[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Rurouni Kenshin(るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―)

2010年5月10日月曜日

【ディクテーション】Rurouni Kenshin(るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―)

ANNmania.com(A)、 dvdpacific($100.31)。 前のサイト落ちてて分からないけれども、意外に(本編のほうの)るろ剣ディクテーション、やってなかったですね自分。というわけでAnime Worksより2010年4月27日発売の「Rurouni Kenshin: The Complete Series」はDVD 22枚組で、第1期(27話)、第2期(35話)、第3期(31話)の合計93話を収録。るろうに剣心は日本では1996年~1998年にTV放映されたアニメ(アメリカでは2000年~2002年にVHS/DVDリリース)…ってもう14年も前なんですね。今回のDVD BOXには、アメリカで超人気の(そして私も大好きな)OAV(1999年の追憶編、2001年の星霜編)が収録されていないのが少し残念ではありますが、しかし、るろ剣もお安く入手できるようになったものです。たしかアメリカで2004年リリースのプレミアムBOX 3箱を手にいれるのに、1箱100ドル以上支払ったような記憶がある^^;。これは、アメリカで(少なくとも旧来のパッケージング)日本アニメビジネスが終了モードなのの現れかもしれんですねえ。緋村剣心にRichard Hayworth、神谷薫にDorothy Melendrez、相楽左之助にLex Lang、明神弥彦にElyse Floyd、四乃森蒼紫にTerrence Stone、巻町操にDebra Cunningham、高荷恵にJane Alan。以下、第一話The Handsome Swordsman of Legend: A Man who Fights for Love(伝説の美剣士…愛ゆえに闘う男)のBパートより。

西脇、どうした What's up, Nishiwaki?
つ、つええ… I... I'm sorry...
る、るろうに… It's the wanderer...
その手を離すでござるよ You put her down gently if you will.
お前は、たしか昨日の… I remember you from yesterday...
やはり倒しておくべきだった、最初に I had a feeling that I should have taken care of you right then.
だめよ、あなたにかなう相手じゃない! You mustn't get involved! You are no match for him!
なるほど、貴様も人を活かす剣などと吐かす口か Another fool who thinks the sword can bring out people's potentials.
いや。剣は凶器、剣術は殺人術、それが真実。薫殿が言っていることは、一度も自分の手を穢したことの無い者が言う、甘い戯言でござる。けれども、拙者は真実よりも薫殿の言う戯言の方が好きでござるよ。願わくば、これからの世は、その戯言が真実になってもらいたいでござるな No. A sword is a weapon. The art of swordsmanship is learning how to kill. That is the truth. What Miss Kaoru says is sweet and innocent talk that only those whose hands have never been stained with the blood of man can believe. But to tell you the truth, I much prefer Miss Kaoru's sweet and innocent talk over the truth indeed I do. I hope that someday her words become the truth for all of us to live by.
やっちまえ!なぶり殺しにしてかまわねえ! What are you guys waiting for! Get him and make him die slowly!

if you willは「可能ならば、いうなれば」。
no match forは「《be ~》~に対等なものがない、~にかなわない(We are no match for that team.=うちはあのチームが苦手なんだ。あのチームにはとても歯がたたない。)」。
stainは「【名-1】〔インクや血などの〕染み、汚点、【名-2】〔人の評判に対する〕汚点、【名-3】〔生地や皮革の〕染料、【名-4】〔材木の仕上げ塗装剤の〕ステイン、【名-5】〔微生物学で用いる〕染色剤、【他動】~に汚れをつける、染みをつける、~を汚す、着色する、染色する、傷つける(The sweat stained my shirt.=汗がシャツに染みた。)」。
to tell you the truthは「実は、実を言うと(To tell (you) the truth, I didn't get any sleep last night.=実は昨晩一睡もできませんでした。)(To tell (you) the truth, I still haven't told him.=実はまだ彼に話していないのです。)」。
live byは「~の力を借りて生きる、~に頼って生きる、~で生活する、〔信条・規則など〕に従って生きる[生活する・行動する]、~を人生[生活・行動]の指針とする(I'm trying to live by some common sense.)(While under our roof, you'll live by our rules.)(He had made the rules and his clients had had to live by them.)(Let's work out some rules that we can all live by.)(They have agreed to live by a standard of behavior.)、~の近くに住む(I always wanted to live by a lake.)(They live by the sea.)(I always wanted to live by the seaside.)」。

0 件のコメント: