[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 1月 2009

2009年1月26日月曜日

【ディクテーション】The Third: The Girl with the Blue Eye (ザ・サード ~蒼い瞳の少女~) (2)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($79.99)、 dvdpacific。 Right Stufより 2007年7月31日(1巻)、2007年9月25日(2巻)、2007年11月27日(3巻)、2008年1月29日(4巻)、 2008年3月25日(5巻)、2008年5月27日(6巻)リリースのThe Third: The Girl with the Blue Eye。 火乃香にAnna Morrow、 イクスにSteve Cannon、 ボギーにJames Lyon、 ナレーターにMichael Alston Baley、 パイフウにCarol Jacobanis、 ミリィにAngora Deb、 浄眼機にPatrick Seitz、 フィラ・マリークにAlison James、 STW-9000 "蒼い殺戮者"(ブルーブレイカー)にLiam O'Brien、 ノル爺にWilliam Frederick、 ローナ・ファウナにRachael Lillis、 ジョーイにSam Regal、 ケヴィンにBill Rogers、 ラザリ/妖精にMichele Knotz。 以下、第8話An Afternoon in Emporium(エンポリウムの午後)のBパートより、前回の続き。 ミリィかわいいよミリィ。

どっかの邪教集団の暗殺部隊って話だ。 今朝の砂竜さわぎも奴らの仕業なんじゃあって噂してる連中もいるが。 But I'm told they're the assassination squad of some religious cult. Word on the street is that the sand dragon attack this morning was their doing too. But I don't know.
大漁大漁! What a great haul!
砂ガニは茹でて食うとうまいんじゃ。特にな、卵の入ったメスは… Sand crabs are tasty if you boil them. And the females carrying eggs are especially...
あ、ほのちゃーん! Oh, Honoka!

わぁ捕まえたなー。こんなにいっぱい食べきれるの? Wow, you sure caught a bunch! Can you even eat all of these?
明日も行くか? Wanna go again tomorrow?
うん! Sure!
ノル爺、病院は? What about your practice, Nor?
老い先短い人生、楽しまなくてはな。 I don't have many years left and I'm gonna enjoy 'em.
老い先っていつまで続くんだよ! You always say that. When are these years supposed to run out?
秘密じゃ! That's a secret!
…。ミリー聞いたよ。学校行ってるんだって?楽しい? Huh. So Millie, I heard you started going to school with other kids. Is it fun?
うん。友達いっぱいできた。それにね、面白い先生がいるんだ。 Um-hum. I made lots of friends there. Also there is one teacher who is really interesting.
先生?どんな? A teacher? What is she like?
保健の先生なんだけど、変わってて、でもいい人で、なんだかちょっとほのちゃんに似てるかも。 Well actually she is the school's nurse. She is a little different, but she is a nice person. You know what? She kind of reminds me of you.
私に? Oh, really?
ミリィ、学校でいっぱい勉強するんだ。それでね、それで…機械屋さんになるの! お父さんみたいな機械屋さんになればほのちゃんといっしょにお仕事できるでしょう? I decided I'm going to study lots and lots of stuff at school. And then, my big dream is, one day, I'll be a mechanic! If I become a mechanic like my father was, then I can work with you and we can always be together, see?
ミリィ… Millie...
だからいっぱいいっぱい勉強するんだ! I'm gonna study lots and lots so I can get super smart!
強いのう、ミリィは。 Millie sure is a tough girl.
うん。 Yeah.
強すぎるのも心配じゃが。 But being too tough can also be a burden.

word on the streetは「街のうわさ、巷のうわさ(The word on the street is he's dead.=街のうわさでは彼は死んだらしい)」。
haulは「引っ張り、強く引くこと、引き、ひと網の漁獲量、〔窃盗の〕もうけ、目標数値、引っ張る、たぐる◆重いものを引きずって運ぶ感じがあるが、引きずる場合にしか使えない drag とは違って、持ち上げて運ぶ場合にも使える。また、この動詞には長い距離を運んでいくというニュアンスがある。、(強く)引っ張る、引きずる、〔荷物を〕運ぶ、~を連行する、逮捕する」。
lots and lots ofは「非常にたくさんの~、~がいっぱいいっぱいあって」。

参考:59:45あたり

2009年1月19日月曜日

【ディクテーション】The Third: The Girl with the Blue Eye (ザ・サード ~蒼い瞳の少女~)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($79.99)、 dvdpacific。 Right Stufより 2007年7月31日(1巻)、2007年9月25日(2巻)、2007年11月27日(3巻)、2008年1月29日(4巻)、 2008年3月25日(5巻)、2008年5月27日(6巻)リリースのThe Third: The Girl with the Blue Eye。 以前から気になっていましたが思い切ってrightstufでバンドル取り寄せて見てみたら原作のファンタジア文庫大人買いしちゃう程度に面白かったので特集します。 火乃香にAnna Morrow、 イクスにSteve Cannon、 ボギーにJames Lyon、 ナレーターにMichael Alston Baley、 パイフウにCarol Jacobanis、 ミリィにAngora Deb、 浄眼機にPatrick Seitz、 フィラ・マリークにAlison James、 STW-9000 "蒼い殺戮者"(ブルーブレイカー)にLiam O'Brien、 ノル爺にWilliam Frederick、 ローナ・ファウナにRachael Lillis、 ジョーイにSam Regal、 ケヴィンにBill Rogers、 ラザリ/妖精にMichele Knotz。 以下、第8話An Afternoon in Emporium(エンポリウムの午後)のBパートより。 脇キャラクターが良いですね。ミリィも良いですがパイフウも好きだ。

エスメルのところに行ったが、ミリィはまだ帰っていなかった。 彼女の家で待ってもいいのだが、なぜか一人になりたかった。 Honoka dropped by Esmel's place, but Millie had not come home yet. She could have waited for her, but on that day, she was in the mood to be alone.
イクス?…ふぅ。ん?へぇー。イカしてるぅ。 What's Iks doing here? Wow, she looks sharp.
あー!いらっしゃいませ! Hello! How can I help you, ma'am?
水割り。 Whiskey and water.
まだ夕方ですよ、先生。 Isn't it a bit early for drinks, Teacher?
先生? She is a teacher?
それにうちはお酒飲むところじゃ… Besides, our establishment isn't really a bar...
いいじゃない、子猫ちゃん… You get me one, won't you, kitty cat?
あ、は、はい。 Y-yes, I will.
お、空いてるじゃねえか。酒だ!酒! Wow, it's pretty dead in here. We need foods! Now!
あ、は、はい! Uh, yes, right away, sir.
姉ちゃん、いっしょにやらねえか。 いよう、姉ちゃん、ようってば。 なあいいじゃねえか。ほら、こっちに来いよ。 Hey, sweetie, how about you join us? You know, honey, answer me. You listening? I asked you nicely to sit with us.
ここ、お酒飲むところじゃないんだって。 あんたたち、とっても不自然。 That's odd. She just said this establishment isn't a bar. You people stick out like a sore thumb.
ま、待てよ。俺達は別に… H-hold on, lady. We don't want any trouble.
面倒くさいときはすぐ撃っちゃうって、そっちのデータにはなかった? ここじゃ子猫ちゃんたちに迷惑だわ。どうする?出ていく?それとも… When I feel threatened, I'm quick to shoot. Wasn't that in my file? We're causing trouble for kitty cat and the other patrons. What shall we do? Will you go? Or shall we dance?
止めようね。人を後ろから撃つようなわるーい子は、後ろから斬っちゃうぞ。 Let's not do that. If you are the kind of boy who would shoot someone in the back, then I'll have to cut your back.
…斬るなよ。刀を持った若い女。ソードダンサーとはお前のことか。名前は確か、火乃香。 You don't have to cut me. The young woman wielding a sword... You must be the Sword Dancer. And if I recall your name, it's Honoka.
へぇ、私ってば有名人~。 Wow, I must be pretty damn famous.
いずれ、日を改めて。 I'll see you. We'll meet again some other day.
おあいそ。 Check please.
あ、は、はい。 Ah, y-yes, ma'am.
ありがと。助かったわ。あいつ、服の下に何か仕込んでたわね。 Thank you, you were a great help to me. That young man had a weapon hidden in his pocket, didn't he?
余計なマネしちゃったかな。 Maybe I didn't need to help you out, though.
なにが? How do you mean?
気づいてたんでしょう?お姉さん。 あいつが撃つより速そうだったし。 Well, you saw what he was doing, didn't you? And you look much quicker on the draw than him.
ねぇ、少し付き合わない? How would you like to sit down and keep me company?
あぁ、アルコールダメなんで。 No, I'm not really great with alcohol.
いいから、少しだけ…え? Come on, only for a little while.
ホントに、もう。じゃ。ごちそうさま。 I really need to go. Well, thanks for the lunch.
かっこいー! Wow, she is so brave.
あら子猫ちゃん、ああゆうのが好みなの? Oh, I get it now. So that's your type, isn't it, kitty cat?
ち、違います!私は別に… Oh, n-no! She is not my type! I mean I don't have one!
ふーん。火乃香。ほのちゃんか。 Umm, Honoka. I'll remember her.

in the mood toは「~する気になって、~するような気分で(I'm not in the mood to do that right now.=今はそんなことをする気分ではありません。)」。
look sharpは「気を付ける、急ぐ(Let's look sharp.)、かっこよく決める、パシッと決める」。
establishmentは「設立[創立・制定]すること、〔制定された〕秩序、体系、法典、〔設立された〕民間[政治・軍事]組織、国教会◆【同】established church、〔会社の〕敷地、構内、建物、〔病院や学校などの〕機関、施設、〔社会の〕権力層、上位層◆Establishment とも表記、〔ある領域の〕支配者集団◆(the) Establishment とも表記、家屋、所帯」。
stick out like a sore thumbは「〔周囲の物・人々と異なり〕ひどく目立つ、場違いである」。
patronは「後援者(Many wealthy companies have become patrons of the arts.=裕福な企業の多くが、芸術の後援者となっている。)、ひいき(客)、常連、お客様、顧客◆customer の丁寧語」。
some other dayは「いつか別の日に、またいつか、日を改めて」。
quick on the drawは「《be ~》ピストルを抜くのが素早い、反応[理解]が速い、機敏な、機転の利く」。
keep someone companyは「(人)と一緒にいる[行く]、(人)のそばにいる、(人)に同行する[付き合う]、(人)と交際する、(人)の話相手になる(I kept her company while she packed and drove her to the airport.=彼女が荷造りするときにそばにいてやり空港まで車で送っていった。)(Thank you for keeping me company.=付き合ってくれてありがとう。◆【用法】何かを一緒にやってくれたときなどに使う。)」。

日本語で言うパトロンの発音(ペイトロン)に注意。他、今回は''Maybe I didn't need to help you out, though.''がなかなか聞き取れずに苦労しました。ディクテーション、というか、会話自体、発話の予測という行為が本質的に重要であることを思い知りました。

参考:55:35あたり

2009年1月13日火曜日

一回休み

2夜連続の徹夜生カラオケのおかげで…いや、こんなの

リクエストされても歌えませんから!!…すっかりさっぱり時間がないので今日はディクテーションのネタ探しのみ。

最近見ているもので言えばもうすぐ見終わる勢いで見ている「The Third: The Girl with the Blue Eye(ザ・サード ~蒼い瞳の少女~)」(ANN)が次に来ると思います。それはもう3巻のおまけに付いてきたジグソーパズルまで組み立てちゃうどハマリっぷりですから。veoh<プレーヤーのインストールがいるみたいですね面倒くさー。

それとは別に「Diamond Daydreams(北へ。 ~Diamond Dust Drops~)」(ANN)のディクテーションをこのブログでやってないことに最近というかついさっき気づいたのでこれはやらきゃなーとふと思いました。温子、スオミ、果鈴のうち誰の話をピックアップするかは迷うところですが、やっぱスオミかなあ。youtube<4:30の``A cream puff can put a smile on everybody's face.''のあたりの表現がGood!

ちなみにギャルゲーアニメって「北へ。」に限らず結構良い感じで英語化されているものが多い気がしています。ここでさんざん取り上げた「Shuffle!」(ANN)もそうだったし、古いところでは「ゆめりあ」(ANN)「まぶらほ」(ANN)あたりもそう。これらもいつか取り上げたいところです。

関係ないけどギャルゲーつながりbrainstorm経由でPS2アマガミが気になった今日このごろ<3/19発売。

2009年1月6日火曜日

【ディクテーション】The Familiar of Zero(ゼロの使い魔) (2)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($34.99)、 dvdpacific($34.19)。 FUNimationより2008年11月4日リリースのThe Familiar of Zeroは第1期シリーズ第1話~第13話まで収録です。 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールにCristina Valenzuela、 平賀才人にJonathan Meza、 シエスタにXanthe Huynh、 タバサ(シャルロット・エレーヌ・オルレアン)にJennifer Alyx、 キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーにLauren Landa、 ギーシュ・ド・グラモンにNicholas Manelick、 デルフリンガーにKaiji Tang、 …スタッフロールに出さないようであまり分からない模様。 以下、最終第13話Louise the Void(虚無のルイズ)の最後。前回の続き。

この光は… This light means...
サイトさん! Saito!
あと少し持ってくれよ!…日蝕が終わるのか。 Come on! Hold on! Just a little longer!... The solar eclipse... it's ending.

信じらんない。あのゼロのルイズが。 I can't believe it! Louise the Zero did that?!
まだ、本国に戻れば戦力は十分… I, I still have enough power if I can just return to the mainland.
あなた! You...
この輝きと共に我が虜となれ! By the brilliance of this light, become my prisoner!
な、なにこれ… What, what is this spell?!
アンドバリの指輪… I think it's Andvari's Ring.
え、じゃあ水の精霊が盗まれたっていう…だ、誰か… You mean that thing that the Water Spirit said that was stolen... Someone help...
フフフフフ、これさえあれば何人たりとも…んが。 As long as I have this, no one can defy me... Oh!
フーケに逃げられちゃったよ。で、誰だい?この人。 I'm afraind Fouquet got away. So, who is this man I struck?

起きたか。 You're up.
クビだって言ったでしょ。 I thought I, I fired you.
オレ、この世界の字、読めねえし。 Unfortunately I can't read the writing here.
羽衣まであんなにしちゃって、どうするのよ。 And you made a mess out of that Robe too. What are you going to do?
まあ、なっちまったもんは仕方ねぇよ。 Well, I can't help things that have already happened.
バカ!アホ犬!………いいこと!これ、再契約の証だからね! Idiot! Stupid dog! ... All right? This is a sign that we have a new contract, okay?

defyは「反抗する、逆らう、無視する、挑む、食ってかかる、盾突く(Tom was bold enough to defy his boss's order and cancelled an important business trip.=トムは大胆にも上司の命令に逆らい、重要な出張をキャンセルした。)(My job was covering up losses.=I knew it was market manipulation and in violation of the Securities and Exchange Law. But I couldn't defy company orders. 私は(証券会社で)損失補填の操作をしていました。もちろん、市場操作であり証券取引法違反であることは分かってました。でも私は企業命令には逆らえませんでした。)(It defies logic.=それは論理に逆らうことだ。/それは理屈に合わない。/それは論理では理解できないぐらい素晴らしい。)、〔物事が~を〕拒む、拒否する、許さない、不可能にする、否定する、受け付けない、寄せ付けない(It defies description.=それは筆舌に尽くし難い。)」。
get awayは「逃げる、逃亡する、どろんする、免れる(You have no chance to get away. We've got you here.=もう逃げられないぞ。おまえたちは袋のねずみだ。)(Do not let him get away.=やつを逃がすな。)(Do you think you can get away with that?=そんなことして、ただで済むと思うの?)(離れる、出発する、帰宅する、退社する、目を背ける=Get away from me! あっち行け!)、〔無理やり〕取る、取り上げる、ひったくる、(持ち)去る、連れ去る、《野球》〔ボールがグラブを〕はじく、〔気晴らし・デートなどで〕遠出する、どこかに行く(Let's get away for the weekend.=週末、どこか行こうよ。)」。
make a mess out ofは「~を台無しにする」。

Cristina Valenzuelaのルイズはかなり良い感じだと思うのですがいかがでしょう。

2009年1月4日日曜日

【ディクテーション】The Familiar of Zero(ゼロの使い魔)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($34.99)、 dvdpacific($34.19)。 FUNimationより2008年11月4日リリースのThe Familiar of Zeroは第1期シリーズ第1話~第13話まで収録。 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールにCristina Valenzuela、 平賀才人にJonathan Meza、 シエスタにXanthe Huynh、 タバサ(シャルロット・エレーヌ・オルレアン)にJennifer Alyx、 キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーにLauren Landa、 ギーシュ・ド・グラモンにNicholas Manelick、 デルフリンガーにKaiji Tang、 …スタッフロールに出さないようであまり分からない模様。 以下、最終第13話Louise the Void(虚無のルイズ)のBパートより。 何回かやろうと思ったんでいきなり最後もどうかと思いましたが、 やっぱこう盛り上がる場面のほうが良いですよね!

何してんだバカ!あぶねえだろ! What are you doing, you idiot! That's dangerous!
そっちこそ!勝手なことばっか! Why do you get off being selfish and going out on your own!
勝手はどっちだよ!………来た!タバサ!離れろ!………お前、なんで。 Who is the one being selfish! ... It's coming! Tabitha, get out of here! ... Louise, why did you do this?
だって…だって…あんたが危ない目に逢ってるのに、ほっとけるわけないじゃない! Because, you're up here facing all kinds of danger, and I can't leave you alone!
ルイズ… Louise...
ガンダールヴ!今度こそ、その伝説と共に葬り去ってやろう! Gundolf! This time, for sure, I will bury you and that legend once and for all!
俺には、伝説も貴族も平民も関係ねぇ!こいつを守るだけが取り柄の、何にもねえ、ゼロの使い魔だ! Legends, nobles, and peasants, they all mean absolutely nothing to me! All I care about is protecting her, and nothing else! I'm the Familiar of Zero!
サイト…サイト…サイト…サイト!え、な、なに。 Saito... Saito... Saito... Saito! Ah, wh-what is this?
ようやく来たぜ!目覚めろ、ルイズ!ガンダールヴの主人であるおめーは、虚無の使い手だ! It's finally here! Wake up, Louise! You, the master of Gundolf... You are a user of Void!
バカ、座ってろ! Idiot! Sit down!
やっと繋がったか! Huh! She finally got herself connected!
繋がった? What does that mean?
虚無の詠唱は時間がかかる!時間を稼げ相棒!そのためのガンダールヴだ! Void magic takes a little while to cast. Buy her some time, partner! That's what Gundolf is supposed to do!
くっそう! Dammit!
これが、虚無の力、か!? This is the power of the Void?!

once and for allは「今回限りで、これっきり、きっぱりと(It's time to say goodbye to war once and for all.=いまこそ戦争にきっぱりと別れを告げるときです。)(He gave up on football once and for all, and never plans to go back to it.=彼はフットボールをきっぱりと止め、その世界に戻ろうという予定は全くない。)」。
familiarは「親友、親しい仲間[友人]、精通している[詳しい]人〔ある物事に〕、よく出入りする[訪れる]人〔ある場所に〕、雇人、用務員、用人◆カトリック教の教皇や司教の、おなじみの、精通している、よく知られている、(~に)通じている、(~の)様子を知っている、造詣が深い、心当たりがある(I thought the voice sounded familiar.=聞き覚えのある[どこかで聞いたことのある]声だと思いました。)、聞き慣れた、見慣れた、普通の、珍しくない、打ち解けた、なじんだ、親しみがある、親しい、気楽な、〈まれ〉家族(内)の、家庭(内)の」。
voidは「空間、空洞、真空、くぼみ、虚空、すき間、間隙、空隙(率)、空所、孔隙、空虚感、むなしさ、喪失感、欠けた、空の、何もない、中空の◆【類】empty、空虚な、うつろな、無効の、役立たずの(ABC's warranty shall be void if the Software is modified without ABC's prior written consent.=《使用許諾契約書》ABC 社から事前に承諾書を得ることなく本ソフトウェアを修正した場合、ABC 社の保証は無効となります。)、持ち主のない、排尿する、排便する、~を無効にする、取り消す(Failure to do so voids any warranty, stated or implied.=《マニュアル》これに従わない場合は、明示または暗示による一切の保証が無効になります。)、~を放出する、排せつする、放尿する」。

英語で見ててもなぜか釘宮病に感染しそうになるのが不思議だと思いません?

2009年1月1日木曜日

コミックマーケット75

2008年12月30日午前7時48分。朝日がまぶしい。

同7時52分。何年後でも通用しそうな写真。

同8時42分。準備完了。今回はシンプルに。しかしテーブルクロス買い替えよういい加減・・・。

というわけで。

参加イベントコミックマーケット75
サークル名おねしぺ
参加日2008年12月30日(火)[3日目]
場所東地区 イ-33a
出展物 10年経っても「ONE~輝く季節へ~」の綺麗さについて語り尽くせないことを主張する本
  • コピー誌
  • 白黒
  • A5版46ページ
  • 200円
  • 内容:
    Key作品(「ONE~輝く季節へ~」を中心に、「MOON.」からはじまり「Kanon」「AIR」「CLANNAD」「リトルバスターズ」「Rewrite」へと連なるゲームブランドKeyの作品群)の魅力を解き明かそうとする本。
  • 販売実績:
    27/26 (完売)
  • pdfデータ
英語吹替えされた北米版の日本アニメを鑑賞すると楽しいことを主張する本
  • コピー誌
  • 白黒
  • A5版60ページ
  • 200円
  • 内容:
    このブログのディクテーションコーナーを本にしてみました。
  • 販売実績:
    23/23 (完売)
  • pdfデータ
参考 C73の戦績
C72の戦績
C71の戦績
旧「永遠の会」のページ

反省文:
  • 今回は前回C73の実績が嘘のように売れました。10時台から本が売れるなんて信じられないし、12時台、13時台に売り切れなんて信じられない。これだから…
  • ONE本は、タイトル名が良かったのか、2003年8月のC64を彷彿とさせる勢いで買っていただきました。本当にありがとうございます→10時台:3冊、11時台:15冊、12時台:8冊、15時台:1冊(見本を持って行っていただきました)。
  • 英語本も、売ってる場所はKeyLeafだったにも拘わらず、なぜか堅調に掃けていきました。このページで地味に続けてきたことが多少は浸透してきたか、あるいはへぼるーそんさんに事前に紹介いただいたおかげ、かな?→10時台:3冊、11時台:7冊、12時台:9冊、13時台:4冊。
  • 反省文。各本の内容について弁明すると、そもそもこれを練る予定で確保しておいた12/21週の1週間をまるまる、風邪をこじらせてダウンしていたことがあり(全身を這う悪寒のせいで立ち上がれないという、久々の経験をしました…)、結果として9割方は前版からの流用となりました(それでも英語本は例を全面刷新しました)。具体的な考証を進める余裕は無く、今回追加更新できた内容のほとんどは、今現在の私の想いを抽象的に吐露してみせただけのモノとなりました。
  • 英語本はそれでも良いと思う。でもONE本は明らかに消化不良。反省します。それでも買っていただいた人たちのために、再挑戦の機会は作らねばならないと思っています。
  • いろいろ声をかけてくださった皆様、本当にありがとうございます。昨今の身の周りを思えばこんなことがいつまで続けられるか分からないのですが、私が私なりに納得できる結論を得るまでは続けたいと思っていますので、それまで生暖かく見守っていただけると嬉しいです。
  • そうです組版はLaTeXです(Windows版のpLaTeX)。おかげでONE本のp.45で唐突に登場させたオイラーの公式も書きやすかったです、はい。ちなみにこの数式を出したのは最近どっぷりはまった「数学ガール」の影響です、はい。
  • 金に物を言わせてとじ太くんで製本してったの、結構良かったですね。製本の手間もずいぶんと簡略化できましたし、出来上がりの見てくれも悪くないと思います。単価かかりすぎるのが難点ですが。(クリアカバーだけで1枚150円弱です実は。。まあ値段は中身をよく知っている私が決めていることですので、気にしないでください。)