[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】5 Centimeters Per Second(秒速5センチメートル) (6)

2008年12月23日火曜日

【ディクテーション】5 Centimeters Per Second(秒速5センチメートル) (6)

ANN(A-)、 mania.com(B+)、 rightstuf、 dvdpacific。 遠野貴樹にDavid Matranga、 篠原明里にHilary Haag(1話、3話共通)、 澄田花苗にSerena Varghese。 以下、第2話(コスモナウト)の最後。 コミケ臨戦態勢につき。 …ってことは、今回も10部も売れない本を持っていくんですね!!

私だって今日こそ遠野君に告白するんだ。 波に乗れた今日言わなければ、この先も、きっと、ずっと言えない。 Today, I'm gonna tell Tono how I feel about him. If I don't tell him today, after riding that wave, I'll never be able to.

澄田。 Sumida.
と、遠野君。 Hello, Tono.
今帰り? Heading home now?
うん。 Yeah.
そっか。じゃあ、一緒に帰ろうよ。 Really? Well, let's head home together.

あれ澄田、今日はもう決まり? Oh, you decided already?
うん。 Yeah.

ん?どうしたの? What is it?
…しくしないで。 Don't be so...
え? So what?
あ、ううん、ごめん、なんでもないの。 Sorry, it's nothing.

調子悪い? Something wrong?
うん、変だな。 Yeah, that's strange.

ダメ? No good?
うーん、プラグの寿命なんじゃないのかな。これお下がり? No. I wonder if the spark plug's dead. Was this a hand-me-down?
ああ、お姉ちゃんの。 Yeah, from my sister.
加速で息継ぎしてなかった? Was it cutting out on you when you accelerate it?
してたかも。 It might have been.
今日はここに置かせてもらって後で家の人に取りに来てもらいなよ。今日は歩こう。 Well, let's leave them both here. We gonna have somebody come pick them up later for us. We can walk it.
え、あたし一人で歩くよ。遠野君は先帰って。 I can walk by myself, Tono. You just head on home.
ここまで来れば近いから。それにちょっと歩きたいんだ。 I've only got a little ways left to go. Besides, I kind of feel like walking.

(遠野君…お願い…) Tono... please...
え、どうしたの? What's wrong?
ごめん…なんでもないの…ごめんね… Sorry... It's nothing... I'm sorry...
澄田… Sumida...
(お願いだからもう、私に、優しくしないで。) I'm begging you... please... don't be so nice to me.

必至に、ただ闇雲に空に手を伸ばして、あんなに大きな塊を打ち上げて、 気の遠くなるくらい向こうにある何かを見つめて。 遠野君が他の人と違って見える理由が、少しだけ分かった気がした。 そして同時に、遠野君は私を見てなんていないんだということに、私ははっきりと気づいた。 だからその日、私は遠野君に何も言えなかった。 Desperately, reaching recklessly towards the sky, Launching that massive object in search of something, almost overwhelmingly far in the distance... I began to understand why Tono seemed different from the others. At the same time, I came to a very clear realization that Tono was never looking at me. So that day, I didn't say anything to Tono.
遠野君は優しいけれど、とても優しいけれど、 でも、遠野君はいつも、私のずっと向こう、もっとずっと遠くの何かを見ている。 私が遠野君に望むことは、きっと叶わない。 それでも、それでも私は、遠野君のことを、きっと明日も明後日もその先も、やっぱりどうしようもなく好きなんだと思う。 遠野君のことだけを想いながら、泣きながら、私は眠った。 Tono was certainly nice, very nice indeed. But Tono is always looking past me at something far beyond. I guess my wishes to be with Tono will never come true. But I still... But I still won't be able to stop loving him. Not today, not tomorrow, not ever. I fell asleep that night crying, the only thoughts in my head being of Tono...

hand-me-downは「〈米話〉お下がり[お古]の衣服◆【同】reach-me-down〈英話〉、〈米話〉二番煎じの[受け売りの・独創性のない]考え[アイデア]、〈米話〉〔衣服などが〕お下がりの、お古の◆限定的形容詞◆【同】reach-me-down〈英話〉、〈米話〉〔考え・表現などが〕二番煎じの、受け売りの、独創性のない◆限定的形容詞」。
cut outは「切り取る、切り抜く、切開する、切り離す、裁断する、除外する、省く、取り除く、(道を)切り開く、押しのける、急に出る、やめる、断つ、よす、よしてくれよ。(Would you cut it out? You're in my way!=やめて!邪魔しないで!)(Cut out the nice words.=きれい事言わなくてもいいよ。)(Cut out the wisecracks.=冗談はいいかげんにしろよ。)、切り上げる、帰宅する(I'm going to cut it out.=《人の家から帰るときに》そろそろ切り上げるよ。)、 ~と関係を断つ、~と絶交する、〔自動スイッチなどが〕切れる、〔機械・エンジンなどが〕急に止まる、故障する、(すべきことを)決める、準備する、予定する、あてがう、~に打ち勝つ、~に適させる、しにくくする、〈話〉急いで逃げ出す、ずらかる(The rumor I had cut out for Mexico made the rounds in town.=おれがメキシコにずらかったといううわさが町で広まった。)、《be ~》~に適する、~に向いている」。
walk itは「〈話〉歩いていく」。
in search ofは「~を探し求めて(The parent birds left the nest in search of food.=親鳥たちは餌を求めて巣から飛び立った。)」。
far in the distanceは「はるか遠くに(far off in the distance=ずっと遠くで)」。 look pastは「~から視線を移す(look past ~ and at=~の後ろの…を見る)」。

0 件のコメント: