[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Kanon(カノン) (10)

2009年5月18日月曜日

【ディクテーション】Kanon(カノン) (10)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific($39.89)。 FUNimationより2009年4月28日DVD-BOXリリースのKanonディクテーション。 月宮あゆにBrittney Karbowski、相沢祐一にChris Patton、水瀬名雪にJessica Boone、美坂栞にMaggie Flecknoe、川澄舞にMelissa Davis、沢渡真琴にTiffany Terrell、美坂香里にCaitlin Glass、天野美汐にColleen Clinkenbeard、北川潤にGreg Ayres、水瀬秋子にJoanne Bonasso、倉田佐祐理にNatalie Arneson、相沢祐一(幼少期)にShannon Emerick、久瀬にJay Hickman。 以下、第18話The Disappearing Adagio(消え去りゆく緩徐楽章(アダージォ)~adagio~)の最後。前回の続きです。

まだ、帰らなくていいのか? Are you sure you shouldn't be going home?
はい、今日は遅くなるって言ってありますから。 Yeah, I told everybody I would be out late tonight. So I won't get in trouble.
降ってきたな。 Look. It's snowing.
祐一さん。 Can I ask you something?
ん? Hmm?
手をつないでもらえませんか? What do you think about holding hands with me?
え? What?
あ、いえ…あ。 Oh, um... Ah.

少しだけ疲れました。 I'm starting to get a little bit tired.
そうだな。俺があちこちひっぱりまわしたからな。 I bet you are. I dragged you all over the place today, huh?
モグラたたき、上手になりましたよね。 I've gotten a whole lot better at the Whack-A-Mole game though.
ああ、才能あるぞ。 Yeah, you got a little gift.
私、祐一さんにはどんなにお礼を言っていいか分かりません。 I think this might be my best birthday ever, Yuichi. I don't know how to thank you enough.
たいしたことしてないさ。 I didn't do anything much.
祐一さんは強い人ですね。 You know, you are a pretty strong person, Yuichi.
強いのは栞のほうだ。 No, you're the strong one here, Shiori.
そんなことないですよ。私、自分の手首を切ったことあるんです。 祐一さんと最初に出会った日の夜、カッターナイフで。 I tried to slit my wrist once, with a box cutter. It was the night I first met you. It was the first day everyone was back at school after winter break. I remember it well.
三学期の始業式の日でした。 自分の部屋からお姉ちゃんを見送って、 その後私も部屋を出ました。 普段はほとんど使うことのなかった、このストールを羽織って。 このストール、お姉ちゃんからもらったものなんです。 ちょうど一年前、プレゼントをせがんだ私に一日早く渡してくれたんです。 I watched Kaori leave through bedroom window. Once she was all the way down the street, I decided to leave the house, too. I put this shawl on, even though I hardly ever wore it. Kaori gave it to me as a gift long time ago. It was the last present she gave me. Now that I think about it, She gave this shawl to me exactly one year ago today. I had wanted to open it early. I kept begging her to give me my present and so she finally let me open it a day before my birthday.
コンビニでカッターナイフを買って、 必要もないのに、他にも色々な物を買って、 最後の雪景色を楽しみながら、家に帰る途中、 祐一さんとあゆさんに出会ったんです。 あの夜のこと、私覚えています。 電気の消えた自分の部屋で、 たった一人で、何も聞こえなくて、 何も見えなくて、何も考えられなくて、 この世界に一人だけ取り残されたような感覚。 自分だけが場違いな場所に迷い込んでしまったような。 Anyway after I saw Kaori leave, I went to the convenient store, and bought a box cutter and a bunch of other stuff. And then I made my way home, trying to enjoy what I though would be my last snowy day. And that's when I ran into you and Ayu. I remember it so clearly. Sitting in my room with the lights off, I was all alone in the darkness. It was so quiet. I couldn't hear anything, see anything, or think about anything. I felt like I had been left all alone in this world. Like somehow I wandered off, found myself in a lonely place where I didn't belong.
そのとき、ふと笑い声が聞こえたような気がして。 それは、昼間出会ったあの人たちの声で、 あの笑顔を、あの楽しそうな声を思い出して、 今の自分がどうしようもなくみじめに思えて、 ホントに久しぶりに笑って、 次の誕生日まで生きられないって、 お姉ちゃんに教えられた時にも流さなかった、涙が流れて、 笑って出たはずの涙が止まらなくて、 自分が悲しくて泣いてることに気づいて、 そして… That's when I heard something. It was the people I had met afternoon. Laughing... I remember their smiles and their happy voices. And it made me realize how pathetic I was for trying to quit. And I started to laugh all by myself right there. I hadn't laughed that hard in ages. And I cried the tears I hadn't cried before when Kaori told me I wouldn't live to see my next birthday. The tears were supposed to be from laughing, but they just wouldn't stop. They just kept coming. I finally realized that I was crying from sadness after having held it in so long.
…ひとしきり笑ったら、もう切れなくなってました。 もしかしたら、これが奇跡だったのかもしれませんね。 And then, after I was done, I realized that I didn't want at all to end. I think maybe it was a miracle meeting you and Ayu that day.
それは栞の強さだ。 That story just shows how strong you are.
私は弱い人間です。 他人にすがらないと生きていけない、 弱い人間なんです。 No. Really I'm a weak person. A weak person who needs to depends on others to live. That's the truth about me.
それでいいじゃないか! 誰だって人にすがらないと生きていけないんだから。 起きる可能性があるから、奇跡って言うんだ。 What's wrong with that? Everyone needs somebody they could depend on. I think it's called a miracle because there's a chance that something good can happen.
そうかもしれませんね。 You may be right about that, Yuichi.
俺と約束してくれるか? Can you promise me something?
約束、ですか? What do you want me to promise?
もし奇跡が起きたら、学食で昼飯奢りな。 That if a miracle occurs, you've gotta treat me to lunch at the cafeteria, okay?
分かりました。約束します。 祐一さん、今日は楽しかったです。 All right, Yuichi. You have my word. I want you to know how much fun I had with you today.
俺も楽しかった。 So did I, Shiori.
あの喫茶店、もう一度一緒に行きたいです。 I'd like to go to that coffee shop with you again sometime.
ああ。 Yeah.
それから、商店街を一緒に歩きたいです。 And that's not all. I'd like to walk the shopping district again too.
ああ。 Yeah.
今日、学校で新しいお友達が出来たんです。 今度一緒に遊びに行こうって誘ってくれたんです。 And did I tell you that I made a new friend at school in fourth period? She is really nice and she invited me to hang out with her sometime next week after school.
良かったじゃないか。 I'm really glad to hear that.
行きたい場所、やりたいこと、まだ沢山あるのに…私、たぶん死にたくないです。 本当はこんな風に誰かと仲良くなってはいけなかったのかもしれません。 It seems like there are still so many things to do, so many places I wanted to see. I don't... I don't want to die, Yuichi. I wonder if... if maybe I shouldn't have tried to get close to someone over the past few weeks, you know.
そうかな? You don't think so?
だって、その人にお姉ちゃんみたいな想いをさせるだけですから。 Because I don't want to make this person feel the same way my sister felt about me.
俺は栞と会えて、良かったと思ってるぞ。 Let's get something strait, Shiori. I'm never gonna feel sorry that I met you.
ホントですか? You really mean that?
本当だ。嘘じゃない。 Yeah, really. It's the truth.
私、笑っていられましたか? ずっとずっと、笑っていることができましたか? Was I able to smile most of the time? Tell me Yuichi. Was I able to smile no matter what was going on?
ああ、大丈夫だ。 Yeah, you did good.
良かった。もうすぐですね。 I'm glad. It's almost time.
ああ。 Yeah.
12時になったら、私もやっと16歳です。 When the big hand makes it to twelve, I'm officially going to be sixteen years old.
そうだな。…誕生日、おめでとう、栞。 That's right. Looks like it's time for your birthday present, Shiori.
開けていいですか? Shall I open it now?
ああ。 Yeah.
あ! Wow!
じゃんじゃん使ってくれ。 Go nuts with that, okay?
はい!ありがとうございます。大切にします。 'kay! Thank you so much, Yuichi. I'll treasure it always.
ああ。 Shiori.
祐一さん………私、温かい買い物買ってきます。 祐一さんはここに居てください。 Hey, Yuichi... I think I'm gonna need something warm to drink. Just wait here, okay, Yuichi?
ああ。………ん、遅いな。はっ!………ハッピーバースデー、栞。 She's taking forever. ... Happy sweet sixteen, Shiori.

whole lotは「《a ~》全部、一切合切、片っ端から(There's [There is] not a whole lot I can do.=私にできることはほとんどない)(There is not a whole lot I can do when a hurricane hits. I just find a safe place to hide.=ハリケーンが来たら、私にできることはほとんどないわ。ただ安全に非難できる場所を探すくらいよ。)、《a ~》非常に、かなり、ずっと、大いに(The pizza chain delivers a pie a whole lot faster than others=そのピザチェーンはどこよりもかなり早くピザを届ける)」。
whackは「強打、〈擬音語〉バシッ、ピシッ、分け合うこと、山分け、分け前、分配、試み◆【同】attempt、〈米俗〉状態、~を強く[激しく]打つ、強打する、ぶったたく、杖などで強く打つ(He slipped and whacked his head on my coffee table.=彼は滑って私のコーヒー・テーブルで頭を打った。)、~を打ち負かす、負かす、~を分け合う、山分けする、分配する、~を素早く[サッと]置く[入れる]、〔牛を〕追う、〈俗〉殺す、殺る、ばらす」。
whack-a-moleは「もぐらたたきゲーム◆台の上に開けられたいくつかの穴からアットランダムに頭を出してはひっこめるもぐらをハンマーのようなものでたたくゲーム。Whack-A-Mole と表記されることもある。(I like to play whack-a-mole (game).=私はもぐらたたきゲームが好きです。)(I went to an arcade and played whack-a-mole for one hour.=私はゲームセンターに行って、もぐらたたきゲームを1時間しました。)」。
slitは「(衣服の)スリット、すき間、細長い孔、細長い切口、~を細長く切る[破る]」。
slit one's wristは「手首を切る、リストカットする」。
shawlは「ショール、肩掛け、~にショールを掛ける」。
run intoは「偶然[ひょっこり・ばったり・思いがけなく・偶発的に]~に出会う、~に出くわす[遭遇する]、~と鉢合わせする(I was hoping I'd run into you.)(If I run into Bob I'll kick him in the balls.=ボブに会ったらキンタマけってやる。)(Nice running into you after all this time.=久しぶりにばったり出会えてうれしい。)、~の中に走ってはいる、~に駆け込む、~に突入する、~に衝突する、~にぶち当たる、~にぶつかる、~にぶつける、~に衝突させる、~に刺す、~に刺さる、突き刺される、~に溶け込む、流し込む、流れ込む、混ざる、混ざり合う、~の中に通す、~の中まで乗せて行く、~に陥る、~に陥らせる、~に達する、~に至る、合計~になる、~に続く、続いて~になる、~の状態にする(We're gonna run into overtime because of this.)、〔考えなどが〕(人)にサッとひらめく、~に合体する、~と合併する、ちょっと立ち寄る、《ゴルフ》〔芝が〕逆目である」。
wander offは「~からそれる、~から外れる、迷子になる(We have to locate an Alzheimer's patient who have wandered off.=迷子になったアルツハイマー病の患者を探し出さなければならない。)(She likes to sit in front of her computer and wander off into cyberspace=彼女は自分のコンピューターの前に座って、サイバースペースへさまよい出るのが好きだ。)」。
patheticは「痛ましい、哀れな、哀れを誘う、(惨め過ぎて)見ていられない、感傷的な(She's pathetic. Is she really my daughter?=あの子ったら情けないわ。ほんとに私の娘なのかしら。)、〈話〉〔哀れなほど〕不十分な、不満足な」。
in agesは「長い間、長期間、久しぶりに(Yesterday was the first time I have been to the movies in ages.=昨日、久しぶりに映画を見に行った。)(I haven't seen you in ages.=なんて久しぶりなんでしょう。/ずいぶん長いことお会いしてませんね。◆あいさつ)。
treat someone toは「(人)に~をおごる[奮発する]」。
You have my word.は「約束するよ。/私が請け合います。/私が保証するよ。」。
get ~ straightは「~をはっきりさせる、~をしっかり頭にたたき込む、~をちゃんとした形にする、整理する、~を正しく[ちゃんと・明確に]理解する[把握する](Let's get this straight=このことをはっきりさせておこう。)(Let me get this straight with you.=断っておくが。)(Let's get something straight=言っておくが。)」。
big handは「長針」。
take foreverは「大変な時間がかかる、いつまでも続く(You guys are taking forever to finish.=おまえたちに任せておくと、いつまでたっても終わらない。)(It would take forever.=それはいつまでたっても終わらないだろう。)」。

栞のセリフ、どうしても一か所聞き取れず。「モグラたたき、上手になりましたよね。」の部分。gotten xxxと言っているはずだけどkind of for whatみたいにも聞こえる。あー気になる気になる。


2009/5/21追記:``have gotten a whole lot better at''が正解した。コメント大感謝!またひとつ勉強になりました。

2 件のコメント:

まとめwiki さんのコメント...

I've gotten xxx better は、I've gotten a whole lot better では無いかと思います。

おねしぺ さんのコメント...

まとめwikiさん、
コメントありがとうございます!何に感動したって、このブログを見てくれている人がいたことに!あまつさえコメントまでいただけたことに!(ぉ
確認したところ確かにそのように発音されいましたので、本文を修正しました。うーん、こんな単純な単語がなんで聞き取れないんだろうか>自分^^;