[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Tales of Vesperia(テイルズ オブ ヴェスペリア)

2008年9月1日月曜日

【ディクテーション】Tales of Vesperia(テイルズ オブ ヴェスペリア)

GameStopGAMESPOT(←ビデオレビューReview1を見てみましょう。とてもわかりやすい英語でヴェスペリアの良さが語られています)。 絶賛プレイ中のXbox360テイルズ オブ ヴェスペリア(8/7発売)の北米版が8/26発売になるということでGameStop使って取り寄せてみたらUPSで発売日の翌日に到着するわ、日本のXbox360に入れてみたら普通に英語で遊べちゃうわ、日本版のセーブデータでそのまま引き継げて遊べちゃうわ、英語版オープニングムービー日本語版)をはじめとして良い具合に英語化もされているっぽいわ、これ作ったサンタクララのナムコってアメリカ時代マイカー通勤で毎日見てたGreat Americaのすぐそばのアレだよなあ、ということで、しばらくこれを素材にしてみようと思いました。ゲームは同じ場面の繰り返しが基本なので、アニメとは違う学習効果を期待できます。ただし俗語に関して言えばアニメ以上に要注意です。というわけで、最初のムービー・エステリーゼ語りから行きましょう。

この世界、テルカ・リュミレース。大地と海が何処まで続くのか、知る人はいない。 なぜなら……世界にうごめく魔物たちに比べ、人はあまりにも弱い。 我々の住む街を守る結界、我々は己を守るためにその中で生きながらえている。 それを成す、核となる魔導器。 世界に満ちた根源たる力、エアルを使い、魔導器は、 火、水、光、繁栄に必要な、ありとあらゆるものを、今日まで我々に与え続けてきた。 Our world, Terca Lumireis, No one knows how far its lands and oceans stretch. For the people are no match against the hordes of monsters that crawl the earth. Barriers protect the cities in which we live, and we are completely dependent upon them for our survival. These barriers are generated by the blastia. Blastia use the primeval power of aer that fills the world...
...To provide us with fire, water, and light. They provide us with everything that has made the empire prosper.
やがて、いつの日か、結界の向こうに、 凶悪な魔物が生息する事も我々は忘れてしまうのだろう。 Perhaps one day...
...We may even forget the threat of the vicious
monsters lying in wait, just beyond the barriers.
繁栄と成長を続ける世界…… すべての人々のための平和、魔導器の恩恵により 更なる発展を遂げていくだろう。 The blessing of the blastia...
...Will bestow ever more prosperity to the world and peace to its people.

……なぜ?この街の結界はどうなっているんだ!! Oh no... I don't get it. What could have happened to the barrier in this town?!

平和の礎である帝都ザーフィアスより願う。『世界が穏やかであるように』 (ノック)
……っ!
From the imperial capital Zaphias, bedrock of peace, we pray:
May tranquility bless this world. ...!

ユーリ!たいへんだよ! Yuri! This is not good!
でかい声出してどうしたんだ、テッド What's with all the yelling, Ted?
あれ、ほら!水道魔導器がまた壊れちゃったよ!さっき修理してもらったばっかりなのに Look! The aque blastia's broken again! And they just finished fixing it.
なんだよ、厄介ごとなら騎士団に任せとけって。そのためにいんだから What's the big deal? Just leave it to the mighty Imperial Knights. That's what they're there for.
下町のために、動いちゃくれないよ。騎士団なんか! Hah, the Kights? You know they never come to the lower quarter.
世話好きのフレンがいんだろ? What about the heroic Flynn?
もうフレンには頼みに行ったよ!でも会わせてもらえなかったの! I already tried t get Flynn. They wouldn't even let me see him!
はあ?オレ、フレンの代わりか? Oh, so I'm Flynn's replacement, huh?
いいから早く来て!人手が足りないんだ! Never mind that, come on! We're short on people!
テッドぉ!テッドぉ!降りてきなさい!あんたも手伝うのよ! Ted! Ted! You get down here! They need your help, too!
ちょっ、ちょっと待ってよぉ……もう……ユーリのバカ! I'll... I'll be there in a sec! Yuri... Come on already!
騒ぎがあったらすっ飛んでくる奴なのに……あの調子じゃ、魚しか住めない街になっちまうな That's weird. He always comes running whenever there's trouble... This place is gonna become an aquarium soon if this keeps up.

forは接続詞で「(その理由は)~だから」。
hordeは「大群、多数(A horde of people invaded the king's palace.=人々が大群となって王宮を襲った。)、群がる、群落になる」。
primevalは「原始(時代)の、太古の」。
prosperは「成功する、栄える、繁栄する、繁盛する(Companies like this prosper in bad economic times.=このような企業なら不況のときでも栄える。)、~を繁栄させる」。
lie in waitは「待ち伏せする、待ちかまえる、潜んでいる、迎撃する、虎視眈々と狙う◆攻撃やいたずらなどを仕掛けるため(It's frightening that someone lies in wait [ambush] to trip you up.=誰かが足元をすくおうとして虎視眈々と狙っているなんて怖いね。)」。
bestowは「~を授ける、与える、贈る(It is an honor to bestow the gold medal on an Olympic athlete.=オリンピック選手に金メダルを授けるのは名誉なことである。)、~を費やす、利用する」。
bedrockは「岩盤、基盤岩(The drill struck bedrock a meter below the surface.=ドリルは地下1メートルのところで岩盤にぶつかった。)、基盤、根底、根幹、根本(原理)、基礎的事実、基礎の、最低の」。
tranquilityは「静けさ、静かなこと、静寂、静穏、穏やかさ、落ち着き、平穏、平和、安定、平安、冷静(The man wanted to find tranquility, so he went camping.=その男性は静かなところを見つけたかったので、森へキャンプに出掛けた。)」。
quarterは「4分の1、25セント、15分、3カ月、四つ切り、4学期制(Ted cut the apple into quarters.=テッドはそのリンゴを4等分に切った。)(Spread enough chicory quarters to cover the bottom of the baking dish.=四つ割りにしたチコリーをグラタン皿の底が隠れるように敷き詰める。)、四半期◆一般的に四半期とは4月から始まる1年間を4期間に分けたもの。◆【略】QTR ; Qtr ; qtr、地区、地域、地帯、街、住居、部屋、兵舎、宿舎、官舎、方面、部署、船尾側、間柱、腰革、寛大な措置[扱い]、慈悲◆降伏した者に対する、〈ラテン語〉4回、(条文番号として)~の4◆【同】four times、4分の1の、4半分の、四つ割りにした~、~の四つ割り、~を4分する、4等分する、~を宿泊させる、~を部署につかせる、右往左往する」。
aquariumは「水族館、水槽、アクアリウム、人工池(Jim always goes to the aquarium whenever he has free time.=ジムは、時間ができるといつも水族館へ出掛けていく。)」。

テイルズ名物のスキットも当然すべて英語化されています。 一番最初のスキットEveryday in the Lower Quarter(下町の日常について)。

昨日は昨日で騎士団とのもめ事に借り出されるわ、今日は今日で、水道魔導器が壊れるときたか。 なんだって、この下町は、毎日騒がしい事件が次から次へと起こるんだろうな。 First, the trouble with the Knights yesterday. Now the aque blastia breaks... Why does stuff like this happen every day in the lower quarter?
ワン! Woof!
わ~ってるよ。ぼやいてても仕方ねえってんだろ。 I know, I know. There's no use whining about it.
ワン! Woof!

whineは「哀れっぽい(泣き)声、すすり泣く、哀れっぽく泣く、哀れな声を出す、むずかって泣く、めそめそと愚痴を言う[こぼす]、泣き言を言う、弱音を吐く、訴えるように泣く、ごねる、駄々をこねる(Stop whining.=泣き言をいうのはやめてくれ。)、(犬が)クンクン鳴く(I felt sorry for the puppy when I heard it whine.=クンクン鳴くのを聞いて、私はその子犬がかわいそうになった。)」。
whine aboutは「~についてめそめそと愚痴を言う(My children are whining about wanting toys always.=子供たちはいつもオモチャが欲しいと愚痴を言っている。)」。

姫も良いのですがやっぱおいしいのはリタっちですねキャラクター的に言うなら。と楽画喜堂さんを監視しながら思う。北米版Special Editionの内容がどんなんかのレビューはまた今度。

0 件のコメント: