[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 11月 2008

2008年11月29日土曜日

空の境界祭りがまたはじまるよ!(2)

2008年11月29日(土)7時57分@テアトル新宿。2008年4月26日(土)の続き。 目的は12月20日公開の「劇場版 空の境界 第六章 忘却録音」オリジナルB2ポスター(とオマケの前売り特別鑑賞券)(2008/11/11参照)。前回より1時間も早いのは近所迷惑を考えてかな?

向いの花園神社、今日は大酉祭の本祭だって。 てな具合に微妙な寒さの中を並び続けて8時30分過ぎくらいには無事購入。 今回もそれほど並んでいなくて売り切れる気配はなかったです。

今日の戦利品=一枚900円ナリ。私も藤村歩の男らしい鮮花が大好きです。 ちなみに本番は12月13日(土)10:00です(2008/11/28参照)…どうせまた敗北でしょうが。転売屋に目をつけられてなかった第一章はあんなに余裕だったのになあ。

2008年11月24日月曜日

【ディクテーション】Lunar Legend Tsukihime(真月譚 月姫) (6)

ANNmania.com(C)、 rightstuf、 dvdpacific。 昨日の続き。 アルクェイド・ブリュンスタッドにMichelle Ruff、 遠野志貴にSteve Cannon、 シエルにWendee Lee、 遠野秋葉にJulie Ann Taylor、 翡翠にKate Davis、 琥珀にLeah Allen、 弓塚さつきにCarrie Savage、 乾有彦にDavid Lelyveld、 蒼崎青子にMia Bradly、 ネロ・カオスにTaylor Henry、 ミハイル・ロア・バルダムヨォンにTodd Crump、 遠野槙久にMichael McConnohie。 以下、第3話Garden of a Cradle(揺籠の庭)のBパート最初より。

あなたたちも今日はお座りなさい。 Thanks to both of you. Please have a seat.
はい。 Yes, Ma'am.
お帰りなさい、兄さん。 Welcome home again, big brother.
お帰りなさい、志貴さま。 Welcome back home, Master Shiki.
ただいま。 It's good to be back.

うまい。 Delicious!
琥珀の料理の腕は一流ですからね。 Yes, Kohaku is an excellent chef. We are fortunate to have her.
リクエストがあったらなんでもおっしゃってください。 If you are ever in the the mood for something special, you only need to tell me.
ああ。 Thanks. I will.
私はお料理ですけど、翡翠ちゃんは洗濯やお掃除が得意なんですよ。 It's true I am good at cooking. But Hisui, what she is really good at is laundry and cleaning.
へえ、双子なのに全然違うんだ。 Huh, even though you two are twins, you are completely different.
そうですね。 Yes, that's right.
翡翠はとても几帳面な子ですから。兄さんのような人にはうってつけでしょう。 And Hisui has a very methodical personality. That's why she is the perfect match up for a young man like you.
そうだな。 You could be right.
それに兄さんは昔、翡翠とよく遊んでいましたしね。 Besides, a long time ago, the two of you used to be playmates together.
えっ? Ah?
お忘れですか?私たちは子供のころからこのお家でお世話になっているのですよ。 Have you forgotten? We've been under the care of this family ever since we were very young children.
…あれ、男の子もいたような。 Ah?! Wasn't there a boy with us, too?
さあ。あなたたち、知っている? Well, do either of you know about that?
いいえ。 No, Miss.
おかしいなあ。確かに… That's weird. I'm sure...
昔はよく、お客様がいらしていたので、どなたかと勘違いなさったのでは? We used to entertain guests all the time. I'm sure you remember that. Maybe you mistook him for someone else.
そう、かな。 Yeah, you think so?

fortunate toは「《be ~》運良く~する、~することができてついている(I'm fortunate to have married a very nice person.)(I feel very fortunate to have you by my side.)(I feel very fortunate to have recorded that song.)(I was very fortunate to have some great talent.)」。
in the mood forは「《be ~》~したい気分である、~する気になって(I don't suppose you're in the mood for a little motherly advice.=母親の説教なんて聞きたくないよね。)(I'm not in the mood for a party.=パーティをしたい気分じゃないんだ。)、《be ~》~を食べたい気分だ(I'm not in the mood for meat.=なんか肉っていう気分じゃないんだよね。)(If you're in the mood for chinese, I know a good restaurant.=中華料理を食べたいんなら、いい店を知ってるよ。)」。
methodicalは「整然とした、きちょうめんな、秩序だった、入念な(This book explains how to manage the various components of your entire system in a methodical fashion.=この本はシステム全体を構成するさまざまな要素を秩序だった[整然とした]方法[やり方]で管理する方法を説明しています。)」。
match upは「うまく調和させる、よく調和する、マッチする、組み合わせること、比較、対戦」。
playmateは「遊び友達、遊び仲間(Children are likely to consider the animals as playmates as opposed to mere pets.=子供たちは犬を単なるペットではなく、遊び相手と考えているようです。)」。
under the care ofは「~の世話[厄介]になって、~の保護の下に」。
mistake A for Bは「A を B と間違える[取り違える](mistake marginal trends for the mainstream of thought=思考の傍流を主流と取り違える)(mistake someone's symptoms for=(人)の症状を~と間違える)」。

methodicalで思ったけどmethodって会話の中ではなんとなくわざとらしく響くので使わない。

続き。


あ、どうされました?志貴さま。 What is it you need, Master Shiki?
のどが渇いて。 Oh, I'm just thirsty.
翡翠ちゃんに頼めばよろしいのに。 You could ask Hisui to bring you something.
これくらい自分でやるよ。あのさ。 I can do this much for myself. Hey, look.
なんでしょう志貴さま。 Is something wrong, Master Shiki?
その呼び方、止めてくれない? Can you please not call me that?
はぁ。 But why?
どうにもしっくり来なくて。 It just makes me uncomfortable.
分かりました。では志貴さんでよろしいですか? I understand. What if I call you Mr. Shiki?
十分だよ。翡翠さんにも言ったんだけど。 Yeah, I like that better. I asked Hisui if she'd do it too. But well...
翡翠ちゃんは頑固ですから。でも秋葉さま、嬉しそうでしたね。 My sister can be a little stubborn sometimes. Miss Akiha really looked happy tonight, don't you think?
嬉しい? You think so?
ええ。あんな秋葉さまを見るのは8年ぶりです。 Oh, yes. It's been eight years since I saw Miss Akiha look that happy.
そうなんだ。 No kidding.
お気づきですか? Want to know something?
え? What?
夕べ、志貴さんの看病で一睡もされてないんです、秋葉さま。 秋葉さまにとって、志貴さんはかけがえのない方なのですよ。 Miss Akiha didn't sleep at all last night. She was up all night taking care of you. I don't know if you know this. But you are the single most precious person in Miss Akiha's life.

秋葉。 Akiha.
え、兄さん。 Oh, Shiki.
静かだな、ここは。 It's so quiet here. That's nice.
勉学に励むにはうってつけの環境です。兄さんにとっては苦痛かもしれませんが。 I've always found this place to be the perfect environment for studying. But then again I suppose you might think that is more of a burden.
そういやお前の学校って全寮制じゃなかったっけ? Speaking of studying, I thought you were going to a boarding school. What happened with that?
特別に許可をもらって家から通うことにしたのです。 お父様が亡くなった以上、私が当主としてこの家を守っていかなければなりませんから。 I received a special waiver so that I can commute from home. Since our father died, the responsibility to protect this house has fallen on my shoulders as head of the household.
そうか。すまなかった。 I see. I'm sorry.
え。 Huh?
8年間、連絡もせず。有馬のおばさんやおじさんに申し訳ない気がしたし。 それに、俺はどうも、親父から疎んじられてたような気がしていて。 For eight years, I didn't contact you. Aunt and Uncle Arima tried so hard. I really felt sorry for them. Besides, I think it was pretty obvious that our father was just as happy if he didn't have to see me around.
そんなことは。 Shiki, that's not it.
いいんだ。でも、秋葉のことはいつも気にかけてた。急に一人になって、心細くてさびしいだろうなって。 おまけに当主だなんて。 It's all right. But I, I never stopped worrying about you, Akiha. Believe me. All of a sudden, you were left alone. I worried you might feel helpless and lonely. And then to become the head of the household...
この家に生まれた者の宿命ですから。 That was my fate when I was born into this family.
強くなったな、秋葉。 You have become strong, Akiha.
いつまでも子供じゃありません。 I'm not a child anymore.
そうだな。すっかり綺麗になった。 No, you're not. You become quite beautiful.
えっ…そろそろお休みになられたらいかがですか。夜風は体に障ります。 また体調を崩されたらみんなが迷惑しますから。 Ah, you should probably think about going to bed pretty soon, okay? The evening wind isn't good for you. If you get sick again, then Hisui, Kohaku and I won't know what to do.
ああ、そうするよ。…秋葉。 You're right. I think I will. Akiha.
はい? Yes.
お前、もしかして、俺がこの家に来た日、もしかして… That day I came back to the house, I was wondering, Akiha, did you...
秋葉さまにとって志貴さんはかけがえのない方なのですよ。 I don't know if you know this. But you are the single most precious person in Miss Akiha's life.
いや、なんでもない。お休み、秋葉。 No. Forget about it. Good night, Akiha.
お休みなさい、兄さん。 Good night to you, my brother.

boardingは「乗船、乗車、搭乗手続き、板張り、床張り、板、板囲い、寄宿、下宿」。
boarding schoolは「寄宿制[全寮制]の学校(The older kids are sent to boarding school.=年長の子供は全寮制の学校に入れられます。 )」。
waiverは「権利放棄の証書、権利放棄、〈米〉《野球》ウェーバー制◆選手を自由契約にしたり、マイナーリーグに降格させたり、トレードに出したりする場合に、他球団に対してその選手との契約を引き継いでもらうか、その権利を放棄してもらうか選択させる制度。(A waiver is when a person, government, or organization agrees to give up a right or says that people do not have to obey a particular rule or law.)(receive the debt waiver=債務免除を受ける)(Visa Waiver Pilot Program=米入国ビザ免除制度、米ビザ免除制度◆【略】VWPP)」。

2008年11月26日:コメントを受け「ええ。あんな秋葉さまを見るのは8年ぶりです。」=「Oh, yes. It's been eight years since I saw Miss Akiha looked that happy.」→「Oh, yes. It's been eight years since I saw Miss Akiha look that happy.」に修正。ご指摘感謝。

聞き返してみると冠詞の省略?が多い気がしますね。単に私が聞き間違えている可能性もかなり高いのですが。こんなに簡単な会話なのになんとなくしっくりこない箇所が何か所かあります。

2008年11月23日日曜日

【ディクテーション】Lunar Legend Tsukihime(真月譚 月姫) (5)

ANNmania.com(C)、 rightstuf、 dvdpacific。 今週も何も届かないので基本に戻ります。月姫の英語は非常に綺麗で聞き取りやすく、発話のお手本にするのにもってこいだと思っています。実際私も英会話の多くの部分をこの月姫から学んだ気がします。ADVから2009年1月20日に廉価版のBOXセットの発売が予定されています(amazon.comで31.49ドル)ので、嬉しくもない円高の折、未入手の方はぜひおひとついかがかと。 アルクェイド・ブリュンスタッドにMichelle Ruff、 遠野志貴にSteve Cannon、 シエルにWendee Lee、 遠野秋葉にJulie Ann Taylor、 翡翠にKate Davis、 琥珀にLeah Allen、 弓塚さつきにCarrie Savage、 乾有彦にDavid Lelyveld、 蒼崎青子にMia Bradly、 ネロ・カオスにTaylor Henry、 ミハイル・ロア・バルダムヨォンにTodd Crump、 遠野槙久にMichael McConnohie。 以下、第4話Garden of a Cradle(揺籠の庭)のAパート最後より。

よっ! Hey!
有彦。 Arihiko.
どうした、しけた面して。 Come on! What's the matter? Why the gloomy face?
別に。 Nothing is wrong.
またそれかよ。 So there is nothing to matter?
止せって。止めろよ。 Cut it out! Stop!
おはよう。大丈夫?昨日、学校休んだって聞いたけど。 Morning. Tohno, are you all right? I was worried because yesterday you didn't make it into school.
弓塚さん。どうして… Yumitsuka. What are you... I thought you were...

え?あのホテルに行く予定だったんですか?弓塚さん。 What?! You mean to tell me you were supposed to go to that hotel, Yumitsuka?
でも当日は熱が出てアウト。 Pretty scary, huh? She came down with a fever at the last minute and they stayed home.
でも良かったですね。 Wow, I'm really glad you did.
ええ。 Me too.
ま、誕生日に風邪引くあたりが、らしいっちゃらしいけどな。 Yeah, but that's just so you, isn't it? I mean, catching a cold on your birthday?
うん… Hmm...
でもホントにこの街って最近、物騒だよな。 But seriously, this town seem so dangerous these days, doesn't it?
そうだね。 Yeah, you're right.
二人とも気をつけてくださいね。 Both of you, please be careful.
俺は大丈夫っすよ。 I'll be all right.
ダメですよ油断しちゃ。 I'm serious. You keep your guard up.
もう事件は起きないよ。 There won't be another incident like that.
なんでお前がそんなこと知ってんだ? Now why do you say that? How can you be so sure?
え? What?
何か知ってるの?遠野君。 Do you know something you're not telling us, Tohno?
いや、なんとなく。 No, I... just have a hunch.
で、お前は昨日、どこに行ってたんだよ。 All right. Now you are gonna tell us where you went yesterday.
どこって。 Where I...
家に電話してみりゃ帰ってないって言うしよ。 I called your house and they told me you never made it home last night.
そうですよ。心配したんですからね。事件に巻き込まれたと思って。 Yeah, what happened? We were worried. We didn't know where you were. We thought that maybe you'd have some kind of accident.
す、すいません。 Hey, I'm sorry, Okay?!
まさか、女のとこじゃねえだろうな。 Don't try to tell me you spent the night with some woman.
え。 Ah.
お前、まさか。 You didn't, right? Yes, you did!
そうなんですか?遠野君。 Is that the truth, Tohno? Did you really?
ち、違いますよ。 No, I didn't. Of course not!
人が心配してたのに、ラブラブってか! You were making out while we were worried about you?!
だから、違うって言ってるだろ! Look, you guys! I'm telling you I didn't!
向きになるところがますます怪しいぞ。 It just looks kind of suspicious when you get so uptight.
お前な。 Like you know.
ダメですよ。夜遊びばかりしちゃ。あ、遠野君。 Listen to me. You mustn't go out at night. Ah, wait a minute, Tohno.
あの野郎、逃げやがった。図星かよ。分っかりやすいやつだな。ありゃ、相当質の悪い女に引っかかったな。 That coward. Now he is gonna run away. I nail that one. It was actually pretty easy to figure out. I bet you anything he is involved with some wicked older woman.
そうなんですか? You really think so?
間違いないっす。 No doubt about it.


gloomyは「暗い、薄暗い、うっとうしい(It's gloomy in here.=ここは薄暗い。)(Some people like gloomy restaurants.=薄暗いレストランがいいという人もいる。)(The weather has been gloomy.=うっとうしい天気が続いている。)、気持ちを暗くさせる、憂うつにする、憂うつな、ふさぎ込んだ、暗い顔をしている、陰気な(Cloudy days make me feel gloomy.=私は曇りの日は憂うつになる。)(He's gloomy.=彼は陰気な人です。)(This house seems gloomy.=この家は陰気くさい。)(This music is kind of gloomy.=この音楽はちょっと陰うつな感じだ。)(Her expression turned gloomy.=彼女の表情は暗くなった。)(She looks gloomy these days.=彼女は最近憂うつそうだ。)(You look very gloomy.=憂うつそうだね。)、悲観的な、希望のない、停滞気味の(Prospects are extremely gloomy.=見通しは真っ暗です。)(A gloomy outlook is not realistic.=悲観的な見通しは現実的ではありません。)」
make it intoは「~まで進む、~にこぎつける(make it into space=〔宇宙船などが〕(無事に)宇宙空間に達する、〔人などが〕宇宙に行く、〔文明などが〕宇宙に進出する)(make it into the top __=〔順位などで〕トップ_入りを果たす)(make it into the top spot=トップに及ぶ[までこぎつける])」。
Do you mean to tell me thatは「あなたは私に(that 以下)と言うつもりですか?("Do you mean to tell me Tommy's been cutting class?" "That's correct. Mr. Brown."=「トミーが授業をサボっているとおっしゃるのですか」「その通りです。ブラウンさん」)」。
come down with a feverは「発熱する」。
at the last minuteは「直前に(なって)、いよいよという時に、ぎりぎりになってから、間際[土壇場]になって(The lead actor dropped out at the last minute.)」。
stay homeは「在宅する、家にいる(stay home over the weekend=週末に家にいる)」。
keep one's guard upは「(フェンシング・ボクシングで)受けの構えを取る」。
hunchは「予感、勘、虫の知らせ、直感、直観(I have a very strong hunch that my wife is having an affair.=妻が浮気しているという気がしてならないんだ。)、こぶ◆【同】hump、塊、丸くなる、体[背中]を丸める、猫背になる、(体を)丸める、(背)を丸くする、~を弓なりに曲げる、押しやる、~という予感がする」。
make it homeは「家にたどり着く」。
make outは「作り上げる、書き上げる、まとめ上げる、作成する、書き込む、書き入れる、記入する、~と示す、起草する、詳細に描く、描き出す、完全にする(Who do I make it out to?=誰あてに小切手を書けばいいのでしょうか。)、見せかける、信じさせる、ふりをする、~を~のように言う、もっともらしく言う、うそぶく、理解する、分かる、判読する、認識する、~をようやく見分ける、見分ける、聞き分ける、うまくいく、うまくやる、成功する、うまくやっていく、〔男女が〕愛撫し合う、イチャイチャする、ネッキングする、ペッティングをする、性関係ができる、関係する、セックスする、性交する、何とか切り抜ける、やりくりする、暮らしていく、折り合って行く(I'll make out.=何とかするよ、うまくやるから)(How are you making out?=あれはどうなった?、例の件どうなってる?)、言う、主張する、申し立てる、証明する、立証する、〔~に小切手を〕振り出す、《野球》凡退する」。
uptightは「不安な、気にしている、イライラした、いら立った、緊張した、具合いの悪い、神経のピリピリした、神経質になって、張りつめた、不安になっている(Don't get so uptight.=そうむきになるな。)(Why are you so uptight.=何をそんなに気にしてるの?)(Tight schedules keep me uptight.=きついスケジュールで神経がピリピリしたままだ。)、型にはまった、堅苦しい、ひどく保守的な」。
nailは「くぎ、つめ、〈俗〉たばこ、~をくぎで打ちつける、くぎ付けにする、固定する、目を~に固定させる、目を~に据える、じっと~を見る、~にじっと集中する、〔くぎで刺すかのように〕~をしとめる、身動きできないようにする、~を捕まえる、逮捕する、《野球》~を刺す、送球で走者をアウトにする、~を暴く、すっぱ抜く(I nailed it, didn't I?=図星だろう。)、〔契約などを〕守らせる、〈俗〉〔くぎを打つように〕~を強く打つ、殴る、ぶつ、(人)をぶちのめす、〈米俗〉~をうまくやる、確実に物にする、~で成功する(I nailed the midterm.=中間は楽勝だった。/中間はもらった。◆学校の中間試験で好成績)」。
wickedは「悪い、意地の悪い、悪意のある、邪悪な、不道徳な、よこしまな、不正な、とてもひどい、いたずらな、性格の悪い、不愉快な、〈俗〉とても良い、優れた、最高の、すごい、素晴らしい、すてきな(It was a wicked surprise.=度肝を抜くような驚きだった。)、〈俗〉とても、非常に、すごく、途方もなく◆【同】very」。

今日は秋葉に行くつもりが思わず弓塚さんに行ってしまった。。

2008年11月16日日曜日

【ディクテーション】Interlude (インタールード) (2)

ANNmania.com(B+)、 rightstuf($8.00)、 dvdpacific。 Toei Animationより2005年4月12日リリースのインタールード。 これも今は手に入らないタイトルですがrightstufで8ドルで買えるみたいです。 相沢尚也にMarlowe Gardiner-Heslin、 和辻綾にTerri Hawkes、 玉城麻衣子にStephanie Mills、 丸藤泉美にStephanie Martin、 三枝睦月にBryn McAuley、 峯岸薫子にKatie Griffin、 高瀬優輝にDeborah Drakeford、 冬木イクオにRichard Clarkin、 杉浦にRod Wilson、 藤之辺遥にCatriona Murphy、 木村千佳にJulie Lemieux。 以下、第1話の冒頭。 2005年12月5日にディクテーション済み…というかインタールードはサブタイトルがそのまま発話されていますね。

壊れた心をあがなうために、何をもって対価とすればよいのか。 それは、この世界すべて。それとも、私の命。 How do you survive a broken heart? What does it cost? Your life? Your soul? The world? The world, the newborn world, to watch it shatter.
世界。いま産み落とされようとする世界。 壊れたかけらをかき集めて再構築されるそれは、見えないひび割れを、うつろな空間にさらしている。 Then gather the pieces and rebuild it. But there are still cracks that the eyes cannot see. But the soul can feel the cracks are there in the haze, in the clouds, drifting in space. The curtain that hides the cracks in the world is about to rise.
それを隠している幕は、いまだ開かない。 すべての役者がそろうのを待っているのか、 それとも、観客たちが期待にざわめいているのを、ただ楽しんでいるだけなのか。 The audience arrives; anxious, scared, excited! Are we waiting for the players to appear? The show to begin? Or is it just a chance to be part of a crowd and forget who we are? Where we are? Why we are?
限界。 ざわめく観客たちが期待に狂いだす。 The whispers and murmurs of the audience begin to rise in anticipation. In chaos.
私はすべてを覆いつくしている、隠しつくしている幕の前に立つ。 観客たちが、その暴力的な欲望で、それを守っている薄い幕を切り裂かないように。 Hiding everything. Secrets of the soul. Dreams and nightmares. Now I stand in front of the curtain. Naked; Revealed; Afraid; Fearless. The audience cheers. They want to rush the stage, see what's behind the curtain.
私は。せめて私は。 その幕間を彩るために、道化芝居を披露しよう。 その幕の間からさす、輝く光に、溶かされてしまうとしても。 インタールード。 I play the fool and distract them so they'll never see the truth, sense the lies, discover the real show. And as they laugh, cheer, forget, the spotlight hits and I melt like the morning dew, vanish like a happy daydream or a savage nightmare. Interlude.

shatterは「【名】破片◆通例 shatters、粉々になる、砕け散る、~を打ち砕く、粉々に割る、壊滅させる、粉々にする、粉砕する、台無しにする(My dreams were completely shattered.=私の夢は粉々に砕け散った。)、〔健康などを〕害する、〔希望などを〕くじく」。
hazeは「もや、かすみ、煙霧、かすむ、ぼんやりする、かすませる、ぼんやりさせる(His face was veiled in a haze of cigarette smoke.=彼の顔はたばこの煙にかすんで見えた。)」。
murmurは「〔連続的な〕ざわめき、〔木の葉の〕サラサラいう音、〔川の〕せせらぎ、ささやき声◆通例、遠くから聞こえてくる低く連続的な音を指す。、つぶやき声、ささやき声、〔陰でつぶやく〕不平、不満、《医》心雑音、ブツブツ不平を言う、つぶやく、ささやく、ざわめく、~を小声で言う、~をつぶやく、~をささやく("The Prince gives a ball tomorrow night," murmured the young Student, "and my love will be of the company.=「明日の夜、王子様が舞踏会を開く」、若い学生はつぶやきました。「そして、僕のいとしい人もそれに出るだろう。」)(murmurs of long duration that peak late in systole=心臓の収縮期の後半にピークのある持続性の長い雑音)」。
in chaosは「大混乱で、ごったがえして」。
distractは「(心を)そらす、~を取り乱させる、(人)の気を散らす、心をかき乱す[紛らす・迷わす]、~の気持ちを動転させる(Don't distract me.=気が散るでしょ。/話し掛けないで。◆集中しようとしているとき邪魔されて。)」。
dewは「露、しずく、純粋なもの、みずみずしさ(dew-eyed=涙にぬれた[を流した]、泣いている、He thanks his parents who are dew-eyed and then he chokes up.=彼は泣いている両親に感謝し、胸がいっぱいになる)(And the dew that they collect slides down these nets into makeshift pipes and into ceramic reservoirs.=そうして集められた朝露は、これらのネットを伝って簡易のパイプの中へ流れ込み、そして陶器の貯水槽にたまるのです。)」。
savageは「粗野な人、不作法者、(野)蛮人、未開人、どう猛な人、どう猛な、凶暴な、残酷な、激しい、未開の、荒れた、荒涼とした、殺伐とした、野生の、野蛮な、残忍な、飼いならされていない、粗野な、無礼な、下品な、カンカンに怒った、気難しい、最高の、すてきな、~を猛烈に攻撃する、~をひどく痛めつける、踏みつける、暴れてかみつく(I'm making the journey in the savage heat of the Spanish summer.=私はスペインの夏の猛暑の中を旅行している。)(need the decisive action to halt the savage crimes=凶暴な[残酷な]犯罪をやめさせるために断固たる行動を取ることが必要だ)」。
interludeは「幕あい(劇)、間奏、合間(の出来事)、《音楽》間奏」。

ちなみに日本語はこんな感じ。 だいぶ桑島さんのから印象(ていうか文章の意味も)変わっちゃってますが、 Terri Hawkesの演技も、2回も取り上げたいと思えるほどに良い感じだと思います。

2008年11月10日月曜日

【ディクテーション】Haibane Renmei(灰羽連盟)

ANNmania.com(B)、 rightstuf、dvdpacific。 Geneonより2003年8月26日(1巻)、2003年10月28日(2巻)、2003年12月16日(3巻)、2004年2月24日(4巻)、 2005年10月4日(Box)リリースの灰羽連盟。 この灰羽連盟、是非北米版の視聴をお勧めしたい名作タイトルなわけですが、 今は手に入らない困った状況になっています。 ラッカにCarrie Savage、 レキにErika Weinstein、 クウにJ-Ray Hochfield、 カナにZarah Little、 ヒカリにHunter MacKenzie Austin、 ネムにKirsty Pape、 クラモリにWendee Lee、 ヒョウコにJosh Phillips、 ミドリにJennifer Sekiguchi、 スミカにSharon McWilliams。 以下、第13話Reki's World - Prayer - Epilogue(レキの世界 祈り 終章)のAパートより。 今日の範囲は まとめwikiにてどなたかすでにディクテーション されていますねー。

ラッカ、なぜここに Rakka. What are you doing here?
ごめんなさい、勝手に入って I'm really sorry. I let myself in.
ラッカは、最後までラッカだね Look at you. You'll be Rakka to the very end.
レキ、これは… Reki? What's...
これが、私の繭の夢。私はこの道を歩いていた。 風が冷たくて、涙でぬれたほっぺたがチクチク痛んだのを覚えている。 遠くで何かの音がする。 でも疲れて何も考えられない。 私は石ころになりたかった。 痛みも悲しみも感じない、ただの石ころに This is my cocoon dream. The nightmare that has been tormenting my existence in this world. I was walking along this path. I remember cold winds stinging my cheeks that were wet from tears. I heard a sound from far away. But I was too tired to think. I remember wanting to become a stone. The stone, that doesn't feel pain, or sorrow.
灰羽連盟から預かってきたの。 レキの、本当の名前 The Haibane Renmei wanted me to give this to you. It's your true name.
いらない。きっとその中には、何の救いも無い。 I don't want it. There's no salvation for me, inside that box.
レキ、だとしても、レキはもうこの悪い夢を終わらせなきゃだめなの Reki. Even if that's true, it's time for you to put an end to this long nightmare of yours.
レキという名の少女の物語を語ろう。 その者は悲運に見舞われ、悲しみを分け合うはずの相手すらをも失った。 己の価値を見失い自らを小石にたとえてレキと呼んだ。 だがその名は轢き裂かれたる者の意を表してレキという。 This is the story of a young girl who was called Reki. She was doomed to a most unfortunate fate, and lost the people she could share her sorrow with. Believing herself worthless, she call herself Reki, using the sign which meant small stones. However the sign that expresses her true name means, the one who was run over and torn asunder.
レキ?…そんな Reki? No.
そうか…轢き裂かれたる者。 そうだ、轢かれたんだ。 これは道じゃない。何かを運ぶ、鉄の轍だ。 私はここで、自分を捨てたんだ I know! The one who was run over and torn asunder. Yes. I was run over. This isn't a path? It's an iron line that carries something. This is where, I abandoned myself.
レキ、私は… Reki? What can I...
私はね、ラッカ。 ずっと良い灰羽であり続ければいつかこの罪悪感から逃れられると思ってた。 お笑い草だ。 私にとってこの街は牢獄だったんだ。 壁が意味するのは、死だ。 ここは死によって隔てられているんだ。 そしてこの部屋は―この部屋は、繭だ。 この暗い夢から、私はとうとう抜け出すことができなかった。 ありもしない救いを求めて7年間、ずっと You know, Rakka? I believed that if I was a good Haibane, I would someday be able to wake up and shed this feeling of guilt. What a joke. None of that matters. This town is my prison. The walls are a symbol of my death. This world is separated by death. And this room...!! This room is my cocoon. I wasn't able to leave this nightmare behind. For seven long years, I kept waiting for a deliverance, that would never, come.

tormentは「苦痛、苦悩、激痛、苦労の種、拷問、~を困らせる、ひどく苦しめる、悩ます、なぶり物にする、~に肉体的苦痛を与える」。
put an end toは「~に終止符を打つ、~を終わらせる、~をやめさせる、~を停止[廃止]する、~をおしまいにする、~に結末[決着・収まり・締めくくり]をつける、決別する、~に引導を渡す、~を殺す、~に歯止めをかける(Her demise put an end to the Tanaka Family.=彼女の死をもって田中家は途絶えることになる。)」。
doomは「運命、凶運、悲運、破滅、死、〔悪い方向へ〕運命づける、〔失敗などを〕決定的なものとする、〔望みを〕くじく、なくさせる、~に判決を下す、(刑の)宣告を行う」。
doomedは「運の尽きた、消える運命にある、絶望的な、万事終わりの、上がったりの(I'm doomed.=ああ絶望的です。/もう破滅です。)、〈俗〉参った、《be ~》~に決まっている、まな板の上の鯉のようなものだ、運命づけられている、消える運命にある、(刑を)宣告される」。
doomed toは「《be ~》~する悪い運命にある(doomed to failure/fail=《be ~》失敗する運命にある)(usually doomed to failure=《be ~》大抵の場合失敗に終わる)(doomed to end in failure=《be ~》失敗に終わる運命にある)(doomed to a future of abuse=《be ~》将来虐待される運命にある)(appear doomed to extinction=消えゆく[絶滅する]運命のようだ)」。
run overは「~の上を走る、〔人・動物などを〕車で引く、~の上を流れる、~を越えてあふれる、~からあふれ出る、あふれ出て流れ込む、こぼれる、はみ出す(The bathtub is running over.=風呂があふれてる。)、~を越える、超過する、時間的に超過する、限度を超える、長引く、過ぎる、食い込む、~のリハーサルをする、~の練習をする、~にザッと目を通す、ザッと読む、ザッと調べる、見直す、復習する、おさらいする、繰り返して言う、繰り返す、言い返す、読み返す、再吟味する、概説する、ひと走りする、ちょっと~へ行ってくる、ちょっと訪ねて行く、ちょっと立ち寄る、(人)を軽く見る、無視する、鼻であしらう、不公平な扱いをする、なめた扱いをする、なめてかかる、(人)に付け込む[付け入る]、〔テンソルの添字が〕~の範囲を走る[動く]」。
asunderは「バラバラの、バラバラに、離れ離れに(After the hurricane our house has been torn asunder.=台風の後私たちの家はバラバラになってしまった。)」。
tear asunderは「切れ切れに裂く、バラバラに裂く(They plotted to tear him asunder [in sunder].=彼らは彼をバラバラに切り裂くことをたくらんだ。)」。
shedは「〔木から葉が自然と〕落ちる、〔動物・昆虫が〕脱皮する、〔毛が〕抜け落ちる、〔液体を〕噴出させる、〔血・涙を〕流す、〔光・熱などを〕発する、発散する、〔木が葉を〕落とす、〔動物・昆虫が皮を〕脱ぐ、〔不要なものを〕減らす、削減する、〔体重などを〕落とす、減らす(Some diet foods claim to help the users shed pounds of weight overnight.=ダイエット食品の中には、利用者が一夜にして何ポンドも体重を減らすことができるとうたっているものがある。)、〔余剰人員を〕解雇する、〔古い習慣・幻想などを〕捨てる、取り除く、〔水を〕はじく、納屋、小屋、物置、倉庫、上屋、車庫、~を納屋[小屋・倉庫・上屋・車庫]に入れる」。
deliveranceは「出産、発話◆deliver すること、救出、解放、〔公式に表明された〕判断、〔陪審員の〕評決」。

冠詞と三単元がうまくあわない。deliveranceはdeliberateに聞こえますね、確かに。

続き。こちらのパートは2005年10月31日にディクテーション済みです。

誰かを信じるたびに必ず裏切られた。だからいつか、信じるのをやめた。傷つかないですむように、私はただの石ころになった。フフッ、皮肉なもんだね。心を閉ざして親切に振舞えば、みんな私を良い灰羽だという。私の心の中は、こんなにも、暗く、汚れているのに Every time I trusted someone, I ended up being betrayed. So finally I stopped trusting everybody. I decided I would never be hurt again. I decided to be made of stone. (laugh) That's the irony of it. When I turn to stone and pretend to be good, that's when they tell me I'm a good little Haibane. They never know how very dark, and very cold, my heart is.
ウソだよ。レキはいつだってやさしかった。私、信じてる Stop that! There is no way I can believe that! You've always been so kind!
ラッカ。ラッカは気づかなかったんだね。私が、どれだけラッカのことをねたんでいたか Rakka. I guess you never really understood. You never saw how jealous I was of you.
…ウソ No...
同じ罪つきなのに、ラッカだけが許された。みんな、私を置いていってしまう。クウが巣立ったときだって、私は心のどこかでクウをねたみ、そんな自分を心底軽蔑していた Both of us were Sin-Bound. But in the end, only you were forgiven. Everyone leaves me eventually. When Kuu took her day of flight, part of me was jealous of her, and I hate myself for it.
ウソだ!レキは井戸に落ちた私を探しに来てくれた!ずっと看病して薬を取ってきてくれた!苦しいとき、レキはいつだってそばに居てくれた! That's not true! You came looking for me when I fell into the well! You took care of me when to get medicine for me! Whenever I was in pain, you were always there for me!
そうだよ!どうしてだと思う?私はただ救いが欲しかったんだ。誰かの役にたっているときだけ、私は自分の罪を忘れることができた。そしていつか神様がきて、許しを与えてくれるんじゃないかって、そればかり考えていた That's right! And why would I do it?! I was looking for my salvation! I can only forget about my sin when I'm being useful to someone. And the only thought that I had the whole time I was helping you was that maybe God would come down and finally forgive me!
止めて!止めて! Stop it! Stop it!
ラッカ。私にとって、ラッカはラッカでなくても良かったんだ Rakka. Per what I needed, you could have been anybody.
止めてー! Stop it!!
ラッカの繭を見つけたとき、私は賭けをしたんだ。この灰羽が私を信じてくれたら、私は許されるって。無理やり自分に言い聞かせた。だから私は優しく振舞った。繭から生まれたのが誰かなんて関係なかった。全部、嘘だったんだ。私は自分が救われればそれで良かった。ラッカが私を信じたのが間違いだった。分かったら出て行って。出て行け! When I first found your cocoon, at that moment, I had a plan. I told myself that if I can make this one Haibane trust me, then maybe I would finally be forgiven. It never mattered who came out of the cocoon. It was all part of my plan. Why do you think I acted so kindly towards you? It was all a lie. I don't care what I do as long as I find forgiveness. It was your mistake trusting me. And now you know, so get out! Get out!!

はじめから、許されるわけなかった From the very beginning, there was no salvation for me.
…ウソだ。ウソだ… (sob) Not true. It's not true.

when toは「~するタイミング(when to use=使ってよいとき)」。

ラッカのセリフはけっこう聞き間違えてましたねー。上が正解である保証もないですが。っていうか細かいところはネイティブ補完がないとムリ絶対。って早速違ってたんでちょこちょこ微修正中。

いやー今見ても良いものです灰羽連盟。作品からにじみ出る雰囲気が良い。そういう作品はホンモノです。もうひとつの世界がそこにある、ということね。lainも持ってるけどこちらはちょっと暗すぎて苦手なんだよなあ。

2008年11月6日木曜日

マクロスF ギャラクシーツアー FINAL こんなサービスめったにしないんだからね in ブドーカン☆

2008年11月5日14時28分@九段下日本武道館。

同@北の丸公園。この並びはありえねえです。どれくらいあり得ないかというと最後尾に並ぶとき係員に「今(14時35分)から並んでも開演(18時30分)に間に合わない可能性がある」と警告されるくらいに。ふざけろ。

15時11分@大人の判断であっさり離脱。この人たちは朝何時から並んでんだろう…。しかし結果論としてこの離脱は正解で、18時頃にはほぼ待ち時間なしで買えるようになっていましたとさ<少なくとも「スペシャル 娘(ニャン)クス+(プラス)」 セット4000円は。

21時35分@終わってやや放心状態のところ。18時30分にはじまって21時30分だから正味3時間の長丁場ライブでした。立ちつくしで腰が痛い…。

無責任な感想。
  • テンバイヤーに屈するわけにはいかない!という艦長のお言葉で開始。こらこら1万人に「銀河のはちぇまれ」叫ばすな。
  • そんな感じで大小とりあわせのギミックを織りまぜつつ、まったりと2時間。総じて言えばうーんこんなもんかーってかんじですか?マクロスF全体として曲の数もそう多いわけではないので全曲歌ってもコンサートの工程が持たないんですよね。それでもバリエーションと演出で魅せようと頑張ってました+ランカの歌はちゃんと歌われていてよかったですね。シェリルは最初のもってけー以上にインパクトのある曲がうーん。
  • May'nの歌唱力は健在。でも高音域はあえて出さない?
  • いやいや中島さんは可愛らしかったですねー。くるくる変わる衣装もアイドル然のしぐさも。ソロ曲も多かったけど、伸びる声も、舞台のこなしも、ずいぶんしっかりしていたと思います。最後の挨拶も長文でしたが危なげなかった感じです<ほらそこKYとか言うな。惚れるぜ。
  • そんな感じでMay'nと中島さんを十二分に堪能できたというのがこのコンサートに対する最初の感想。この二人をこういった形で見るのはこれで最後なのかねえ・・・。
  • しかしより注目すべきは!演出の一環としてのアンコールの後だったと思います。いきなりマーヤ出てきた!トライアングラー1曲だけ歌ってった!風のように去っていった!このカンノヨーコ三拍子からマーヤ登場の瞬間あたりが、観客の声援・奇声の大きさから言っても間違いなく一番盛り上がった瞬間だったように思います。マーヤの衣装がまた可愛いこと可愛いこと!それで最後の腰ふりがまたまた反則的に可愛かった。このあたり、万人の認めるところと思います。
  • ついでに言っておくとこのコンサートを通してカンノヨーコの動きのキレが一番良かったというのも、万人の認めるところと思います。基本出ずっぱりでMay'nや中島さんの裏でよく踊ってたけど、あきらかにカンノさんの動きのほうが良かった。惚れるぜ。
  • 最後のピアノは反則ですなあカンノさん。ミシェル討ち死にを流して泣かせる気満々のダイアモンドクレバスでは全然泣けないけど、最後のこれはさすがに泣けてきた。感極まった感じの中島さんにやさしい視線を向けている場面が印象的でしたなあ。
  • 中村、神谷、ボビーだけかと思いきや最後には中島さんとMay'nに花を渡すためにマクロスF声優陣が勢ぞろい。FINALだからかね。とりあえず井上喜久子(18)だけ識別できました。みんな打ち上げのために集まったのだろうか。
  • 客層は女性の比率が多かったです。マクロスは男性オタむけじゃなくて女性オタ向けでもあるんだなーと。
  • 娘々サービスシートって特等席じゃん!
  • ドンキでサイリュームを買い間違えて全然持たなかった。ひとつ学習:高輝度と書いてあるやつは短時間(5~15分)しか持たない。
  • FINALのブドーカン1万人も成功だったと言えるでしょう。マクロスFもこれが最後だと思うと寂しいですね。最後にこんな良いものが(しかも1階席で)見られて幸せでした。ありがとうございます。

2008年11月4日火曜日

Lの季節2-invisible memories- ビジュアル・ガイドブック

ジャイブから2008年11月1日発売、ファン待望のL季2攻略本。 攻略本なしだと絶対攻略不可能ですからねえ>Lの季節。 2冊あるのは2冊確保したからです。 1冊は見る用、1冊は保存用。 これはいかに私がL季2を本気で気に入っているかということを表すと同時に、 マジ風雨来記とかL季の本とかは今確保しとかんと後で手に入らなくなるんですよ!

リバーシブルオモテ。この表紙えらくなごむな。

リバーシブルウラ。怒った純耶が好きです。

苦しみに苦しめられた由香エンド(5)の出現条件もバッチリ!分岐があいかわらず凶悪。 シナプスエンジニアリング/ネクロマンシーのQ&A正答集もついてます。

この本があっても100%は無理ですなあ。 100%にしないままオマケ解除したいがどうしたものか。

由香がエロい<No.1読者感想。書き下ろしのショートストーリーと、絵が少々。総じてビジュアルファンブックの文法に則ったコンテンツです。

物語の解説は非常にはしょられた感じ。トリスメギストスが何者かって結論無いからね。

たぶん攻略の次に重要なコンテンツと思われるスタッフインタビュー。 ゲーム性は重要ですよね<YU-NO時代のゲームセオリー、もう古い考え方ですが。 あと「L」はこれで最後。3部作の「M」「N」はたぶんお蔵入りだってさー。

いずれにせよL季2ファンには絶対確保の出来に仕上がっておりますのでみんなさっさと買えです。

2008年11月3日月曜日

【ディクテーション】Rozen Maiden Traumend(ローゼンメイデン トロイメント)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($17.25)。 FUNimationより2008年10月28日リリースのローゼンメイデン トロイメント第2巻。 Geneonが北米でダメになったせいでずいぶん間が空きましたがようやく続きが見られます。 続きを出すことに尽力した皆さんに心から感謝したい。 真紅にMela Lee、 桜田ジュンにMona Marshall、 雛苺にSherry Lynn、 翠星石にReba West、 蒼星石にJulie Ann Taylor、 水銀燈にMia Bradly、 金糸雀にCristina Valenzuela、 薔薇水晶にTara Platt、 桜田のりにMinx Lee、 柏葉巴にDorothy Fahn、 柿崎めぐにErika Weinstein、 槐にC.J. Mills、 白崎/くんくん探偵にDavid Keefir、 以下、第8話Doll Maker(人形師 Puppenmacher)の最後。

雛は一番なの! Hina's number one!
まだまだヒヨッコかしら? Oh you really think so?
じゃあ競争するの! Yeah, let's have a race!
受けて立つかしら? I accept, you ready?
何? What is it?
なんでもない。 Nothing important.
真紅!真紅!カナとかき氷の早食いをするの! Shinku! Shinku! Kana and me are having a shaved-ice eating contest!
時間を測ってほしいかしら? And we want you to time us, okay?
そんな…呆れて言葉も無いわね。頭がキーンとするわよ。 Oh my, I am too shocked for words right now. If you eat it fast, your heads will twinge.
キーン? Twinge?
どういう意味かしら? What do you mean twinge? Twinge how?
あ、蒼星石! Souseiseki!
あら、帰ったのではなかったの? Oh, hadn't you gone home already?
そ、蒼星石…あの… S-Souseiseki...Wh-What's wrong?
話があるんだ。みんなに。 I have something to say, to all of you.

あらかじめ言っておこうと思って。 It's only fair I give you advance warning.
蒼星石… Souseiseki...
ボクはアリスを目指す。君たちと戦い、ローザミスティカを集めてアリスになる。 I am, going to become Alice. I intend to fight you all, collect your Rosa Mysticas, and become Alice.
そんな。 But then...
待つです!どうしていきなりそんなこと言うです! Souseiseki, what's happened to you! How could you decide such a thing?
そもそもボクたちは戦うさだめを持っている。当然の成り行きだ。 Since the beginning, fighting for the chance to become Alice has been our destiny. This was inevitable.
何があったの? What happened?
蒼星石! Souseiseki!
お父様の…お父様の姿を見た。お父様は悲しんでいる。アリスが見つからず嘆いている。 ボクたちはお父様の理想から遠のいた行動をしているんだ。 お父様を悲しみから救うには誰かがアリスになるしかないんだ。 I saw Father. I saw him crying. That is what's happened. Father is suffering so much. He is sad because he hasn't found Alice yet. It's our fault. We're not living up to the ideal the Father has required of us. There is no choice. One of us must become Alice. And then we will save Father from this sorrow
真紅。 Shinku.
それがあなたの意志なら私は。 So then, you've made up your mind. You're sure?
イヤです!蒼星石がどう思おうが、真紅が何を言おうが、知ったこっちゃないです! 双子の姉としての命令です!私と離れることは絶対許さないです! 何とか…何とか言いやがれです! I won't have it! I don't give a damn about what you think, although what Shinku says! This is so insane! As your older sister, I'm ordering you! Don't leave me alone like this! I so forbid it! Do you hear me! Well, say something! Say something, damn you!
それが君の答えなんだね、翠星石。 Fine then, if that is your answer, Suiseiseki.
違う!みんなの答えだ!よく考えろよ。おかしいじゃないか。 どうして仲の良い姉妹で戦うんだ。究極の少女になって何の意味があるんだ! No, that's everyone's answer. Come on, think about it. This isn't right! You are sisters. You get along. Why do you have to fight? What the hell is the point of becoming the ultimate girl anyway, huh?
ジュン…。 Jun...
お前たちのどこがダメなんだ。何が不満なんだ。 What about you guys is so bad? What's so unacceptable, huh?
ジュンくん。ボクたちは完璧を求められたドールだ。 アリスを目指して届かなかった、ローゼンメイデンだ。 ボクはドールとして、お父様の願いを叶えたい。 さようなら、翠星石。 Listen, Jun. We are dolls. As dolls were expected to be perfect, Rozen Maidens, who aspired to become Alice, that's somehow we failed. This is not easy for me. But as a doll, I want to grant Father's wish. Farewell then, Suiseiseki.
蒼星石!待つです!何故ですか!何故… Souseiseki! Wait, you! How could you do this? How...could you...

twingeは「ズキズキする痛み、(心の)うずき、苦痛、ズキズキ痛む、(胸が)キュンとくる(My heart twinges a bit.=なんか胸がキュンとする。)、うずかせる、ズキズキ痛ませる」。
advance warningは「事前の警告」。
live up toは「〔期待など〕に沿う[かなう・応える・応えて生活する](If newlyweds have unrealistic expectations, they will probably end up divorced because neither could live up to them.=もし新婚夫婦が新婚生活に過大な期待をかけると、どちらもその期待に応えることが出来ないために、離婚に終わってしまうだろう。)(He promised the electorate to set land aside for a national park, but he hasn't lived up to that promise.=彼は有権者に自然公園設立のために土地を空けておくと約束したが、その期待に応えなかった[その約束を果たさなかった]。)、〔主義・信念・基準など〕に従って行動[生活]する」。
require ~ ofは「~を…に要求する[から求める]」。
give a damnは「〈俗〉気にする、関心を持つ◆通例、否定文で用いる。(So what? Who gives a damn?=だから何だよ。誰も気にしねえって。)」。
aspire toは「~を希望する(aspire to create a world of peace and friendship=世界平和と友好を希求する)(As a child, he was absorbed by watching comic TV programs and aspired to become a comedian.=子供のころ、テレビのコメディ番組に夢中になり、コメディアンになることを志しました。)(He aspired to become a doctor in one way or another.=彼は何とかして医者になりたがっていた。)」。

個人的には断然Julie Ann Taylorの蒼星石ですが、翠星石もすごく良いですねー。

2008年11月2日日曜日

【ディクテーション】Ouran High School Host Club(桜蘭高校ホスト部)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($34.19)。 FUNimationより10月28日リリースのOuran High School Host Club Season 1 Part 1ディクテーション。 藤岡ハルヒにCaitlin Glass、 須王環にVic Mignogna、 鳳鏡夜にJ. Michael Tatum、 常陸院光にTodd Haberkorn、 常陸院馨にGreg Ayres、 埴之塚光邦にLuci Christian、 銛之塚崇にTravis Willingham、 藤岡涼二にMike McFarland、 藤岡琴子にJennifer Seman、 宝積寺れんげにMonica Rial、 猫澤梅人にPatrick Seitz、 猫澤霧美にCherami Leigh、 埴之塚靖睦にAaron Dismuke、 倉賀野百華にCarrie Savage。 鷹凰子嗣郎にBrina Palencia、 神城雛にKate Bristol、 春日崎奏子にLaura Bailey、 珠洲島亨にEric Vale、 天草紅緒にCallie McHalen、 舞原千鶴にJamie Marchi、 石蕗雛子にBrittney Karbowski。 以下、第1話Starting Today, You Are a Host!(今日から君はホストだ)の最後。

ハルヒー。ほい、タオルだ。…ハルヒ。 Haruhi, here you go. I brought you some towels. ...Haruhi.
はい。 Yeah.
お前、女なのか? So, you're a girl?
生物学上は一応。先輩達が男と思っているなら別にそれでもいいかなっと。 どうも自分は男とか女の意識が人よりも低いらしくて。 Biologically speaking, yeah. Listen, Senpai. I don't really care whether you guys recognize me as a boy or a girl. In my opinion, it's more important for a person to be recognized for who they are rather than for what sex they are.
かなり面白い展開だな。 Well, isn't this an interesting development.
ホント。 Oh yeah.
あ、でもさっきの先輩、ちょっとカッコよかったですよ。 Ah, you know I have to say, Senpai. I thought you were pretty cool earlier.
ひょっとしてこういうのも一つの恋のはじまりでは。 Now I could be wrong, but I think we may be witnessing the beginnings of love here.
だけどホストになって女の子にチヤホヤされるのも悪くないですね。 そうだ、今度から俺って言おう。 Being a host and getting fussed over by a bunch of girls might not be that bad. I wonder how I can pull it off. I've got it. I'll just call everyone dude and bro now.

recognize A as Bは「A を B として認知する、認める」。
recognized forは「~で認められる(recognized for the quality of=《be ~》~の品質にうるさいことで有名な[知られている])(recognized throughout the world for its content=《be ~》その内容が世界中に認められる)(Our XX is recognized for its innovative designs.=《レ》弊社のXXは革新的なデザインで有名でございます。)」。
developmentは「発達、発展、進行、進展、進歩(Calcium is necessary for the development of strong bones.=カルシウムは強い骨の発達に欠かせない。)、〔状況を進展させる〕出来事、変化◆通例、複数形で用いる。、開発、開拓、作成、〔生物の〕成長、〔開発された〕住宅団地、〔写真の〕現像、《音楽》〔主題を発展させる〕展開部、《音楽》〔ソナタ形式の〕展開部◆ソナタ形式は通例提示部(exposition)、展開部、再現部(recapitulation)から構成され、展開部では主題の変形や変奏が行われる。」。
fussは「大騒ぎ、興奮、騒動、空騒ぎ(After a big fuss the matter was settled.=すったもんだのあげく一件落着した)(After much wrangling much fuss the trouble came to an end.=すったもんだのあげくやっと事件がおさまった。)(I'm sorry for all the fuss.=先ほどはお騒がせしてすみませんでした。)(What's all this fuss about?=何の騒ぎだ、これは。/何でそんなに大騒ぎするのですか。)、〔料理などが〕こまごまと手のかかること、〔つまらないことで〕悩む、くよくよする、気をもむ(She fussed over whether her dress was right.=彼女は自分の服がちゃんとしているかどうかで気をもんだ。)、〔過度に〕気を使う、ちやほやする、〔細かいことに〕うるさい(Klara Hitler fussed over her son Adolf.=クララ・ヒトラーは息子のアドルフを大事にし過ぎた。)、〔イライラして〕そわそわする、落ち着かない(His wife spent 2 hours in front of the mirror, fussing with her hair.=彼の奥さんは2時間も鏡の前で髪をいじっていた。)、文句を言う、不平を唱える」。
fuss overは「やり過ぎる、世話をし過ぎる」。
pull offは「車を道路脇へ寄せる、離れる、去る、出発する、〔困難な状況の中で〕成功する、~をうまく[首尾よく]やる[やってのける・やり通す・やり遂げる・成し遂げる](Maybe I can pull this off.=何とかなるかもしれない。)、〔衣服などを〕脱ぐ」。
pull it offは「〔漠然と〕うまくやる」。


1:10あたりです。エンディングもそうですが…


オープニングも英語です。個人的には悪くない英語化だと思います。ハルヒかわいいよハルヒ。