[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】The Familiar of Zero(ゼロの使い魔)

2009年1月4日日曜日

【ディクテーション】The Familiar of Zero(ゼロの使い魔)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($34.99)、 dvdpacific($34.19)。 FUNimationより2008年11月4日リリースのThe Familiar of Zeroは第1期シリーズ第1話~第13話まで収録。 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールにCristina Valenzuela、 平賀才人にJonathan Meza、 シエスタにXanthe Huynh、 タバサ(シャルロット・エレーヌ・オルレアン)にJennifer Alyx、 キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーにLauren Landa、 ギーシュ・ド・グラモンにNicholas Manelick、 デルフリンガーにKaiji Tang、 …スタッフロールに出さないようであまり分からない模様。 以下、最終第13話Louise the Void(虚無のルイズ)のBパートより。 何回かやろうと思ったんでいきなり最後もどうかと思いましたが、 やっぱこう盛り上がる場面のほうが良いですよね!

何してんだバカ!あぶねえだろ! What are you doing, you idiot! That's dangerous!
そっちこそ!勝手なことばっか! Why do you get off being selfish and going out on your own!
勝手はどっちだよ!………来た!タバサ!離れろ!………お前、なんで。 Who is the one being selfish! ... It's coming! Tabitha, get out of here! ... Louise, why did you do this?
だって…だって…あんたが危ない目に逢ってるのに、ほっとけるわけないじゃない! Because, you're up here facing all kinds of danger, and I can't leave you alone!
ルイズ… Louise...
ガンダールヴ!今度こそ、その伝説と共に葬り去ってやろう! Gundolf! This time, for sure, I will bury you and that legend once and for all!
俺には、伝説も貴族も平民も関係ねぇ!こいつを守るだけが取り柄の、何にもねえ、ゼロの使い魔だ! Legends, nobles, and peasants, they all mean absolutely nothing to me! All I care about is protecting her, and nothing else! I'm the Familiar of Zero!
サイト…サイト…サイト…サイト!え、な、なに。 Saito... Saito... Saito... Saito! Ah, wh-what is this?
ようやく来たぜ!目覚めろ、ルイズ!ガンダールヴの主人であるおめーは、虚無の使い手だ! It's finally here! Wake up, Louise! You, the master of Gundolf... You are a user of Void!
バカ、座ってろ! Idiot! Sit down!
やっと繋がったか! Huh! She finally got herself connected!
繋がった? What does that mean?
虚無の詠唱は時間がかかる!時間を稼げ相棒!そのためのガンダールヴだ! Void magic takes a little while to cast. Buy her some time, partner! That's what Gundolf is supposed to do!
くっそう! Dammit!
これが、虚無の力、か!? This is the power of the Void?!

once and for allは「今回限りで、これっきり、きっぱりと(It's time to say goodbye to war once and for all.=いまこそ戦争にきっぱりと別れを告げるときです。)(He gave up on football once and for all, and never plans to go back to it.=彼はフットボールをきっぱりと止め、その世界に戻ろうという予定は全くない。)」。
familiarは「親友、親しい仲間[友人]、精通している[詳しい]人〔ある物事に〕、よく出入りする[訪れる]人〔ある場所に〕、雇人、用務員、用人◆カトリック教の教皇や司教の、おなじみの、精通している、よく知られている、(~に)通じている、(~の)様子を知っている、造詣が深い、心当たりがある(I thought the voice sounded familiar.=聞き覚えのある[どこかで聞いたことのある]声だと思いました。)、聞き慣れた、見慣れた、普通の、珍しくない、打ち解けた、なじんだ、親しみがある、親しい、気楽な、〈まれ〉家族(内)の、家庭(内)の」。
voidは「空間、空洞、真空、くぼみ、虚空、すき間、間隙、空隙(率)、空所、孔隙、空虚感、むなしさ、喪失感、欠けた、空の、何もない、中空の◆【類】empty、空虚な、うつろな、無効の、役立たずの(ABC's warranty shall be void if the Software is modified without ABC's prior written consent.=《使用許諾契約書》ABC 社から事前に承諾書を得ることなく本ソフトウェアを修正した場合、ABC 社の保証は無効となります。)、持ち主のない、排尿する、排便する、~を無効にする、取り消す(Failure to do so voids any warranty, stated or implied.=《マニュアル》これに従わない場合は、明示または暗示による一切の保証が無効になります。)、~を放出する、排せつする、放尿する」。

英語で見ててもなぜか釘宮病に感染しそうになるのが不思議だと思いません?

0 件のコメント: