[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Spice and Wolf (狼と香辛料) (2)

2010年1月18日月曜日

【ディクテーション】Spice and Wolf (狼と香辛料) (2)

ANNmania.com(A-)、 rightstufdvdpacific($34.19)。 FUNimationより2009/12/22に第一期BOXセット(DVD2枚組、1-13話収録)発売の「狼と香辛料」。 クラフト・ロレンスにJ. Michael Tatum、 ホロにBrina Palencia、 クロエにJamie Marchi、 ノーラ・アレントにLeah Clark。 以下、第1幕Wolf and Best Clothes(狼と一張羅)の最初のほう、クロエとの会話。

誰だ!? Who's there?!
ホロよ。ちっとも来ないから迎えに来ちゃった。 Holo. You didn't bother showing up. So I've come to you.
お前、穀物粉に居なくていいのか? What are you doing? Aren't you supposed to stay locked up?
どうせ本物のホロなんていないんだから。さ、行きましょ。 Come on! It sounds like there's a real Holo that's gonna get mad. Let's go.
行くってどこに? Just where we are going?
おごるって約束でしょ? You are treating me. Remember?

前のとは違う匂いね。ザウシュバッシュを回ってきた? Did you go to Sauschbasch before you came here? You smell differently than you did last time.
相変わらず鼻が良いな。 You are always due to have a good nose.(???)
自然に染み付くのよ。その土地ごとの生活の匂いが。 Each place you visit has a scent. I guess it's only natural for it to stick to you.
お前も顔つきが変わったな。いろいろ自信に溢れている。 And your features are different than before. You seem to be more confident.
でしょう?いろいろいい感じなの。そのうちロレンスを追い抜いちゃうかもよ? Thank you. Things are going well for me. You should watch out or I might've ended up taking your place soon.
ほぉ。その節はどうぞお引き立ての程を。 Well, when you do, please make use of my services.
ひどい!全然そう思ってないでしょ! That's rude! You don't really think I will, do you?!
思ってるよ。この酒うまい。…おいおい、こらこら。 Why not? This is good alcohol. ... Who's being rude now?
信じてくれるならいい話があるんだけど。 If you believe in me so much, then I've got a proposal for you.
へ? Wha..
うまくいけば自分のお店を持って、世帯だって持てるわ。 If it works out, you will be able to open your own shop. You might even be able to get married.
ふん、そいつはすごいね。 Very funny, Chloe.
真面目に聞いて!ちょっと大きな商談があって、まとまれば大儲けできるのよ。…ロレンス? I'm not being funny! I've heard them talking about a big business deal. I'm telling you. We could make a killing here! ... Lawrence?
お前、どんどん父親に似てくるな。お前の親父さんも、商談ではとにかく景気の良い人だった。 You're becoming more and more like your father. When it came to dealing with business, he definitely shared your enthusiasm.(???)
今度はそんなんじゃないの。だからこそロレンスに教えるのよ。 It's not just enthusiasm. Otherwise, I would have never brought it up.
大きな商談には厄介がついてまわる。そのために俺を雇うってわけか。 Is that so? Well, just talking big business can be intimidating. But I find it hard to believe you need me to talk.
私なりに尊敬してるからこそロレンスと組みたいの。ロレンスが教えてくれたこと、ずっと胸に刻み続けてきたわ。 おかげでここまで来られたと思ってる。ロレンスのおかげで…。 No. I want to work with you specifically because I respect you. Don't you know? I carry everything you have ever taught me in my heart. The only reason I'm where I am today is because of you. It's always in you.
…危ないな。危ない、危ない。 お前はまだ若い。一か八かの取引にかかわるのはもう少し場数を踏んでからのほうがいい。 Sounds risky. Risky, risky. You're still young, Chloe. It sounds to me like this is an all or nothing deal. Before you get involved, I think you should have more experience.
つまんない! せっかく一緒に儲けるチャンスだったのに。 Your choice! But this could have been our opportunity to make a profit together!
今度、もっと危なくない儲け話を持ってきてやるよ。それなら一緒にやってもいい。 How about I'll bring you a less risky deal next time. I wouldn't mind working with you on that.
私だって知らない間に成長してるのよ! And here I am... I've grown up... and you've never even noticed.
いや、商人としての読みはまだまだだ。 It's just your judgement as a merchant needs some growth.
馬鹿にしてるとそのうち痛い目見るわよ。 Don't underestimate me. You'll regret it one day.
たまにはいいかもな。そんな経験も。 That might be good for me. But I'll try not to do it.

botherは「【名-1】困ったこと、面倒、騒ぎ、悩みの種、厄介(者)(It's too much of a bother.=面倒くさい。)、【名-2】《be a ~》手数がかかる、【自動-1】思い悩む、気にする、苦にする、心配する、てこずる、たじたじする(Don't bother!=構わないでください。)、【自動-2】わざわざ(~)する(Why should I bother doing that?=なぜ私がわざわざそんなことをしなければいけないの。/私がわざわざそんな面倒なこと、するわけないでしょう。)、【他動-1】悩ます、悩ませる、困らせる、困惑させる、狼狽させる、~に嫌な思いをさせる、(人)にとって〔主語〕が気になる〔悪い意味で〕、(人)を落ち着かない気分にする(Bob, why are you looking so down? You can't let one mistake bother you forever.=ボブ、なんでしけた面してんだ?ちょっと失敗したからっていちいち悩んでたらきりがないんだよ。)(It doesn't bother me.=それで私が困ることはない。)(There is something that bothers me.=少々気掛かりなことがあります。)(What's bothering you?=何で困っているのですか?◆【直訳】何があなたを困らせているのですか?)、【他動-2】~に迷惑[面倒・手数]を掛ける、~の邪魔をする、~の手を焼かせる、~にちょっかいを出す(Can I bother you for a sec?=ちょっといいかい。)(I hated to bother you about this.=ご面倒を掛けて申し訳ないことでした。)(I haven't done anything to bother the police.=警察のご厄介になるようなことは何もしていない。)(I won't bother you anymore.=もう迷惑は掛けません。)」。
take one's placeは「【1】所定[いつも]の位置につく、定位置につく、席に着く、地位を占める、存在している、【2】(人)の代わりをする、(人)の後任になる、(人)と交代する、(人)の後がまに座る」。
make use ofは「~を使用[利用・活用]する」。
killingは「【名-1】殺すこと、殺害、【名-2】大もうけ、【形-1】枯らす、骨の折れる、死にそうな、致死の、【形-2】むちゃくちゃおかしい、悩殺的な、【形-3】〈俗〉とても[すごく]良い、素晴らしい、格好いい、いかした、粋な」。
make a killingは「大もうけする」。
intimidatingは「【形】威嚇するような、脅威的な、おびえさせるような◆intimidating は、武器を突きつけられるような脅迫ではなく、心理的な脅威や強いプレッシャーを与える人や状況を形容する。動詞 intimidate(威嚇する)の派生語は、この形容詞形である intimidating のほか、名詞 intimidation(威嚇)と intimidator(脅迫者)、副詞 intimidatingly(脅すように)がある。特に intimidating と intimidation はよく使われる。」。

(???)がちょっと自信ない。。しかしまあ上記でも日常会話に応用のきく表現が多く含まれていると思います。私の実感としてはやはり、日常会話で自然に流れる言い回しって、言語、というか文化によってちょっと違ってくるんですよね。きっと。たぶん。おそらく。そういうの、帰国子女の方とかだと逆に気付かれないようですけど。


0 件のコメント: