[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 5月 2009

2009年5月25日月曜日

【ディクテーション】Darker than BLACK(Darker than BLACK ‐黒の契約者‐) (5)

ANN、 mania.com、 rightstufdvdpacific($17.25)。 FUNimationから2009年5月5日リリースのDarker than BLACK Vol.4は15話から18話まで収録。 黒<ヘイ>にJason Liebrecht、 銀<イン>にBrina Palencia、 猫<マオ>にKent Williams、 黄<ホァン>にJohn Swasey、 アンバーにLaura Bailey、 霧原未咲にKate Oxley、 石崎香那美にMonica Rial、 斎藤雄介にChristopher R. Sabat、 河野豊にTodd Haberkorn、 松本邦夫にKenny Green、 大塚真由にLeah Clark、 宝来善充にR Bruce Elliott、 エリック西島にChuck Huber、 ノーベンバー11にTroy Baker、 エイプリルにNazia Chaudhry、 大山美鈴にJulie Mayfield、 篠田千晶にColleen Clinkenbeard、 ジュライにCherami Leigh、 エーリスにJerry Jewell、 アンニにMichele Specht。 以下、第15話Memories of Betrayal in an Amber Smile... (Part 1)(裏切りの記憶は、琥珀色の微笑み…前編)のBパート。 やっぱ霧原課長だ。

狙われていたのはイギリス情報部の置かれていたフロアだ。 彼らも焦っているようだな。 初動の情報がこちらにまで漏れてきた。 どうやらCIAエージェントが絡んでいる痕跡があるらしい。 The bomb was planted on the floor that houses the British secret intelligence service. They are pretty frantic about it. We've received some information that is rather sketchy. Apparently their indication is that a CIA agent was somehow involved.
まさか…。失礼します。外事四課課長、霧原未咲警視、入りま…ミスター西島? Are you serious? Excuse us, sir. Misaki Kirihara, public security division Foreign Affairs... Mister Nishijima?
オフレコでお願いします。三週間ほど前、ゲート内からとある域外帯出禁止物質が持ち出されました。 事件の発端にはCIAエージェントが絡んでいた様子ですが、 実際持ち出したのは別の組織です。 This is strictly off the record. Three weeks ago, an item that should never leave the Gate, was stolen and taken out. It appears certain that a CIA agent was involved somehow in the initial theft. But another organization smuggled the item out.
MI6… MI6?
CIAはその線で見ているようです。 実際イギリスはかつての契約者情報に関するアドバンテージを何者かのリークによって 一気に失っています。 近年その焦りは目に見えるようになってきた。 That's how the CIA sees it at any rate. Somehow, through some kind of an intelligence leak, the British have lost their edge in contractor research. Recently their dissatisfaction with the state of affairs has become more obvious.
CIAがそのゲート物質を取り戻すために、MI6支部を爆破したと。 So the thinking is the CIA blew up MI6 Head Quarters so they could retrieve this item. Is that it?
あくまで推測ですが…(爆音) This is all just conjecture so far...

franticは「〈古〉気違い〔差別語〕、取り乱した、半狂乱の、狂乱した、気違いじみた、血迷った、狂気じみた、死に物狂いの、必死の、殺気だった、すさまじい勢いの、ひどく興奮して、熱狂した(He sounds frantic with worry.=彼は心配で気も狂わんばかりだ。)(People were frantic to escape.=人々は脱出しようと必死になっていた。)(The mother was frantic with worry because her two-year-old daughter was missing.)、大急ぎの、忙しい、慌ただしい(He placed a frantic call to 911.=彼は大急ぎで911番に電話をかけた。)、〈英話〉非常な、非常に大きな[多くの]、〈米俗〉素晴らしい、すごい、いかす」。
sketchyは「未完成品、スケッチ(風)の、大ざっぱな、概略の、〔計画などが〕煮詰まっていない、漠然としている、不完全な、ビシッと決まらない(The details are sketchy.=詳細は不明です。/細かい点は決まっていない。)」。
off-the-recordは「オフレコの、記録しない、非公開の、非公式の」。
It appears certain thatは「<that以下>は間違いないと見てよい。」。
smuggleは「密航する、密輸する、こっそり持ち込む[持ち去る](U.S. authorities seized hundreds of kilos of heroin smuggled into America by the Chinese mafia.=米国当局は中国系ギャング組織が密輸した何百キロものヘロインを押収しました。)」。
at any rateは「とにかく、ともかく、いずれにしても、いずれにせよ、どちらにせよ、何はともあれ、どのみち、何しろ、それにしても(At any rate, we apologize to you for troubling you.=いずれにしても、ご迷惑をお掛け致しましたことに対し、おわび申し上げます。)」。
dissatisfaction withは「~に対する不満、~への不満」。
state of affairsは「事態、状態、状況、形勢(This is a truly sad state of affairs.)」。
lose one's edgeは「鋭さ[威力・迫力・痛烈さ]を失う、競争力[優位性]を失う、〔腕が〕なまる、〔技術が〕衰える」。
blow upは「〔タイヤ・風船などに〕空気[ガス]を入れる、膨らませる、膨らむ、腹ぼてになる、爆破[破裂・破滅]する[させる]、吹き飛ばす、爆発する、炸裂する、壊れる、粉々になる、蹴散らす、自滅する、怒りを爆発させる、激怒する、カンカンに怒る、猛烈に怒る、腹を立てる、カッとなる、かんしゃく玉を破裂させる、かんしゃくを起こす、しかりつける、しかり飛ばす、ぼろくそにしかる、〔写真などを〕引き伸ばす、拡大コピーする、大げさに言う、誇張する、やたらと宣伝する、誇大宣伝する、うぬぼれさせる、吹き上げる、吹き起こす、風が吹き始める、風が吹き始めて悪天候になる、風が強まる、〔嵐が〕起こる、〔悪天候・災難・問題が〕突然発生する、突発する、持ち上がる、一触即発の事態になる、〔議論が〕沸き立つ、失敗させる、失敗に終わる、台無しにする、台無しになる、せりふを忘れる、〔審判が〕ホイッスルを鳴らす」。
conjectureは「〔不確実な情報に基づく〕憶測、推測(This magazine article is only conjecture.=この雑誌記事はただの推測にすぎない。)、〔不確実な情報をもとに〕憶測する、推測する(He conjectures that that stock will rise next week.=彼はあの株式が来週値上がりすると踏んでいる。)」。


2009年5月18日月曜日

【ディクテーション】Kanon(カノン) (10)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific($39.89)。 FUNimationより2009年4月28日DVD-BOXリリースのKanonディクテーション。 月宮あゆにBrittney Karbowski、相沢祐一にChris Patton、水瀬名雪にJessica Boone、美坂栞にMaggie Flecknoe、川澄舞にMelissa Davis、沢渡真琴にTiffany Terrell、美坂香里にCaitlin Glass、天野美汐にColleen Clinkenbeard、北川潤にGreg Ayres、水瀬秋子にJoanne Bonasso、倉田佐祐理にNatalie Arneson、相沢祐一(幼少期)にShannon Emerick、久瀬にJay Hickman。 以下、第18話The Disappearing Adagio(消え去りゆく緩徐楽章(アダージォ)~adagio~)の最後。前回の続きです。

まだ、帰らなくていいのか? Are you sure you shouldn't be going home?
はい、今日は遅くなるって言ってありますから。 Yeah, I told everybody I would be out late tonight. So I won't get in trouble.
降ってきたな。 Look. It's snowing.
祐一さん。 Can I ask you something?
ん? Hmm?
手をつないでもらえませんか? What do you think about holding hands with me?
え? What?
あ、いえ…あ。 Oh, um... Ah.

少しだけ疲れました。 I'm starting to get a little bit tired.
そうだな。俺があちこちひっぱりまわしたからな。 I bet you are. I dragged you all over the place today, huh?
モグラたたき、上手になりましたよね。 I've gotten a whole lot better at the Whack-A-Mole game though.
ああ、才能あるぞ。 Yeah, you got a little gift.
私、祐一さんにはどんなにお礼を言っていいか分かりません。 I think this might be my best birthday ever, Yuichi. I don't know how to thank you enough.
たいしたことしてないさ。 I didn't do anything much.
祐一さんは強い人ですね。 You know, you are a pretty strong person, Yuichi.
強いのは栞のほうだ。 No, you're the strong one here, Shiori.
そんなことないですよ。私、自分の手首を切ったことあるんです。 祐一さんと最初に出会った日の夜、カッターナイフで。 I tried to slit my wrist once, with a box cutter. It was the night I first met you. It was the first day everyone was back at school after winter break. I remember it well.
三学期の始業式の日でした。 自分の部屋からお姉ちゃんを見送って、 その後私も部屋を出ました。 普段はほとんど使うことのなかった、このストールを羽織って。 このストール、お姉ちゃんからもらったものなんです。 ちょうど一年前、プレゼントをせがんだ私に一日早く渡してくれたんです。 I watched Kaori leave through bedroom window. Once she was all the way down the street, I decided to leave the house, too. I put this shawl on, even though I hardly ever wore it. Kaori gave it to me as a gift long time ago. It was the last present she gave me. Now that I think about it, She gave this shawl to me exactly one year ago today. I had wanted to open it early. I kept begging her to give me my present and so she finally let me open it a day before my birthday.
コンビニでカッターナイフを買って、 必要もないのに、他にも色々な物を買って、 最後の雪景色を楽しみながら、家に帰る途中、 祐一さんとあゆさんに出会ったんです。 あの夜のこと、私覚えています。 電気の消えた自分の部屋で、 たった一人で、何も聞こえなくて、 何も見えなくて、何も考えられなくて、 この世界に一人だけ取り残されたような感覚。 自分だけが場違いな場所に迷い込んでしまったような。 Anyway after I saw Kaori leave, I went to the convenient store, and bought a box cutter and a bunch of other stuff. And then I made my way home, trying to enjoy what I though would be my last snowy day. And that's when I ran into you and Ayu. I remember it so clearly. Sitting in my room with the lights off, I was all alone in the darkness. It was so quiet. I couldn't hear anything, see anything, or think about anything. I felt like I had been left all alone in this world. Like somehow I wandered off, found myself in a lonely place where I didn't belong.
そのとき、ふと笑い声が聞こえたような気がして。 それは、昼間出会ったあの人たちの声で、 あの笑顔を、あの楽しそうな声を思い出して、 今の自分がどうしようもなくみじめに思えて、 ホントに久しぶりに笑って、 次の誕生日まで生きられないって、 お姉ちゃんに教えられた時にも流さなかった、涙が流れて、 笑って出たはずの涙が止まらなくて、 自分が悲しくて泣いてることに気づいて、 そして… That's when I heard something. It was the people I had met afternoon. Laughing... I remember their smiles and their happy voices. And it made me realize how pathetic I was for trying to quit. And I started to laugh all by myself right there. I hadn't laughed that hard in ages. And I cried the tears I hadn't cried before when Kaori told me I wouldn't live to see my next birthday. The tears were supposed to be from laughing, but they just wouldn't stop. They just kept coming. I finally realized that I was crying from sadness after having held it in so long.
…ひとしきり笑ったら、もう切れなくなってました。 もしかしたら、これが奇跡だったのかもしれませんね。 And then, after I was done, I realized that I didn't want at all to end. I think maybe it was a miracle meeting you and Ayu that day.
それは栞の強さだ。 That story just shows how strong you are.
私は弱い人間です。 他人にすがらないと生きていけない、 弱い人間なんです。 No. Really I'm a weak person. A weak person who needs to depends on others to live. That's the truth about me.
それでいいじゃないか! 誰だって人にすがらないと生きていけないんだから。 起きる可能性があるから、奇跡って言うんだ。 What's wrong with that? Everyone needs somebody they could depend on. I think it's called a miracle because there's a chance that something good can happen.
そうかもしれませんね。 You may be right about that, Yuichi.
俺と約束してくれるか? Can you promise me something?
約束、ですか? What do you want me to promise?
もし奇跡が起きたら、学食で昼飯奢りな。 That if a miracle occurs, you've gotta treat me to lunch at the cafeteria, okay?
分かりました。約束します。 祐一さん、今日は楽しかったです。 All right, Yuichi. You have my word. I want you to know how much fun I had with you today.
俺も楽しかった。 So did I, Shiori.
あの喫茶店、もう一度一緒に行きたいです。 I'd like to go to that coffee shop with you again sometime.
ああ。 Yeah.
それから、商店街を一緒に歩きたいです。 And that's not all. I'd like to walk the shopping district again too.
ああ。 Yeah.
今日、学校で新しいお友達が出来たんです。 今度一緒に遊びに行こうって誘ってくれたんです。 And did I tell you that I made a new friend at school in fourth period? She is really nice and she invited me to hang out with her sometime next week after school.
良かったじゃないか。 I'm really glad to hear that.
行きたい場所、やりたいこと、まだ沢山あるのに…私、たぶん死にたくないです。 本当はこんな風に誰かと仲良くなってはいけなかったのかもしれません。 It seems like there are still so many things to do, so many places I wanted to see. I don't... I don't want to die, Yuichi. I wonder if... if maybe I shouldn't have tried to get close to someone over the past few weeks, you know.
そうかな? You don't think so?
だって、その人にお姉ちゃんみたいな想いをさせるだけですから。 Because I don't want to make this person feel the same way my sister felt about me.
俺は栞と会えて、良かったと思ってるぞ。 Let's get something strait, Shiori. I'm never gonna feel sorry that I met you.
ホントですか? You really mean that?
本当だ。嘘じゃない。 Yeah, really. It's the truth.
私、笑っていられましたか? ずっとずっと、笑っていることができましたか? Was I able to smile most of the time? Tell me Yuichi. Was I able to smile no matter what was going on?
ああ、大丈夫だ。 Yeah, you did good.
良かった。もうすぐですね。 I'm glad. It's almost time.
ああ。 Yeah.
12時になったら、私もやっと16歳です。 When the big hand makes it to twelve, I'm officially going to be sixteen years old.
そうだな。…誕生日、おめでとう、栞。 That's right. Looks like it's time for your birthday present, Shiori.
開けていいですか? Shall I open it now?
ああ。 Yeah.
あ! Wow!
じゃんじゃん使ってくれ。 Go nuts with that, okay?
はい!ありがとうございます。大切にします。 'kay! Thank you so much, Yuichi. I'll treasure it always.
ああ。 Shiori.
祐一さん………私、温かい買い物買ってきます。 祐一さんはここに居てください。 Hey, Yuichi... I think I'm gonna need something warm to drink. Just wait here, okay, Yuichi?
ああ。………ん、遅いな。はっ!………ハッピーバースデー、栞。 She's taking forever. ... Happy sweet sixteen, Shiori.

whole lotは「《a ~》全部、一切合切、片っ端から(There's [There is] not a whole lot I can do.=私にできることはほとんどない)(There is not a whole lot I can do when a hurricane hits. I just find a safe place to hide.=ハリケーンが来たら、私にできることはほとんどないわ。ただ安全に非難できる場所を探すくらいよ。)、《a ~》非常に、かなり、ずっと、大いに(The pizza chain delivers a pie a whole lot faster than others=そのピザチェーンはどこよりもかなり早くピザを届ける)」。
whackは「強打、〈擬音語〉バシッ、ピシッ、分け合うこと、山分け、分け前、分配、試み◆【同】attempt、〈米俗〉状態、~を強く[激しく]打つ、強打する、ぶったたく、杖などで強く打つ(He slipped and whacked his head on my coffee table.=彼は滑って私のコーヒー・テーブルで頭を打った。)、~を打ち負かす、負かす、~を分け合う、山分けする、分配する、~を素早く[サッと]置く[入れる]、〔牛を〕追う、〈俗〉殺す、殺る、ばらす」。
whack-a-moleは「もぐらたたきゲーム◆台の上に開けられたいくつかの穴からアットランダムに頭を出してはひっこめるもぐらをハンマーのようなものでたたくゲーム。Whack-A-Mole と表記されることもある。(I like to play whack-a-mole (game).=私はもぐらたたきゲームが好きです。)(I went to an arcade and played whack-a-mole for one hour.=私はゲームセンターに行って、もぐらたたきゲームを1時間しました。)」。
slitは「(衣服の)スリット、すき間、細長い孔、細長い切口、~を細長く切る[破る]」。
slit one's wristは「手首を切る、リストカットする」。
shawlは「ショール、肩掛け、~にショールを掛ける」。
run intoは「偶然[ひょっこり・ばったり・思いがけなく・偶発的に]~に出会う、~に出くわす[遭遇する]、~と鉢合わせする(I was hoping I'd run into you.)(If I run into Bob I'll kick him in the balls.=ボブに会ったらキンタマけってやる。)(Nice running into you after all this time.=久しぶりにばったり出会えてうれしい。)、~の中に走ってはいる、~に駆け込む、~に突入する、~に衝突する、~にぶち当たる、~にぶつかる、~にぶつける、~に衝突させる、~に刺す、~に刺さる、突き刺される、~に溶け込む、流し込む、流れ込む、混ざる、混ざり合う、~の中に通す、~の中まで乗せて行く、~に陥る、~に陥らせる、~に達する、~に至る、合計~になる、~に続く、続いて~になる、~の状態にする(We're gonna run into overtime because of this.)、〔考えなどが〕(人)にサッとひらめく、~に合体する、~と合併する、ちょっと立ち寄る、《ゴルフ》〔芝が〕逆目である」。
wander offは「~からそれる、~から外れる、迷子になる(We have to locate an Alzheimer's patient who have wandered off.=迷子になったアルツハイマー病の患者を探し出さなければならない。)(She likes to sit in front of her computer and wander off into cyberspace=彼女は自分のコンピューターの前に座って、サイバースペースへさまよい出るのが好きだ。)」。
patheticは「痛ましい、哀れな、哀れを誘う、(惨め過ぎて)見ていられない、感傷的な(She's pathetic. Is she really my daughter?=あの子ったら情けないわ。ほんとに私の娘なのかしら。)、〈話〉〔哀れなほど〕不十分な、不満足な」。
in agesは「長い間、長期間、久しぶりに(Yesterday was the first time I have been to the movies in ages.=昨日、久しぶりに映画を見に行った。)(I haven't seen you in ages.=なんて久しぶりなんでしょう。/ずいぶん長いことお会いしてませんね。◆あいさつ)。
treat someone toは「(人)に~をおごる[奮発する]」。
You have my word.は「約束するよ。/私が請け合います。/私が保証するよ。」。
get ~ straightは「~をはっきりさせる、~をしっかり頭にたたき込む、~をちゃんとした形にする、整理する、~を正しく[ちゃんと・明確に]理解する[把握する](Let's get this straight=このことをはっきりさせておこう。)(Let me get this straight with you.=断っておくが。)(Let's get something straight=言っておくが。)」。
big handは「長針」。
take foreverは「大変な時間がかかる、いつまでも続く(You guys are taking forever to finish.=おまえたちに任せておくと、いつまでたっても終わらない。)(It would take forever.=それはいつまでたっても終わらないだろう。)」。

栞のセリフ、どうしても一か所聞き取れず。「モグラたたき、上手になりましたよね。」の部分。gotten xxxと言っているはずだけどkind of for whatみたいにも聞こえる。あー気になる気になる。


2009/5/21追記:``have gotten a whole lot better at''が正解した。コメント大感謝!またひとつ勉強になりました。

2009年5月11日月曜日

【ディクテーション】Kanon(カノン) (9)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific($39.89)。 FUNimationより2009年4月28日DVD-BOXリリースのKanonディクテーション。 月宮あゆにBrittney Karbowski、相沢祐一にChris Patton、水瀬名雪にJessica Boone、美坂栞にMaggie Flecknoe、川澄舞にMelissa Davis、沢渡真琴にTiffany Terrell、美坂香里にCaitlin Glass、天野美汐にColleen Clinkenbeard、北川潤にGreg Ayres、水瀬秋子にJoanne Bonasso、倉田佐祐理にNatalie Arneson、相沢祐一(幼少期)にShannon Emerick、久瀬にJay Hickman。 以下、第18話The Disappearing Adagio(消え去りゆく緩徐楽章(アダージォ)~adagio~)の最後のほう。

ああ恥ずかしかった。 Guys, that was so embarrasing.
あれだけ笑っといてよく言うな。 How can you say that after you laughed harder than anyone else there?
えへへ。 Whatever.
栞ちゃん大丈夫?疲れたんじゃない? How are you holding up, Shiori? You must be tired.
いえ、平気です。楽しかったです。皆さんとご一緒できて。 Oh, no. I'm fine. It's such a fun afternoon. I'm so glad all of you could come today.
栞ちゃん、今度一緒にお昼食べようよ。 Shiori, we should have lunch together at school sometime.
え、いいんですか? Huh, you mean it?
じゃあ私も。 Yeah, that would be great.
ボクも! Me too!
お前は学校が違うだろ。 You don't go to the same school as we do, Ayu.
うぐぅ。 Uguu.
それ乗った! 相沢一人に独占させとくのはもったいない。 I'm in too. I can't have Yuichi here monopolizing all the ladies.
だから誤解を招くようなこと言うなって。 Will you stop saying stuff that's gonna give people the wrong idea about me?
なんでだよ。こんな可愛い子、彼女にしたいと思わないのか? I don't get it. What guy wouldn't want a cute girl like her to be his girl friend?
ホント見る目が無いわね、相沢君は。 He is right. You have no taste in girls. You blind or something?
余計なお世話だ。 What business is it of yours?
余計じゃないわよ。だって栞は…栞は…私の妹なんだから。 It is my business, after all Shiori is... She is... Shiori is my little sister.
妹!? She is what?!
ね、栞。 Isn't that right?
お姉ちゃん。 Well, yes it is.
なんで言わなかったんだよ。は、ひょっとしてウッ Why didn't you say anything before? I mean what's the big...
黙ってろ。 Shut up.
さあ、私たちは行きましょう。 Come on, why don't the rest of us get going?
う、うん。 Ah, right.
そうだ、練習。 Yeah, I have to. Let's go to practice.
栞。あの…後で、いっぱい話そうね。 Shiori, I, um... I'll see you back at home and we'll talk then, okay?
うん。 Uh-huh.
相沢君。妹をお願いね。 And Yuichi, you take care of my sister.
ああ。 Right.
…ありがとうございます。祐一さん。私、とても幸せです。 Thank you so much for inviting her, Yuichi. I don't think I've ever been so happy.
次はどこへ行こうか。 So what do you feel like doing now?
え? Huh?
まだ時間はあるんだろ。どこでも付き合ってやるぞ。 You still have time to hang out, right? Is there anywhere else you want to go?
はい! Yes, there is!

hold upは「持続する、持ちこたえる、維持する、(天気が)続く、耐える、支える、支持する、しっかり立っている、歩調を緩めない(How are you holding up? 《あいさつ》=(前と同じように)元気でやっていますか?、お変わりないですか?)(You're holding up beautifully.=頑張ってますね。)(He holds up well under any circumstances.=彼は、どのような状況でも耐える。)(In spite of the recent accounting scandal, X is holding up well.=最近の会計スキャンダルにも関わらず、X 社の株価はよく持ちこたえている。)、持ち上げる(Hold up your glass.=グラスをお取りください。)、〔指を〕立てる(He said "two" holding up two fingers.)(He simply holds up his finger and goes "shh.")、〔襲って・静止させて〕強奪する、強盗をする、奪う、盗む(He's going to carry a gun and hold up drugstores.)(She's holding up the bank.)、~に不当な要求をする、高値[不当な値段・法外な額]をふっかける[要求する]、~をさらす、笑い物にする、~を遅らせる、延滞させる、渋滞させる、停滞させる、進行を遮る、妨げる、止める、引き止める、足止めを食らわせる、自制し続ける、延期する、~に停止を命ずる(I got held up by the immigration officer at the airport.=空港で移民局の職員に引き止められてしまった。)(Bad weather is holding us up.)(You're holding up the traffic.)(Hurry, you are holding up my ship.)、真実であることが分かる、説得力を持つ」。

上のように書き起こすとすごく簡単そうに見えますが、実際は結構難しいんですよ、 ということを分かってもらえるかな?、と思ってこの場面も生放送しようとしましたが、枠取れず。 来週はこの続きから話の最後らへんまでディクテーションする予定です。

2009年5月6日水曜日

【ディクテーション】Final Fantasy VII: Advent Childre (ファイナルファンタジーVII: アドベントチルドレン) (2)

ANNmania.com(C)、 rightstuf、 dvdpacific($27.31)。 ソニー・ピクチャーズエンタテインメントから2009年4月16日発売(日本)のファイナルファンタジーVIIディクテーション。 クラウド・ストライフにSteve Burton、 ティファ・ロックハートにRachael Leigh Cook、 ヴィンセント・ヴァレンタインSteven Blum、 バレット・ウォーレスにBeau Billingslea、 シド・ハイウィンドにChris Edgerly、 ユフィ・キサラギにChristy Romano、 ケット・シーにGregg Ellis、 レッドXIIIにLiam O'Brien、 エアリス・ゲインズブールにMena Suvari、 ルーファウス神羅にWally Wingert、 レノにQuinton Flynn、 ルードにCrispin Freeman、 ツォンにRyun Yu、 イリーナにBettina Bush、 カダージュにSteve Staley、 ヤズーにDave Wittenberg、 ロッズにFred Tatasciore、 マリン・ウォーレスにGrace Rolek、 デンゼルにBenjamin Bryan、 セフィロスにGeorge Newbern、 ザックス・フェアにRick Gomez。 以下、46:40あたりのカダージュさん演説。前回の直前の場面です。 生放送では言いましたが、北米のDVD版を使用してディクテーションしています。

僕は母さんから特別な力を授かった。 人間を苦しめる、この星と闘うための力だ。 実は、この力はみんなも持っている。 そう、僕たちは兄弟なんだ。 ライフストリームに溶けていた、 母さんの遺伝思念を受け継いだ選ばれし兄弟。 でも、星がみんなの邪魔をしている。 僕たちの成長を止めてしまおうとしている。 だから君たちの身体は痛み、心が挫けそうになるんだ。 治してあげるよ。 そして母さんのところへ行こう。 家族で力を合わせて星に仕返しするんだ! 僕に続いて。 Mother has given me a very special power. The power to fight against a planet that torments humanity. She gave this gift to all her children. That's right. You and I are brethren. Brothers and sisters chosen when we inherited Mother's memetic legacy through the Lifestream. But the planet doesn't approve of that at all. It's doing everything it can to hold us back. That's why it's racking our bodies with pain and filling our hearts with doubt! Now I shall heal you. And we will go to Mother together. We will join as a family and strike back at the planet. Do as I do.

来ちゃったね。 自分が壊れそうなのに、ね。 きっといいことだよ。 質問。 どうして来たのかな? You came. Even though you're about to break. That's a good sign. So why did you come?
俺は…許されたいんだと思う。 うん、俺は許されたい。 I think I want to be forgiven. More than anything.
誰に~? By who?

やっぱり来たね。 I'm glad you could make it.
子供たちを迎えに来た。 I'm only came for the kids.
この人はね、僕たちの兄さんだ。 でもね、残念だけど、裏切り者なんだよ。 See this man? He is our big brother. But alas in our happy flock, he's what you'd call a black sheep.
クラウド! Cloud!

brethrenは「同胞、会員、同業者、信者仲間、同一の教会員◆brother の複数形」。
approve ofは「~を認める、~を承認する、~に賛成する、~を正しいと判定する」。
hold backは「〔事実・本心などを〕隠す[秘密にする・しまっておく]、本当のことを言わない、〔事実・本心などを打ち明けることを〕はばかる[恥ずかしがる](The press held back the names of the juvenile offenders.=マスコミは未成年犯罪者の名前を伏せた。)(Remember that you will be responsible for any information you hold back regarding this investigation.=この捜査に関していかなる情報でも隠したら、あなたが責任を問われることをお忘れなく。)(Come on, don't hold back.=ほらほら、遠慮しないでよ。◆【用法】話・飲食などを促す。)、〔感情を〕抑える、〔行動を〕(差し)控える、自制する、思いとどまる(She felt like going out late night, but vague fear held her back.=彼女は夜遅く外出したくなったが、何となく怖くて思いとどまった。)、(すごすごと)引き下がる、尻込みする、ためらう、遠慮する、手加減する、容赦する、気後れする、ひるむ、押しとどめる、引き止める、食い止める、〔群衆を〕制止する、制御する、阻止する、《野球》バットを止める、〔上達・進級などを〕妨げる、阻害する、取り消す、引っ込める、出し惜しみする、逮捕する」。
rackは「棚、枠、台、架、ラック、〈米〉〔家畜用の〕まぐさ台、《軍事》〔戦闘機の〕爆弾[ミサイル]ラック、《機械》〔歯車の〕歯竿、ラック、〔拷問道具の〕ラック◆体を横たえさせ、手足を巻き上げ機で引き延ばすもの。、《動物》〔一組の〕枝角、〔ビリヤードなどの〕ラック◆ゲームの開始時にボールを三角形に並べる木やプラスチックの枠、またはそのように並べられたボール。◆【同】〈英〉frame、〈俗〉寝床、ベッド、〈俗〉寝ること、眠り、〈俗〉〔二つの〕乳房、おっぱい(She has a nice rack.=彼女はいいおっぱいをしている。)、緊張させる、苦しめる、拷問する、拷問にかける、搾取する、ちぎれ雲、飛び雲、〔子羊や子牛の〕あばら肉、〔羊・豚・子牛の〕首肉、〔馬の〕軽駆け、〔馬が〕軽駆けで走る、〔リンゴ酒・ワインなどを〕おりから絞り出す」。
strike back atは「~に打ち返す、~に反撃する、~に逆襲する、~に火が逆流する」。
make itは「うまくいく[やり遂げる・切り抜ける]、何とかする[調整する・やりくりする]、無事にやり遂げる[実行する]、成功する、出世する◆【直訳】それ(=目的とすること)を作り出す(If you try, you can make it.=なせば成る。)(Hope you all made it back home in good shape.=皆さんご無事でご帰宅できたことと思う。)(I hope we can make it.=実現できることを期待しています。)、時間に間に合う(Good of you to make it.=間に合ってよかった。)(It looks like I am going to make it.=間に合いそうです。)(I don't think I can make it tonight.=今夜は行けそうにないなあ。◆時間の都合がつかない。)(If you hurry, you can still make it.=急げばまだ間に合いますよ。)、〔招待された集まりなどに〕何とか出席する、都合がつく、都合をつける(You will make it if you hurry.=急げば間に合いますよ。)、性交する、寝る◆fuck の遠回しな言い方、〔健康状態などが〕回復する、良くなる、急いで立ち去る、~にしてくれ」。
come forは「~の目的で来る、~に向かって来る、~を取りに来る、~を迎えに来る、~を連れに来る、~を呼びに来る、~の方に迫って来る、~に襲い掛かる」。
alasは「ああ、あーあ、まあ、悲しいかな◆悲しみ、悲痛を表して」。
flockは「〔動物の〕群れ、一団、〔指導者の元に集まる〕群衆、大衆、《キリスト教》会衆、信徒集団、集まる、群がる」。
black sheepは「黒い羊、〔組織や家族の中の〕厄介者、面汚し」。

上の場面のディクテーショントレーニングはニコ生で生放送…する予定でしたが、 一枠取るのに1時間以上かかるわ、 ようやくとれたと思ったら配信開始直後にクロムさんのフラッシュプラグインクラッシュ+PCごとダンマリとなり枠取って15分放送できないわ、 別PCで放送をどうにか再開したら英語音声放送にうまく乗らないわオーディオコントロール失敗していきなり破壊的なハウリング音配信しちゃうわ、でさんざんな放送となったため、 結局前回同様、ほとんど誰も見ていないustで配信しました。 で、ustで50分程度上記場面のディクテーショントレーニングを流してみて思ったんですが、どうも面白みに欠けますね。 ネタ的にどうも個人的に入れ込めないせいもあるけど、なんかもっと他人への見せ方はないものかな。 もっと面白く見せることができるはずなのに、それができていない。 まだまだ試行錯誤が足りないようです。