高校って、こんな感じなのかな? Oh, I almost forgot. I've been meaning to ask you something. This club room is really nice and very well equipped. Are all of the high schools in this area like this nowadays?
ああ、それは私の家から持ってきたのよ。 Oh, no. I brought all that stuff from my house.
自前!? It's yours?!
はい! Yes.
ムギちゃんは、かなりお嬢様っぽいです。 ドラム担当の田井中律ちゃん。 元気いっぱいの明るい女の子です。 Mugi is definitely one of those ''rich girl'' types. Our drammer's name is Ritsu Tainaka. She's a cheerful girl who's just full of energy.
りっちゃんはドラムって感じだよね You really seem like someone who would be a drummer.
なっ!私にもちゃんと、すごく立派な、聞けば誰でも感動する理由があるんだぞ! What! I've got a completely legitimate reason for that! A powerful reason that moves almost everybody who hears it!
へぇ!どんな?どんな? What! Tell me! Tell me! Come on!
それは、ええと、あれだ、かっこいいから… It's because of, well, you know, it's... because they're cool.
そこ? That's it?
だってさ!ギターとかベースとかキーボードとか指でちまちまちまちまするのを想像しただけではあーいやーってなるんだよ! Oh, come on! Just imagining have been(???) wriggling my fingers like crazy just to play a guitar, bass, or keyboard makes me wanna scream! I really hate it!
楽器選びにも性格が出るんだなあ Wow, I guess your choice of instruments reflects your personality.

give offは「【句動-1】〔光・気体・熱・雰囲気などを〕出す、発する(She is giving off an atmosphere of not wanting to be here.=彼女はここにいたくないというそぶりを見せている。)、【句動-2】〔木が〕枝を出す」。
vibeは「【名】〈話〉=<→vibration>」。vibrationは「【名-1】振動、震え、【名-2】心の動揺、【名-3】〈米俗〉〔人・場所・状況などを見て生じる〕感情[気持ち]、〔雰囲気などから起きる〕感情◆通例 vibrations」。
soothingは「【形-1】落ち着かせる、なだめる、慰める、鎮静する、【形-2】〔音楽などが〕心地良い、うっとりさせる(The soothing music really helped her relax.=心地良い音楽が、彼女をリラックスさせるのに本当に役立った。)、【形-3】〔痛みを〕和らげる」。
legitimateは「【形-1】合法の、合法的な、適法の、正当な、正規の、本物の、正真正銘の、本式の(Many crime syndicates are claiming themselves to be legitimate business entities.=多くの暴力団は、自らを合法企業体であると主張している。)、【形-2】合理的な、論理的な、筋の通った、道理にかなった、まっとうな、まともな、確かな(That's a legitimate question.=それはもっともな[当然の]疑問です。)、【形-3】〔君主などが〕正統の、正系の、【形-4】〔子供が〕嫡出の、【他動】~を合法化する、正当化する」。
wriggleは「【名】体をくねらせること、のたうちまわること、のたくること、じたばたすること、身もだえ、くねくねした模様、【自動】うごめく、身もだえする、もがく、のたうつ、そわそわ[もじもじ]する、うまく切り抜ける、【他動】(体を)くねらせる、~を振る、にょろにょろ這う、のたうち[のたくり]まわって~を進む、もがいて[じたばたして]~になる」。

この場面のりっちゃんが早口すぎて聞き取れず。。 サボりすぎて鈍ったかも。 「ちまちまちまちま」をwriggle(リグル)で訳すやり方は覚えておくと便利かもしれませんね。

見直してるとなぜかムギちゃんが可愛くてしょうがない。 はともかくとして、バンダイの本気モードだけあって質の高い(手堅い?)英語音声化だと思います。日本語の歌パートや演奏パート含めて違和感がない。差し替えられた「翼をください」含めてね。

2011年4月4日月曜日

【映画レビュー】劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~

2011年4月2日(土)20:43@109シネマズMM横浜。3.11地震以降中止されていたレイトショー再開!

というわけで遅ればせながら2011年2月26日公開の劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~を観てきた。本編2時間弱くらい。

評価:★★★★+。マクロスFの完結にふさわしい!シェリルーッ!終わり方は評価が分かれると思いますが、私は好きです。…なんてめずらしく大絶賛してみようかと。

以下、感想メモ。考察じゃないよ。ネタバレ御免。
  • 心の底から「シェリル好きで良かった!」
  • いやね、マクロスFも2年ぶりだし、いわゆるオワコン?ってか今更つまんないよって感じちゃうのかなと油断していたわけですよ正直。
  • 結果:開始1時間くらいでドキドキしながらのめり込むように見てました。
  • 展開のテンポが良い。それでいてTV版から質的に劣化していない。TV版と同等の質量を持ち、しかも大幅に違う展開に目が離せない。
  • シェリルが宇宙に放り出されるシーン以降の喪失感が半端ない。現実と、その現実を受け入れがたいという心情・葛藤の狭間で、見ている方が抜け殻みたいになる(今回シェリル好きで良かったと思う理由のひとつ)。アルトの気持ちが分かりすぎ。
  • グレイスサンカッケイ。
  • ちびシェリルの可愛さぱねぇ。そして、さいしょっから勝負ありの出来レースだったとは残酷な。。
  • 「サヨナラノツバサ~the end of triangle」流れる最後の戦闘シーンが本当に鳥肌モノ。アルト格好いい。本当に。この曲リピートで聞くたび劇中シーンが脳内再生されてヤバいです(すでに美化入ってますが)。ヴァルキュリーアーッ!
  • 最後は、アルト→死亡、シェリル→植物状態、って情報を前もって得ていたので、鬱展開どないやねん、と思っていましたが、アルトは死んだのかな?私には確かにそうであるとは思えなかった。あと、シェリルは最後、イヤリング光ってたんで…。
  • 「劇中のいろんなシーンに、魔法の扉を開けるためのカギは埋め込んであります。ただ、何個の扉が開けられるかは、見てくれる人たちの相性次第ですね」って河森監督おっしゃってますしプログラム(800円)で。
  • あれ?みんなしぶとく生き残ったから、あぶれたのって緑の人だけ?そういう意味でリン・ミンメイ?兄対決って要素もあったけど。
  • なんにせよTV版のエンディングもとっても好きですが、それを超えてくる終わり方だったと思うわけですよ。
  • とりあえずあと何回か観に行くよきっと。
  • ひさびさのブログ更新が英語とは全然関係なくて申し訳ない。

2011年1月1日土曜日

コミックマーケット79

2010年12月31日(金)午前9時7分。準備完了。iPad無駄でしたが(後述)

というわけで。

参加イベントコミックマーケット79
サークル名おねしぺ
参加日2010年12月31日(金)[3日目]
場所西地区 の-18a
出展物 アニメの英語吹替えで楽しく英語を学ぶ本
  • コピー誌
  • 白黒
  • A5版46ページ
  • 200円
  • 内容:
    このブログのディクテーションコーナーを本にしてみました。
  • 販売実績:
    20/22
  • pdfデータ
フォグ&インフィニティファンブック
  • コピー誌
  • カラー
  • A5版75ページ
  • 200円
  • 内容:
    フォグ作品(「久遠の絆」「風雨来記1/2」「ミッシングパーツ」)&インフィニティシリーズ(「Ever17」)紹介・解説本
  • 販売実績:
    5/22
  • pdfデータ
ニコニコ生放送でカラオケ放送するノウハウとかをまとめた本
  • コピー誌
  • カラー
  • A5版22ページ
  • 200円
  • 内容:
    筆者が1年と4カ月にわたりニコニコ生放送に熱中する中で得た知見をまとめ、これを自己表現として本にまとめたもの(「第4章 おわりに」より)
  • 販売実績:
    3/4
  • pdfデータ
参考 C78の戦績
C75の戦績
C73の戦績
C72の戦績
C71の戦績
旧「永遠の会」のページ

反省文:
  • 前回に引き続き大・敗・北・orz。
  • フォグ&インフィニティ本が、それはもう胸がスッとするほど売れませんでした→22部中5部=(1)11:07、(2)13:09、(3)13:24、(4)13:53、(5)14:01。
  • 一方で、アニメ英語本は、完売こそしませんでしたが、そこそこ好調でした→22部中20部=(1)10:42、(2)10:45、(3)11:05、(4)11:08、(5)11:10、(6)11:19、(7)11:57、(8)12:01、(9)12:18、(10)12:27、(11)12:31、(12)13:09、(13)13:24、(14)13:29、(15)13:52、(16)13:53、(17)14:08、(18)14:11、(19)14:16、(20)15:15。
  • 上記2冊の今回の更新内容は、pdfの最初のページを見ておくれやす。
  • ニコ生本は、夏の売れ残りでしたが、中身も見られずに売れていく不思議現象が発生しました→4部中3部=(1)11:08、(2)12:01、(3)13:09。
  • おそらく上記28冊のうち、私の生放送か、以前から私のことを知っていただいている方々にずいぶん買っていただいたのだと思います。本当にありがとうございます。マイナーアップの同じような本ばっかりですみません。。
  • 売り切れたらiPadでpdf展示しようかなーとも思いましたが、まったくの杞憂でした!
  • というわけで、アニメ英語本が2冊、フォグ&インフィニティ本が17冊不良在庫になっちゃってるんで、欲しい方は連絡ください。タダで送りつけさせていただきます。
  • 敗因分析。
  • アニメ英語本は十分に売れたと思います。宣伝をまったく出来ていない状況で、文字だけの本がここまで売れるんだからすごい!本当にそう思っています。「面白い本」とか、「こういう本が欲しかった」とか、複数の励ましの声をかけていただきました。本当にありがとうございます。これだけでも参加した甲斐があったと思っています。
  • しかし、なぜかまわりをシュタゲ本に埋め尽くされた5pbのギャルゲー島なのに、ギャルゲー読本(フォグ&インフィニティファンブック)のほうが、お客様にまったく見向きもしてもらえず、惨敗の結果。改めて悟りました。この本で取り上げている作品はもう古すぎて、みんな分からないんだ。アニメ&英語→分かるわ、メンマ→分かるわ、フォグ&インフィニティ→何それ?ってこと。単純な話です。
  • フォグなんて風雨来記2が2005年だし、インフィニティシリーズにしたって最後はRemember11の2004年だし(取り上げているEver17は2002年)。「久遠の絆」のリメイクがねー、なんて話題が通じる人、会場にもそう来てないわけです。かつ、そういう本を出すことをまったく宣伝告知できていないものだから、こんな結果にもなろうってものです。こういうのは数冊単位で細々とやるものなのです、きっと、他のほとんどのサークルがそうであるように。
  • あとは見栄え。文字だけの本ってのも良くない。本みて、うわっ、て言って去って行かれたことも何度かありましたが。。
  • それでも収益ド返しで見栄え良くしようとする努力はしているわけです。今回もまた時間がなくて自宅レーザーで印刷・製本しましたが、C78にA5印刷でとんでもなく痛い目を見たので、今回はA4を中綴じする方式にしました(74ページでこれをやろうとすると見栄えがよろしくないのですが、他に方法がなかった)。そして紙詰まり対策で買った見栄えのよいレーザー用セミ光沢紙のコストが1枚7円。紙代単純計算するだけで1冊150円。…。
  • 根本的になにか間違えている気が。
  • その他。
  • いつも会場への移動でお世話になっているskrさんが、リア充的な理由で、今回は参加されない、ということで、横浜から京浜東北線→りんかい線と電車移動。京浜東北線はガラガラだったけど、りんかい線の乗車率は死ねる。8時前あたりは本当にひどい。でも大崎初のを待ったらガラガラだった。結果的には、16時頃の帰りの電車のほうがずっときつかったです。
  • 開いた時間の暇つぶしでやってたTOEIC問題集で学んだ:
    • resultは自動詞だから受身にしちゃだめ
    • despiteは前置詞だから節続くのNG
    • otherwiseのような関係副詞は文頭NG
    • retentionは維持、rationaleは理論的根拠
    • assureはthatの前に目的語を取るけどpropose,explain,suggestはすぐにthatが来ないといけない
    • scheduled on 日付はその日にスケジュールをすることになるからscheduled for 日付と言わないといけない
    • includingは前置詞、Fridayは複数形OK
    • be resistant toはlook forward to, be used to, be commited toと同じで次に来るのは動名詞
  • シャッターから吹きこんでくる風、寒かった!天気良かったけど、それだけにね。睡眠不足の貧血状態だと防寒対策は死活問題です。マフラーとか無かったら死んでたきっと。
  • 西は今回人少なかったですね。人多いの感じたの、15時過ぎに西から東へ移動しようとした途中の通路だけですわ。参加者増えてるはずなのに、なんでだろ。
  • 本が売れなくなった15時過ぎ、知り合いサークルまわって、月海の同人誌を何冊か手に入れて、ニコニコ生放送関連の同人誌さっと見て、終了。知らない人に本を買っていただくというより、友人と年に2回の同窓会、って感じになってきたよなあ。年は取りたくないものです。
  • さてと。
  • 夏はとても忙しくなってそうなので、C80の申し込みは見合わせようかと思っています。今のところ。残念ながら、skrさんのようにリア充的理由ではないです。今のところ。なおリア充的な理由も作るように心がけたいと思っています。今のところ。