[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【映画レビュー】劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~

2009年11月24日火曜日

【映画レビュー】劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~

2009年11月22日(日)、徹夜のお仕事+カラオケ放送の後に地元の109シネマズMM21のレイトショー(21時40分~23時50分)を見ました。レイトショーのくせにチケット売り切れてやがった。客層は、空の境界よりはカップルや女性が多かったかな。しかしまあ8割方、私と同年代か、それより上のオッサンなわけだけどね…。本編はちょうど2時間くらい。

評価:★★★+。シェリルスキーはぜひぜひ見れ→参考:YAHOO!映画では3.54点くらい

以下、感想メモでござる。ネタバレ御免。
  • TV版の総集編的なもの?と思ったら違いました。話もキャラの配置も大きく変えてきている。ただし話の大きな流れや場面構成は大幅にオーバーラップしていて、TV版からそのまま流用しているところについては作画がかなり残念な感じがします。あと、映画を見るとTV版が見にくい感じになる。映画の先の展開が気になっちゃうんだよね。
  • ランカってか中島愛さんの声、変わった?気のせい?かわいい感じの声になったけど、素人っぽい親しみやすさが薄れていて少し寂しい感じがしました。
  • シェリルの曲は戦闘音楽だよねえ。映画でも第7話の射手座の演出をそのまま残してくれたスタッフさん、よく分かっていらっしゃる!!ありがとう!!しかし射手座のちょい前やら、最後の盛り上がりはそれを上回りながら曲と場面がシンクロしていた気がします。熱かった!!使われた音楽は下のCDに入ってるかな。
  • ランカよかった。そう、可愛さ全壊というのか…?!ニンジーン好きには納豆の歌とかたまらんのです。渋谷かサンフランのファミマに深夜0時に行くと聞けるのかっ!…下のCDに入ってるかな。
  • しかしまあ今回の映画に限って言えば主役はシェリル、だと思います。最初のライブ映像から気合の入り方が違いますし、新設定(ほぼ同設定でも違う世界線という言い方もあり?)と絡めながら丁寧に心情描写があったのもシェリルでした。この映画で唯一、心理的に揺さぶってくる場面も、アルトがランカを庇ってシェリルを突き倒す場面でしたよね。
  • …なにゆえタイヤキ?
  • ミシェルしぶとい。
  • 最終的にはすごく安心した、と言えばいいのかな。だから満足です。三角形は安定するね。
  • 完結編は楽しみだけど、ちょっと見るのが怖い部分があります。サヨナラノツバサって、均衡崩してくるのかな。。

0 件のコメント: