[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 11月 2009

2009年11月24日火曜日

【映画レビュー】劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~

2009年11月22日(日)、徹夜のお仕事+カラオケ放送の後に地元の109シネマズMM21のレイトショー(21時40分~23時50分)を見ました。レイトショーのくせにチケット売り切れてやがった。客層は、空の境界よりはカップルや女性が多かったかな。しかしまあ8割方、私と同年代か、それより上のオッサンなわけだけどね…。本編はちょうど2時間くらい。

評価:★★★+。シェリルスキーはぜひぜひ見れ→参考:YAHOO!映画では3.54点くらい

以下、感想メモでござる。ネタバレ御免。
  • TV版の総集編的なもの?と思ったら違いました。話もキャラの配置も大きく変えてきている。ただし話の大きな流れや場面構成は大幅にオーバーラップしていて、TV版からそのまま流用しているところについては作画がかなり残念な感じがします。あと、映画を見るとTV版が見にくい感じになる。映画の先の展開が気になっちゃうんだよね。
  • ランカってか中島愛さんの声、変わった?気のせい?かわいい感じの声になったけど、素人っぽい親しみやすさが薄れていて少し寂しい感じがしました。
  • シェリルの曲は戦闘音楽だよねえ。映画でも第7話の射手座の演出をそのまま残してくれたスタッフさん、よく分かっていらっしゃる!!ありがとう!!しかし射手座のちょい前やら、最後の盛り上がりはそれを上回りながら曲と場面がシンクロしていた気がします。熱かった!!使われた音楽は下のCDに入ってるかな。
  • ランカよかった。そう、可愛さ全壊というのか…?!ニンジーン好きには納豆の歌とかたまらんのです。渋谷かサンフランのファミマに深夜0時に行くと聞けるのかっ!…下のCDに入ってるかな。
  • しかしまあ今回の映画に限って言えば主役はシェリル、だと思います。最初のライブ映像から気合の入り方が違いますし、新設定(ほぼ同設定でも違う世界線という言い方もあり?)と絡めながら丁寧に心情描写があったのもシェリルでした。この映画で唯一、心理的に揺さぶってくる場面も、アルトがランカを庇ってシェリルを突き倒す場面でしたよね。
  • …なにゆえタイヤキ?
  • ミシェルしぶとい。
  • 最終的にはすごく安心した、と言えばいいのかな。だから満足です。三角形は安定するね。
  • 完結編は楽しみだけど、ちょっと見るのが怖い部分があります。サヨナラノツバサって、均衡崩してくるのかな。。

2009年11月8日日曜日

【ディクテーション】Magical Girl Lyrical Nanoha A's (魔法少女リリカルなのはA’s) (2)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($28.49)。 FUNimationより2010/3/2に廉価版発売の「魔法少女リリカルなのはA’s」。 高町なのはにCristina Valenzuela、 レイジングハートにBailey Chadwick、 フェイト・テスタロッサにJennifer Alyx、 バルディッシュにJonathan Meza、 シグナムにBailey Chadwick、 ヴィータにElizabeth Rick、 シャマルにShelby Lindley、 ザフィーラにJonathan Meza、 クロノ・ハラオウンにLauren Landa、 ユーノ・スクライアにMarianne Miller。 以下、#1 The Beginning Comes Suddenly(はじまりは突然になの)の最初より。前回の続きです。

なのは、郵便が来てるぞ。 Nanoha, you've got mail.
え、ホント? Oh, I do?
海外郵便。差出人、フェイト・テスタロッサ。 Overseas airmail sent by someone name Fate Testarossa.
ありがとう、お兄ちゃん! Thank you, big brother.
いつものあの子だねえ。またビデオメール? It's that girl that always sends you mail. Is it another video letter?
うん、きっとそう! Uh-huh, it sure is.
その文通ももう半年以上になるよなあ。 You've been pen-pals with her for over six months now, haven't you?
フェイトちゃん、こんど遊びに来てくれるのよねえ。 家に来てくれたらお母さん、もううーんと歓迎しちゃう! Fate is planning to come here and visit us soon, isn't she? Well the minute she gets here, I'm gonna throw my arms around her and give her a big hug.
うん! Yeah!
ユーノも本当の飼い主が見つかっちゃって、めっきり寂しいしね。 You know, ever since we found Yuuno's real owners and gave him back, it's gotten quite lonely around here.
お前は特に可愛がってたからな。 I think you took especially good care of the little guy.
えっと、でもまた預かることになるかもだよ。 その飼い主さん次第。 Well, we might end up taking care of him again for a while. It all depends on the owners' plan.
だといいなあ。 Really? I hope so.
ねえ。 Yeah.
ねえお母さん、ユーノ、私のこと覚えてるかな。 Hey, Mom, do you think Yuuno remembers who I am?
フェイトちゃん、ユーノくん、クロノくんにリンディさん、エイミィさん、みんな元気かなあ。 Fate... Yuuno... Chrono... Miss Lindy... Miss Amy... I wonder if everyone is doing okay.

minuteは「〔時間の〕分◆【略】min◆【語源】ラテン語の minutus(極めて小さなもの)から、時間の“小さな”単位という意味で「分」となった。(Can you give me five minutes ?=5分待ってもらえますか?)(Do you have a minute (for me)?=ちょっとよろしいですか?/お時間ございますか?/少しお時間を頂けますか?◆話し掛けるとき)(It was just a few minutes, but it seemed like an hour.=ほんの数分のことだったが、1時間にも感じられた。)、〔角度の〕分◆1度の60分の1、わずかな時間、寸刻、~した瞬間に、~したとたん、~するとすぐに、~するや否や◆【用法】the minute (that) S + V の形式で。(The minute (that) I left home, the phone rang.=家を出たとたん電話が鳴った。)、メモ、覚書、控え◆【語源説-1】“数分”でかける手短な/簡潔なものだから◆【語源説-2】“小さな”手書き文字で口述筆記されたものだから、議事録、〔文書・手紙などの〕下書き、議事録を作成する、メモを取る、~の時間を正確に測る、〔文書・手紙などを〕下書きする、〔会議の〕議事録をとる、極めて小さい、微小な、微細な、細かい(A minute amount of radioactive substance escaped the building.=ごく微量の放射線物質が建物の外に漏れた。)、詳細な、綿密な、ささいな、取るに足りない、くだらない」。
throw one's arms aroundは「勢いよく(人)に抱きつく(She threw her arms around me.)」。
give someone a big hugは「(人)をギュッと抱き締める」。
take good care ofは「~の手入れを良くする、~を大事に扱う、大切にする、重宝する、~のまともな世話をする(Take good care of yourself.=体を大事にしなさい。)(I sincerely hope you'll take good care of yourself.=ご自愛ください。)」。
end upは「結局[最後には]~になる、~で終わる、結局~と分かる、最後は~に落ち着く[行き着く](My lost luggage ended up in Honolulu Airport.=行方不明だった私の荷物は最終的にホノルル空港に行き着いた。)、《end up doing》結局[最後には]~すること[羽目]になる、~するのが落ちだ」。

gottenなんて聞こえねえYO!!良く聞き取ったぞ俺。