[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Romeo x Juliet (ロミオ×ジュリエット)

2009年6月24日水曜日

【ディクテーション】Romeo x Juliet (ロミオ×ジュリエット)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($34.19)。 Funimationから2009年6月23日リリースのRomeo x Juliet Part 1は1幕から12幕まで収録。 ジュリエットにBrina Palencia、 ロミオにChris Burnett、 ハーマイオニにCarrie Savage、 モンタギューにSean Hennigan、 コーディリアにColleen Clinkenbeard、 キュリオにRobert McCollum、 フランシスコにEric Vale、 アントニオにMaxey Whitehead、 ティボルトにMike McFarland、 コンラッドにR Bruce Elliott、 ウィリアムにJ. Michael Tatum、 エミリアにLarissa Wolcott、 ペンヴォーリオにSean Michael Teague、 マキューシオにChristopher Bevins、 ポーシアにDana Schultes。 以下、3幕LOVE ~ CRUEL misCHiEF(恋心~残酷な悪戯~)のAパート最後のほうより。

おおそうだ兄上。 そういえばシャイロックとかいう商人が貴族の称号を欲しがってましてな。 Oh, have you heard this? A merchant named Shylock has proclaimed that he would pay handsomely if he were to come into possession of a noble crest.
父上。商人とは金でなんでも買えると思っている下品な輩ですよ。 How drole! Merchants think they can purchase anything money including the esteem of the betters.
民とは、所詮ブドウの実と同じ。 その実を狩るも潰すも、我等の自由。 ブドウ畑を支配するのは我等モンタギュー一族。 使える実は極限まで絞り取る。 Commoners are no different than grapes. We are free to decide whether or not we wish to harvest them or to crush them. We, the Montagues, are the ones who control the vineyards. And we will squeeze every last drop of nectar out of them if it pleases us.
しかし大公、貧しさにあえぐ市民たちから反乱分子も生まれつつあります。 I beg your pardon, my Prince. But if we do not take heed of the citizens suffering, then rebellion may well be the price.
搾り方が足りぬのではないか? 生きていくのに精いっぱいであれば反乱など考えぬ。 この豊潤なワインとネオ・ヴェローナに乾杯。 Perhaps you ought to tighten your grip on them. If they were forced to spend all their energy surviving, they would have none left to rebel with. Let us drink this wine, the life blood of Neo Verona, to the use of those who have vinted.(???)
遅れまして申し訳ありません。 Please pardon my tardiness.
お前も16、家督を継ぐ歳だ。 もう少し考えて行動しろ。 …どうやら我が息子は可愛らしいフィアンセとの逢瀬に余念がないようだ。 You are 16, old enough to claim your inheritance. Put a little more thought into your actions. It appears my son has been too preoccupied with engaging in trysts with his darling fiancee.

proclaimは「公表する、宣言する、宣告する、公言する、声明する、公布する、布告する、声高に[もったいをつけて]言う、~を明白に示す、~であることを明らかにする(A thousand years ago that city's walls proclaimed its power and prosperity.=千年前、その都市の外壁は、自都市の力と繁栄を誇示するものだった。)、~をほめる、~をたたえる」。
handsomelyは「〔行動などが〕立派に、〔金の使い方などが〕気前よく」。
come into possession ofは「(人)の手に入る、(人)の物になる」。
droleは「〈フランス語〉おかしな、こっけいな(He is a drole guy with bald head and big glasses.=彼ははげ頭に大きなメガネをした面白いやつだ。)」。
esteemは「尊重、尊敬、~を尊重する、重んじる、尊ぶ、尊敬する、高く評価する」。ついでにself-esteemは「自尊心、うぬぼれ、自負心、自発性(He has low self-esteem.=彼は自分を低く評価している[に自信がない])」。
vineyardは「〔ワイン醸造用の〕ブドウ園【@】ビニァド、ビニヤード」。
squeeze ~ out ofは「…から~を奪い取る、…から~を搾り取る」。
nectarは「果汁、おいしい飲み物、花みつ」。
heedは「注意、気を付ける、注意する、~に気を付ける、~を気に掛ける、注意を払う、~を心に留める、留意する、傾聴する、聞き入れる」。
take heed ofは「~に留意する」。
may wellは「~するのもわかる[理解できる・もっともだ](You may well ask if such a rule is really necessary.=そんな規則、本当に必要なのかとたずねる気持ちもわかる。)(Well may you call him mama's boy.=君が彼をマザコンと呼ぶのは実に理解できるよ。◆倒置することもある)、《推量・可能性》多分~だろう(The experience of ageing may well be different for men and women.=歳を取る思いは男女で異なるものかもしれない。)(He may well have come to the erroneous conclusion.=彼が誤った結論に達した可能性はある。)」。
tightenは「堅く締まる、ピンと張る、(経済的な)余裕がなくなる、〔人・規則・制限などが〕厳しく[きつく]なる、~を堅く締める、しっかり締める、締め付ける、動かないようにする、〔緩みが出ないように〕張る、~に(経済的な)余裕をなくさせる、〔規則・制限などを〕厳しく[きつく]する」。
tighten one's grip onは「~を固く握り締める、~に対する支配力を強める」。
drink toは「~を祝って乾杯する(I'll drink to that.=同感!/賛成!/いいですね。/全くその通り。/あなたのおっしゃる通りです。/それはいいね!)」。
life bloodは「活力のもと」。
tardinessは「遅延、遅刻」。
preoccupyは「~を夢中にする、~の心を奪う、~に偏見を抱かせる、~を先取りする」。
preoccupiedは「夢中になった、没頭している、気をとられている、頭がいっぱいで、先取りされた、すでに占有されている、先約の、すでに使われている」。
preoccupied withは「《be ~》~に気を取られている、~のことで頭がいっぱい、~ばかり考えている、~(という考え方)に取りつかれている、~に没頭している、~に夢中になっている、~に終始する(Bob seems to be entirely preoccupied with the idea of making money.=ボブには金もうけのことしか頭にないようだ。/ボブは金もうけのことばかり考えているみたいだ。)」。
engageは「約束する、保証する、従事する、携わる、関与する、〔悪事に〕手を染める、交戦する、〔歯車などが〕係合する、かみ合う、連動する、~を拘束する、忙しくさせる、~に従事させる◆【用法】be engaged in のパターンが最も多い、~を契約[約束]で束縛する、婚約させる、保証する、誓う、約束する、雇う◆hire の改まった言い方で、特別の仕事のために1回だけ人を雇う意味で使われる。特に他の人にできない専門的な仕事の場合に用いることが多い。、~を交戦させる、〔人の注意・関心などを〕引く、〔歯車・接合部などを〕かみ合わせる、はめ込む(After closing the cover and pressing the button, a lock will be engaged to secure the cover during the entire process.=《マニュアル》カバーを閉じて、このボタンを押すと、カバーがロックされ、処理中は開かないようになります。)」。
engage inは「~に従事する、~に携わる」。
trystは「〔場所と時刻を指定した〕会合の約束、〔恋人同士の〕逢い引き(の場所)」。
fianceeは「〔男性から見た女性の〕フィアンセ、婚約者」。ついでにfianceは「〔女性から見た男性の〕フィアンセ、婚約者」。

今回はモンタギュー大公の言葉「この豊潤なワインとネオ・ヴェローナに乾杯。」が聞き取れず。リンテッド、みたいに聞こえるんだけどなあ。。あとは、あまり見ない仮定法(were to)を使っている部分、ありえない感を出しているのでしょうね。

ところでこのアニメ、展開はお約束ですが、丁寧に作ってあるし、絵も綺麗でジュリエットは可愛いし、悪くないと思います。英語音声化も悪くない。最初違和感のあったJulietの演じ分けも聞いているうちに段々慣れます。それもあるけどCarrie Savageがんばれ!

0 件のコメント: