[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】The Familiar of Zero(ゼロの使い魔) (2)

2009年1月6日火曜日

【ディクテーション】The Familiar of Zero(ゼロの使い魔) (2)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($34.99)、 dvdpacific($34.19)。 FUNimationより2008年11月4日リリースのThe Familiar of Zeroは第1期シリーズ第1話~第13話まで収録です。 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールにCristina Valenzuela、 平賀才人にJonathan Meza、 シエスタにXanthe Huynh、 タバサ(シャルロット・エレーヌ・オルレアン)にJennifer Alyx、 キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーにLauren Landa、 ギーシュ・ド・グラモンにNicholas Manelick、 デルフリンガーにKaiji Tang、 …スタッフロールに出さないようであまり分からない模様。 以下、最終第13話Louise the Void(虚無のルイズ)の最後。前回の続き。

この光は… This light means...
サイトさん! Saito!
あと少し持ってくれよ!…日蝕が終わるのか。 Come on! Hold on! Just a little longer!... The solar eclipse... it's ending.

信じらんない。あのゼロのルイズが。 I can't believe it! Louise the Zero did that?!
まだ、本国に戻れば戦力は十分… I, I still have enough power if I can just return to the mainland.
あなた! You...
この輝きと共に我が虜となれ! By the brilliance of this light, become my prisoner!
な、なにこれ… What, what is this spell?!
アンドバリの指輪… I think it's Andvari's Ring.
え、じゃあ水の精霊が盗まれたっていう…だ、誰か… You mean that thing that the Water Spirit said that was stolen... Someone help...
フフフフフ、これさえあれば何人たりとも…んが。 As long as I have this, no one can defy me... Oh!
フーケに逃げられちゃったよ。で、誰だい?この人。 I'm afraind Fouquet got away. So, who is this man I struck?

起きたか。 You're up.
クビだって言ったでしょ。 I thought I, I fired you.
オレ、この世界の字、読めねえし。 Unfortunately I can't read the writing here.
羽衣まであんなにしちゃって、どうするのよ。 And you made a mess out of that Robe too. What are you going to do?
まあ、なっちまったもんは仕方ねぇよ。 Well, I can't help things that have already happened.
バカ!アホ犬!………いいこと!これ、再契約の証だからね! Idiot! Stupid dog! ... All right? This is a sign that we have a new contract, okay?

defyは「反抗する、逆らう、無視する、挑む、食ってかかる、盾突く(Tom was bold enough to defy his boss's order and cancelled an important business trip.=トムは大胆にも上司の命令に逆らい、重要な出張をキャンセルした。)(My job was covering up losses.=I knew it was market manipulation and in violation of the Securities and Exchange Law. But I couldn't defy company orders. 私は(証券会社で)損失補填の操作をしていました。もちろん、市場操作であり証券取引法違反であることは分かってました。でも私は企業命令には逆らえませんでした。)(It defies logic.=それは論理に逆らうことだ。/それは理屈に合わない。/それは論理では理解できないぐらい素晴らしい。)、〔物事が~を〕拒む、拒否する、許さない、不可能にする、否定する、受け付けない、寄せ付けない(It defies description.=それは筆舌に尽くし難い。)」。
get awayは「逃げる、逃亡する、どろんする、免れる(You have no chance to get away. We've got you here.=もう逃げられないぞ。おまえたちは袋のねずみだ。)(Do not let him get away.=やつを逃がすな。)(Do you think you can get away with that?=そんなことして、ただで済むと思うの?)(離れる、出発する、帰宅する、退社する、目を背ける=Get away from me! あっち行け!)、〔無理やり〕取る、取り上げる、ひったくる、(持ち)去る、連れ去る、《野球》〔ボールがグラブを〕はじく、〔気晴らし・デートなどで〕遠出する、どこかに行く(Let's get away for the weekend.=週末、どこか行こうよ。)」。
make a mess out ofは「~を台無しにする」。

Cristina Valenzuelaのルイズはかなり良い感じだと思うのですがいかがでしょう。

0 件のコメント: