[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 6月 2009

2009年6月24日水曜日

空の境界祭りがまたはじまるよ!(3)

2009年6月21日(日)12時27分@テアトル新宿。2008年11月29日(土)の続き。生憎の雨模様です。

目的は8月8日公開の「劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)」オリジナルB2ポスター(とオマケの前売り特別鑑賞券)。本当は6月20日(土)の8時から並ぶつもりだったのですが、他にやるべきことが多すぎてすっかり忘れていた。。

今日の戦利品=一枚1500円ナリ。別に朝っぱらから並ばなくたって待ち時間ゼロで買えるわけですよ。。 実際に売り切れたのは6月23日(火)のようですね。 そして今回の本番(8月8日舞台挨拶チケット争奪戦)はおそらく8月1日(土)あたり? 第二章以降、連戦連敗が続いていますが、今回はニコニコ生放送の枠取りで鍛えたクリックスキルと忍耐力を活かしつつ頑張りたいと思います。

【ディクテーション】Romeo x Juliet (ロミオ×ジュリエット)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($34.19)。 Funimationから2009年6月23日リリースのRomeo x Juliet Part 1は1幕から12幕まで収録。 ジュリエットにBrina Palencia、 ロミオにChris Burnett、 ハーマイオニにCarrie Savage、 モンタギューにSean Hennigan、 コーディリアにColleen Clinkenbeard、 キュリオにRobert McCollum、 フランシスコにEric Vale、 アントニオにMaxey Whitehead、 ティボルトにMike McFarland、 コンラッドにR Bruce Elliott、 ウィリアムにJ. Michael Tatum、 エミリアにLarissa Wolcott、 ペンヴォーリオにSean Michael Teague、 マキューシオにChristopher Bevins、 ポーシアにDana Schultes。 以下、3幕LOVE ~ CRUEL misCHiEF(恋心~残酷な悪戯~)のAパート最後のほうより。

おおそうだ兄上。 そういえばシャイロックとかいう商人が貴族の称号を欲しがってましてな。 Oh, have you heard this? A merchant named Shylock has proclaimed that he would pay handsomely if he were to come into possession of a noble crest.
父上。商人とは金でなんでも買えると思っている下品な輩ですよ。 How drole! Merchants think they can purchase anything money including the esteem of the betters.
民とは、所詮ブドウの実と同じ。 その実を狩るも潰すも、我等の自由。 ブドウ畑を支配するのは我等モンタギュー一族。 使える実は極限まで絞り取る。 Commoners are no different than grapes. We are free to decide whether or not we wish to harvest them or to crush them. We, the Montagues, are the ones who control the vineyards. And we will squeeze every last drop of nectar out of them if it pleases us.
しかし大公、貧しさにあえぐ市民たちから反乱分子も生まれつつあります。 I beg your pardon, my Prince. But if we do not take heed of the citizens suffering, then rebellion may well be the price.
搾り方が足りぬのではないか? 生きていくのに精いっぱいであれば反乱など考えぬ。 この豊潤なワインとネオ・ヴェローナに乾杯。 Perhaps you ought to tighten your grip on them. If they were forced to spend all their energy surviving, they would have none left to rebel with. Let us drink this wine, the life blood of Neo Verona, to the use of those who have vinted.(???)
遅れまして申し訳ありません。 Please pardon my tardiness.
お前も16、家督を継ぐ歳だ。 もう少し考えて行動しろ。 …どうやら我が息子は可愛らしいフィアンセとの逢瀬に余念がないようだ。 You are 16, old enough to claim your inheritance. Put a little more thought into your actions. It appears my son has been too preoccupied with engaging in trysts with his darling fiancee.

proclaimは「公表する、宣言する、宣告する、公言する、声明する、公布する、布告する、声高に[もったいをつけて]言う、~を明白に示す、~であることを明らかにする(A thousand years ago that city's walls proclaimed its power and prosperity.=千年前、その都市の外壁は、自都市の力と繁栄を誇示するものだった。)、~をほめる、~をたたえる」。
handsomelyは「〔行動などが〕立派に、〔金の使い方などが〕気前よく」。
come into possession ofは「(人)の手に入る、(人)の物になる」。
droleは「〈フランス語〉おかしな、こっけいな(He is a drole guy with bald head and big glasses.=彼ははげ頭に大きなメガネをした面白いやつだ。)」。
esteemは「尊重、尊敬、~を尊重する、重んじる、尊ぶ、尊敬する、高く評価する」。ついでにself-esteemは「自尊心、うぬぼれ、自負心、自発性(He has low self-esteem.=彼は自分を低く評価している[に自信がない])」。
vineyardは「〔ワイン醸造用の〕ブドウ園【@】ビニァド、ビニヤード」。
squeeze ~ out ofは「…から~を奪い取る、…から~を搾り取る」。
nectarは「果汁、おいしい飲み物、花みつ」。
heedは「注意、気を付ける、注意する、~に気を付ける、~を気に掛ける、注意を払う、~を心に留める、留意する、傾聴する、聞き入れる」。
take heed ofは「~に留意する」。
may wellは「~するのもわかる[理解できる・もっともだ](You may well ask if such a rule is really necessary.=そんな規則、本当に必要なのかとたずねる気持ちもわかる。)(Well may you call him mama's boy.=君が彼をマザコンと呼ぶのは実に理解できるよ。◆倒置することもある)、《推量・可能性》多分~だろう(The experience of ageing may well be different for men and women.=歳を取る思いは男女で異なるものかもしれない。)(He may well have come to the erroneous conclusion.=彼が誤った結論に達した可能性はある。)」。
tightenは「堅く締まる、ピンと張る、(経済的な)余裕がなくなる、〔人・規則・制限などが〕厳しく[きつく]なる、~を堅く締める、しっかり締める、締め付ける、動かないようにする、〔緩みが出ないように〕張る、~に(経済的な)余裕をなくさせる、〔規則・制限などを〕厳しく[きつく]する」。
tighten one's grip onは「~を固く握り締める、~に対する支配力を強める」。
drink toは「~を祝って乾杯する(I'll drink to that.=同感!/賛成!/いいですね。/全くその通り。/あなたのおっしゃる通りです。/それはいいね!)」。
life bloodは「活力のもと」。
tardinessは「遅延、遅刻」。
preoccupyは「~を夢中にする、~の心を奪う、~に偏見を抱かせる、~を先取りする」。
preoccupiedは「夢中になった、没頭している、気をとられている、頭がいっぱいで、先取りされた、すでに占有されている、先約の、すでに使われている」。
preoccupied withは「《be ~》~に気を取られている、~のことで頭がいっぱい、~ばかり考えている、~(という考え方)に取りつかれている、~に没頭している、~に夢中になっている、~に終始する(Bob seems to be entirely preoccupied with the idea of making money.=ボブには金もうけのことしか頭にないようだ。/ボブは金もうけのことばかり考えているみたいだ。)」。
engageは「約束する、保証する、従事する、携わる、関与する、〔悪事に〕手を染める、交戦する、〔歯車などが〕係合する、かみ合う、連動する、~を拘束する、忙しくさせる、~に従事させる◆【用法】be engaged in のパターンが最も多い、~を契約[約束]で束縛する、婚約させる、保証する、誓う、約束する、雇う◆hire の改まった言い方で、特別の仕事のために1回だけ人を雇う意味で使われる。特に他の人にできない専門的な仕事の場合に用いることが多い。、~を交戦させる、〔人の注意・関心などを〕引く、〔歯車・接合部などを〕かみ合わせる、はめ込む(After closing the cover and pressing the button, a lock will be engaged to secure the cover during the entire process.=《マニュアル》カバーを閉じて、このボタンを押すと、カバーがロックされ、処理中は開かないようになります。)」。
engage inは「~に従事する、~に携わる」。
trystは「〔場所と時刻を指定した〕会合の約束、〔恋人同士の〕逢い引き(の場所)」。
fianceeは「〔男性から見た女性の〕フィアンセ、婚約者」。ついでにfianceは「〔女性から見た男性の〕フィアンセ、婚約者」。

今回はモンタギュー大公の言葉「この豊潤なワインとネオ・ヴェローナに乾杯。」が聞き取れず。リンテッド、みたいに聞こえるんだけどなあ。。あとは、あまり見ない仮定法(were to)を使っている部分、ありえない感を出しているのでしょうね。

ところでこのアニメ、展開はお約束ですが、丁寧に作ってあるし、絵も綺麗でジュリエットは可愛いし、悪くないと思います。英語音声化も悪くない。最初違和感のあったJulietの演じ分けも聞いているうちに段々慣れます。それもあるけどCarrie Savageがんばれ!

2009年6月17日水曜日

【ディクテーション】Yumeria (ゆめりあ) (3)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($22.79)。 ADVから2009年3月17日Complete Collection再販のYumeria。 三栗智和にChris Patton、 モネにBrittney Karbowski、 吾妻みづきにMonica Rial、 千条七瀬にNancy Novotny、 千条九葉にJessica Boone、 ねねこにLuci Christian、 石狩先生にJohn Gremillion、 ネイトにTiffany Salinas。 以下、第2話Tomokazu Zero Points(智和0点)のAパート最初から。

私たち、ホントに夢の中で戦ったんだね。 In your dream, we were really fighting that thing, weren't we?
ああ、あの訳のわかんねーやつとな。 Yeah, we were. Whatever it was.
すごい夢だったね。それにあの世界がリアルすぎて全然眠った気にならない。 やっぱり夢の中で起こったこと、体が引きずってるのかな。 That dream was amazing. I don't feel like I slept at all. It was so real. Do you think, if we've been hurt in the dream, that our bodies would be hurt in the real world?
わ、悪いなみづき、俺のせいかどうかわかんないけど、 でも、みづきを巻き込んだかもしんないから。 Oh, I'm sorry Mizuki. I don't know if it was something that I did. But I didn't mean to drag you into anything dangerous.
確かに驚いたけど、でも刺激的だったよ。 こういう体験したことないし。 今思いなおすとすごいことしちゃったな、なんて… It's surprised me, of course. But it was also pretty exciting. I never experienced anything so amazing. Somehow I feel like my life will never be quite the same.
すごいこと? What do you mean?
そんなにすごい体験だったのか? The experience was that amazing, huh?
ええ、初めての体験。 Yeah, it was my first time.
すごい初体験だったのかー。 つまりこの男は獣なのだ。 Oh, an amazing first time, okay! So that means this guy is an animal, really.
勝手に誤解すんな!つうか君は誰だ? You are taking things out of context! Who are you anyway?!
ねねこはねねこなのだ。 おぬしもねねこと呼んでいいぞ。 Well, I'm Neneko the xxx.(???) But you can call me Neneko, okay?
知るか! I don't care!
じーなのだ! I'm watching, you know!
あ、君、昨日家を覗いていた… Oh, you were the girl who was watching the house yesterday.
この子は子猫のコネコなのだ。 And this is Koneko the kitten, it is!
かわいい! How cute!
いやそんなこと聞いてないでしょ! I don't think anybody asked!
獣男は怒りっぽいのだ。謎なのだ。 So he is an animal but he is sensitive, really. What a mystery.
謎じゃない!ガキはあっちいけ! I'm not a mystery! Go away you brat!
獣男がねねこを蔑ろにしたのだ! ショックなのだ!わーん! That animal insulted Neneko right to our faces, you know! (???) He is mean, really!
智和君。 Tomokazu.
俺?俺のせい?違うでしょ? Who? Me? What did I do? You are kidding, right?
あーん、美人のお姉さん。ねねこを助けてほしいのだ。 Oh, beautiful lady, please rescue Neneko, okay?
智和君。 Tomokazu...
絡めとられたね。さりげない褒め言葉に絡めとられたね。 She won you over, didn't she? She won you over and all it took was a little flattery?
いっけない! That's not good!
ああもう、学校遅刻したら…あれ? Oh, man. If I'm late to school again...
智和君、急がないと。 Tomokazu, we have to hurry.
あ、ああ。 Yeah, wait!
あれが変革者、三栗智和。 That's him. The transformer. Tomokazu Mikuri.

dragは「妨げ、障害、足手まとい、〈話〉〔仕事や人などが〕退屈なもの、うんざりさせるもの、面倒なもの(Don't be such a drag.=野暮なことを言うな[するな]。)(It's a drag to catch a disease.=病気になるのは困る。)(What a drag.=なんて面倒くさいんだ。/なんてつまらないんだろう!)(School is such a drag.=学校、かったるいなあ。)、引きずる[引っ張る]こと[動作・音]、〔流体の〕抗力、抵抗◆【略】D、ゆっくりした[苦しそうな]動作、大型四輪馬車◆屋根にも座席がある駅馬車に似たものを指す。、頑丈な[重い]そり、《海事》海錨(の働きをするもの)、《海事》〔海底をさらう〕引き網[綱]、引っかけかぎ、《コ》〔マウスの〕ドラッグ、〔狩の獲物の〕臭跡、〔猟犬に嗅がせる〕疑似臭、〈話〉〔たばこなどの〕ひと吹き、〈俗〉〔男性の〕女装、〈米俗〉ドラッグレース、〈俗〉通り、道路◆【参考】main drag、〔地面を〕引きずる(A long tail dragged on the ground.=長いしっぽが地面を引きずった。)、のろのろと進む(The day was dragging on.=その日は時間がのろのろと進んでいた。)、後れを取る、ついて行けない(As the boy began to drag behind us, I yelled at him to catch up.=その少年は私たちより遅れだしたので追いついてくるように怒鳴った。)、〔たばこなどの〕煙を吐く、ドラッグ・レースに出る、〔海底などの〕底ざらいをする、~を引く、引っ張る、引き込む、引きずる、〔重いものを〕引く、(水底を)探る、(畑)をならす(I don't want to drag him into this.=こんなことに彼を巻き込みたくない。)、~をがっかりさせる、憂うつにさせる、(たばこを)吸う、(パイプを)吹かす、〈俗〉~を逮捕する、《野球》ドラッグバントをする、セーフティー・バントをする、《コ》〔マウスで〕~をドラッグする、~をドラッグして移動する」。
drag ~ intoは「~を…に引き込む[持ち込む]」。
take ~ out of contextは「~を文脈[前後関係]から外れて引用する」。
insult someone to his faceは「面と向かって[公然と](人)を侮辱する(She insulted me to my face at family gatherings.=家族の集まりで彼女は面と向かって私を侮辱しました。)」。
win overは「説得する、納得させる、味方に引き入れる、口説き落とす、取り込む(Cause-related marketing is winning over most customers.=慈善運動に関連したマーケティングは顧客の大部分の賛同を得ている。)」。
all it takes to do A is to do Bは「A をするために必要なのは B をすることだけ」。

参考:3:15あたり。 また2か所も聞き取れず無念。。ねねこの「獣男がねねこを蔑ろにしたのだ!ショックなのだ!」は、字幕では``The beast of a man slighted Neneko! It is a shock!''となっています。ここでslightは「軽視、侮辱、非常に小さい、極めて少量の、ほんのわずかな、か弱い、細い、きゃしゃな、取るに足りない、考慮に値しない、根拠の薄い、内容が薄弱な(There was some slight evidence that he was involved in the attack.=彼がその攻撃に関与したとするあまり根拠のない証拠があった。)、(人)を無視する、(人)に冷たくする、(人)に失礼な行動を取る(I felt slighted when I found my name misspelled.=名前のつづりが違っていることが分かったとき自分が無視されていると感じた。)、~を軽視する、~を大事だと思わない、~をないがしろにする(I never slighted my responsibility to my students.=学生に対する責任をないがしろにしたことはなかった。)」。


2009年6月8日月曜日

【ディクテーション】Yumeria (ゆめりあ) (2)

ANNmania.com(B-)、 rightstufdvdpacific($22.79)。 ADVから2009年3月17日Complete Collection再販のYumeria。 三栗智和にChris Patton、 モネにBrittney Karbowski、 吾妻みづきにMonica Rial、 千条七瀬にNancy Novotny、 千条九葉にJessica Boone、 ねねこにLuci Christian、 石狩先生にJohn Gremillion、 ネイトにTiffany Salinas。 以下、第2話Tomokazu Zero Points(智和0点)のプロローグから。

Bカップ、いや、Cカップか。 B-cup? Okay, no, maybe it's a C-cup.
智和君… Tomokazu?!
モネモネ… Mone, mone.
H! Pervert!
事故だ! It was an accident!
モネモネ! Mone, mone!
つうかなんで嬉しそうなのー! Why xxx?!
…世界を狙えるいいパンチだった。 しかし二晩続けてこんな訳わかんない夢見るなんて。 それに夢の中にいたみづきは本当に現実の… The punch like that, you can take on the whole world. But I can't imagine why I had those stupid dreams again. That's two nights in a row. Could the Mizuki in my dream have been the real Mizuki?
智和君!私、夢の中で智和君と一緒にいた! 智和君もそうなの!? あれは本当に智和君の夢なの!? Tomokazu! I was with you, Tomokazu! I was with you in the dream. Did the same thing happen to you? Was that really your dream I was in, Tomokazu?
モネモネ! Mone, mone!
た、たぶん。 Um, probably.
モネちゃんもいた? Was Mone there, too?
ああ。 I think she was.
そんな。そんな、本当に… Then that... that really... happened?
あらあら、仲良しさん。 Well look here. Aren't you cozy?
うわ! Ah!
…優しくして。 Be gentle.
うわ。 Wow.
誤解ですー! This isn't what it looks like!

take onは「~についての見解[見方・解釈](What's your take on his ability?=彼の能力をどう見ますか?)(What's your take on this?=これをどう解釈しますか?)(That's my take on the situation.=私の考えでは、状況はそんなところだろうと思う。)、〔仕事・責任などを〕引き受ける、〔ある性質・色・形態・様相・外観・形勢・意味などを〕呈する、帯びる、持つようになる、獲得する(Student services take on new meaning in online university.=学生へのサービスがオンライン大学では新しい意味を獲得する。)、〔衣類・体重を〕身に着ける、人気を得る[取る]、人気が出る、人気になる、はやり出す、はやる、流行する、まねる、仲間に入れる、迎え入れる、雇い入れる、雇う、雇用する、採用する、(人)を弟子としてとる、〔生徒などを〕とる、人が(愛人を)受け入れる、〔医者が患者を〕引き受ける、仲間に入れる、〔競技などで〕~と対戦[対決]する、~と争う、~と戦う、~に挑戦する、~を相手に取り組む、~を相手にする、~を対戦相手にする、~を受けて立つ(I'm ready to take you on anytime.=いつでも相手になってやるぜ。◆けんかを買うという意味。◆【参考】bring it on)(They decided to take on the authorities.=彼らは当局と対決することを決めた。)(So in other words, you'd be happy to take him on one-on-one?=では、言い換えれば、あなたは彼と一対一で対決することになれば都合がいいわけだね。)、〔荷物を〕持ち込む、積み込む、積載する、〔客を〕乗せる、〔乗り物が〕運んでいく、人をさらに遠く(~まで)運ぶ、先へ連れて行く、(ひどく)興奮する、騒ぎ立てる、取り乱す、わめき立てる、カッとなる、怒る、~とけんかをする[始める]、~と戦う、~に挑戦する、~に刃向かう、~口論する、ひどく悲しむ、悲嘆に暮れる、嘆き悲しむ、~のことで気をもむ[やきもきする]、横柄に振る舞う、威張る、〔警官が〕~の身体捜査する、職務質問する、身元の証明を求める、厳しく尋問する、~に感染する、〈米話〉気取る、〔家などを〕借りる」。
cozyは「保温カバー、気持ちの良い、心地良い、居心地の良い、温かい、こぢんまりした、心の通いあう、親しみやすい、打ち解けた、和気あいあいとした、くつろいだ、リラックスできる、楽な、便利な、アットホームな感じの、なれ合いの、結託した、慎重な、〔人と〕親しくなろうとする、〔人に〕取り入る、~を居心地よくする、慎重に」。

参考。 こんなに簡単な会話なのに智和のセリフを一か所聞き取れず。。 今回取り上げた中ではThis isn't what it looks like!あたりの言い回しは覚えておくと便利かも。

2009年6月1日月曜日

【ディクテーション】Yumeria (ゆめりあ)

ANNmania.com(B-)、 rightstufdvdpacific($22.79)。 ADVから2009年3月17日Complete Collection再販のYumeria。 アメリカにいたとき軽く取り上げたことがありましたが、このブログで取り上げ損なってきたので改めて紹介します。 三栗智和にChris Patton、 モネにBrittney Karbowski、 吾妻みづきにMonica Rial、 千条七瀬にNancy Novotny、 千条九葉にJessica Boone、 ねねこにLuci Christian、 石狩先生にJohn Gremillion、 ネイトにTiffany Salinas。 以下、第1話16th Birthday(バースディ・16)のプロローグから。

俺の名前は三栗智和。 両親が死んじまって従兄の家に居候していること以外は、 ごく普通でよくいるさえない感じの高校一年生だ。 背丈は中ぐらい、体重もそんな感じ。 成績は最悪。スポーツはほどほど。 好きな食べ物はハンバーグとカレーライス。 そして彼女いない歴15年。 つうか、あと数時間もすれば16年になる。 つまり、もう少しで俺の誕生日なわけだ。 My name is Tomokazu Mikuri. Other than the fact that I've been freeloading at my cousin's house since my parents died, I'm a completely ordinary high school freshman. Just a typical loser. I'm average high, average weight, average at sports, my grades are below average though. They suck. My favorite foods are hamburgers and curry rice. Oh yeah, and I haven't had a girlfriend for fifteen years. Well, in a few hours it will be sixteen years. In other words, it's almost my sixteenth birthday.
「智和君、今日は遅くなりまーす。 智和君、今日は遅くなるの。 智和君、今日は遅くなっちゃうんだけど。」 Sorry Tomokazu, I'm going to be home late. Sorry Tomokazu, I'm going to be home late. Sorry Tomokazu, I'm going to be home late...
寂しい。 寝る! お休み俺。 明日いいことがあるといいね。 つうか、ありてえ。 How depressing. Good night, empty house. It will be nice if something good happens tomorrow. That is, please be a better day.
…なんだここ。 ああ夢か。 なんだよ、今日は誕生日だぜ。 もうちょっといい夢見ろよ俺。 What is this place? Oh, it's a dream. That's great. Perfect. Man, it's my birthday. Can I have a better dream? Give me a break.
…ん? 女の子? やられたのか? しっかりしろ!しっかり! なんだこの光は!新手のヒルベルトエフェクトか! Is that a girl? Man, she is in trouble! Hold on! I'm coming! What's the deal with this light?! It must be some kind of Hilbert Effect?!

freeloadは「〈話〉居候する、ただで使う◆【語源】freeloader からの逆成。◆しばしば freeload off (of)◆【参考】live off(He let me freeload off (of) him.=彼はわたしを居候させてくれた。)」。

参考。 この作品、非常に簡単な会話で構成されており、また、Chris Patton(三栗智和)もMonica Rial(吾妻みづき)もJessica Boone(千条九葉)もLuci Christian(ねねこ)もTiffany Salinas(ネイト)も非常に綺麗な発音をしていて聞きとりやすいので、聞き取る訓練にも発音を真似る訓練にももってこい。そういった意味でお勧めしたい作品です。