[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】The Third: The Girl with the Blue Eye (ザ・サード ~蒼い瞳の少女~) (3)

2009年2月7日土曜日

【ディクテーション】The Third: The Girl with the Blue Eye (ザ・サード ~蒼い瞳の少女~) (3)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($79.99)、 dvdpacific。 Right Stufより 2007年7月31日(1巻)、2007年9月25日(2巻)、2007年11月27日(3巻)、2008年1月29日(4巻)、 2008年3月25日(5巻)、2008年5月27日(6巻)リリースのThe Third: The Girl with the Blue Eye。 火乃香にAnna Morrow、 イクスにSteve Cannon、 ボギーにJames Lyon、 ナレーターにMichael Alston Baley、 パイフウにCarol Jacobanis、 ミリィにAngora Deb、 浄眼機にPatrick Seitz、 フィラ・マリークにAlison James、 STW-9000 "蒼い殺戮者"(ブルーブレイカー)にLiam O'Brien、 ノル爺にWilliam Frederick、 ローナ・ファウナにRachael Lillis、 ジョーイにSam Regal、 ケヴィンにBill Rogers、 ラザリ/妖精にMichele Knotz。 以下、第14話Fairy Visions(妖精幻視)のAパートより。

前はね、砂漠の夕日ってあんまり好きじゃなかったの。 Back when I was really little, I never used to like desert sunsets.
どうして? Why not?
お父さんが仕事始める合図だから。 夜になるとね、いろんな人が来て仕事になるでしょ? それで、私ひとりになるから。 It meant my father would have to start working soon. When night fell, all sorts of people would show up and he would have to go to work. After that, I would be left all by myself.
アレだよね、ミリィ、その、パイフウ先生にも見せてあげたかったよね、今の夕日。 Hey, you know what I was just thinking? Your teacher. I bet that Paife would have loved this sunset. Shame she isn't here.
うん!パイフウ先生、一緒に来たかったみたい。ほっぺたプゥーってなってた。 Um, I have a feeling she really wanted to come with us. When I told her, she got pouty like this.
よくわかるね。結構アレじゃん?先生無表情だから。 I'm surprised to hear that. 'Cause I mean her face, it's usually expressionless.
最初はね、ちょっと怖かった。 To tell the truth, she used to scare me a little.
あ、やっぱり? Ha-ha! I knew it!

ハクション!ああ、なんだ風邪か? Achoo! Ugh, did I catch a cold? Oh, man.

でもね、ずいぶん感じ変わって…そうそう、この前長くお休みしたことあってね。その後、特に。 But I think she's changed quite a bit. Oh, yeah, remember when she took that long break a while back, she's really changed since then.

なにやってんのかね、今頃。 What are they doing right now, I wonder.

何かあったときすぐに刀が抜けるよう、火乃香はミリィと手を繋いでは歩かない。 ミリィもそれは分かっていた。 手を繋がずとも二人の気持ちは結ばれている、互いにそれを信じていた。これまでは。 些細な言葉でミリィの心は大きく揺れる。 気ままな、いや、本当は気ままさを装っているだけのこの旅の中、 火乃香は薄氷を踏むような思いでミリィと接していた。 いっそ正面からミリィに訊ねよう、火乃香の心は傾き始めていた。 So that she might draw her sword at a moment's notice, Honoka and Millie do not walk hand-in-hand. The young girl understood this. Even without holding hands, the two were one at heart. That is what they both believed. But it would not stay this way. Though it seemed like a lighthearted trip, in truth, they only pretended to be carefree as they traveled. Even simple conversation brought great turmoil to Millie's heart. And at any given moment with the girl, Honoka felt as though she would tread in on the finest of the ice. She would have to face Millie and ask her directly, once and for all. Honoka's heart trembled at the thought.

night fallsは「日が暮れる」。
poutは「ふくれっ面、不機嫌、大頭の魚、《魚》ビブ、唇を突き出す、口をとがらす、ふくれっ面をする、むっつりする、すねる、〔唇を〕突き出す」。
poutyは「口をとがらせた[突き出した]、〔唇が〕ぽってりした、膨れっ面の、すねた、ふてくされた」。
get poutyは「むくれる(Oh, don't get all pouty.=膨れるなよ。)」。
at a moment's noticeは「直ちに、即座に」。
hand-in-handは「手に手を取った、手に手を取って、手を携えて」。
lightheartedは「快活な、陽気な、楽天的な、気軽な、気楽な、のんきな、何の苦労もない、愉快な、屈託のない」。
in truthは「〈文〉実のところ、実際(には)」。
carefreeは「心配のない、気苦労のない、のんきな、のほほんとした、のんびりした、気ままな、気楽な能天気な、屈託のない、楽しい、《be ~》ぬくぬくとしている、屈託がない、心に煩いがない」。
turmoilは「騒動、混乱、不安、騒ぎ、動揺(The government's inability to manage inflation will lead to social turmoil.=政府がインフレ抑制に失敗すれば社会不安を招くだろう。)」。
at any given momentは「いつなんどきでも、いかなる瞬間でも」。
treadは「足音、歩くさま、足取り、踏み台、段板、踏板、階段の段、踏み面、靴底の凹凸、タイヤの溝形、接地面、滑り止めのトレッド、トレッド、輪距◆自動車の右ホイールの中心部から左ホイールの中心部までの距離、踏む、歩く、~を歩く、歩いて行く、踏む、踏みつける、踏みつぶす、踏みにじる、踏んで通る、踏んで道を作る、~を圧伏する、〔ダンスのステップを〕踏む◆古い言い方」。
tread inは「〔ぬかるみなどに〕踏み込む、〔物を〕~の中へ踏み入れる」。
trembleは「(体が)震える、身震いする、おののく、恐れる、わななく、震動する、揺れ動く、そよぐ」。

参考:1:09:30あたり

ミリィかわいいよミリィ。

0 件のコメント: