[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】The Melancholy of Haruhi Suzumiya (涼宮ハルヒの憂鬱) (7)

2010年2月8日月曜日

【ディクテーション】The Melancholy of Haruhi Suzumiya (涼宮ハルヒの憂鬱) (7)

ANNmania.com(B+)、 rightstufdvdpacific($33.85)。 消失見て長門の場面をやりたくなった。 キョンにCrispin Freeman、 涼宮ハルヒにWendee Lee、 長門有希にMichelle Ruff、 朝比奈みくるにStephanie Sheh、 古泉一樹にJohnny Yong Bosch、 朝倉涼子にBridget Hoffman、 鶴屋さん/キョンの妹にKari Wahlgren、 谷口にSam Regal、 国木田にBrianne Siddall。 以下、第3話The Melancholy of Haruhi Suzumiya Part III(涼宮ハルヒの憂鬱III)のBパート。

昼食を食ってる最中にハルヒはまた班分けしようと言い出した。 While we ate lunch, Haruhi said she wanted to split up the groups again.
また無印ですね。 An unmarked one again.
4時に駅前で落ち合いましょう! 今度こそ何かを見つけてきてよね! We'll meet back at the station at four. Make sure to find something this time, you got that?!
と言い残して今度は北と南に分かれることになった。俺たちは南担当。 This time, we split up to search the north end and the south end. Nagato and me took the south side.
この前の話だがな。 You know what you told me about the other day?
何? What?
なんとなく少しは信じてもいいような気分になってきたよ。 Well, suddenly I find myself thinking that it doesn't really sound so far-fetched anymore.
そう。 Oh.
長門と暇つぶしするならここくらいしかないだろ。やれやれ。 If I have to pass the time with Nagato, this is about the only place to do it. Oh, brother.

わーっ! Wow!
今何時だと思ってんのよ!このバカ! What time do you think it is, you idiot!
すまん。今起きたとこなんだ。 Sorry, but I actually just woke up.
はぁ!?このアホんだらが! Huh?! What did you just say to me?
4時集合だったっけ? We were supposed to meet at four, right?
とっとと戻りなさいよ!30秒以内! Get your butt back here! You've got 30 seconds!
そこからが一苦労。 本を読んだまま床に根を下ろしたように動かない長門のために貸出カードを作ってその本を借りてやり、 その間かかりまくるハルヒからの電話をすべて無視した。 I had my work cut out for me. We had to leave, but getting Nagato to move when she's reading is impossible. First I had to get her a library card so she could check out the book. Meanwhile I had to ignore the incessant calls from Haruhi.
遅刻!罰金! Late! Penalty!

far-fetchedは「【形】取って付けたような、ありそうもない、こじつけの、信じ難い、突飛な、強引とも言える◆【直訳】遠くから持ってきた(It sounds a bit far-fetched.)」。
get one's butt backは「〔フラフラしていないで〕戻る◆上品な表現ではない。(Get your butt [ass] back (in) here.=ここに戻ってきなさい。)」。
have one's work cut out forは「難しい仕事が(人)を待ち構えている、難しい仕事を控えている、いっぱいの仕事がある、やらなければならない仕事がある、厄介な仕事を抱えている、大変な努力が必要である」。
incessantは「【形】絶え間のない、ひっきりなしの(The incessant sound of the traffic kept her awake.=往来の音が絶え間なく聞こえてきたせいで、彼女は眠れなかった。)」。

参考:00:20あたり


1 件のコメント:

オテモヤン さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。