[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Lucky Star(らき☆すた) (3)

2008年9月24日水曜日

【ディクテーション】Lucky Star(らき☆すた) (3)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($28.49)。 2008年9月2日リリース、Bandai EntertainmentのLucky Star第3巻ディクテーション。 泉こなたにWendee Lee、 柊つかさにMichelle Ruff、 柊かがみにKari Wahlgren、 高良みゆきにKaren Strassman、 小神あきらにStephanie Sheh、 白石みのるにSam Regal、 黒井ななこにKate Higgins、 成実ゆいにJulie Ann Taylor、 兄沢命斗にLex Lang。 以下、第10話Desires(願望)のらっきーちゃんねるの前半。

らっきーちゃんねるー! おはらっきー! さあて早いものでらっきーちゃんねるも怒涛の10回目に突入だー! ナビゲーターの小神あきらです。 Lucky Channel! Hiya luckies! Wow, isn't this great? Can you guys believe that Lucky Channel's surging forward with its tenth episode! I'm Akira Kogami, your navigator!
どうもー。アシスタントの白石みのるです。 Hello! I'm her assistant, Minoru Shiraishi.
早速ですが今回はキャラ紹介第4弾。柊かがみ編です。 How about we get down to business by introducing the forth character. It's Kagami Hiiragi!
本編中ではつっこみキャラとしても活躍されてますよね。 In the show, she is the one who places the rational character and keeps things on track.
でもつまりこれツンデレでしょう?ホントわかりやすいし薄っぺらいわね、設定が。 So basically she is a tsundere type. Yeah, right. I got it. Tsundere. Talk about a shallow character.
お言葉ですが。 On the contrary.
はん? Huh?
かがみさんをツンデレと称するのはいささか早計かと思われます。 Let's not jump to conclusions by categorizing Kagami-san as a mere tsundere.
じゃ何よ。 Oh, what is she then?
いわんや、我々はツンデレについて真の理解を成しえているのでしょうか。 いや、残念ながら今やツンデレはその語の普及と反比例して定義の混濁が進んでいると言えましょう。 そもそもツンデレという語が誕生した2002年。 ネット上でのことでしたが、その際掲げられた定義とは、最初はツンツン、やがてデレデレ。 そう、つまり時間経過による心境の変化を指し示すものだったのです! Before we get into that, we must ask ourselves ``Do we truly grasp the concept of tsundere.'' See, in this day and age, it's a sad fact that as the term tsundere becomes a part of the mainstream, its true meaning gets lost in the process. First, we must trace its origins. The term tsundere, dates back to the year 2002, where it was first used on the Internet. It meant a hostile person who becomes affectionate. In other words, it was supposed to describe how a character's personality changed over time!
お前意味わかってんの? Yeah, whatever.
それが今ではまるでキャラクターの二面性を示す言葉。 すなわち、表面上はツンツン、本心はデレデレ、 のように理解されてしまっています。 あえて断言しよう! それは明らかな誤謬であると! 我々は今こそツンデレの真の意味を回復し、 この堕落した言語文化に警鐘を鳴らさなければならないのです! 立てよ国民! These days however, tsundere is used to describe a character's dual nature. For example, a girl who is cold on the outside but loving on the inside would fit the current definition of the term. I'm gonna go out on a limb here! I declare that this is all a huge mistake! We must give the people back the true definition of tsundere! Sound the warning bells! Rise up and be counted, you aliterate messes! Arise!
やるねえ、セバスチャン。 You were going pretty good there, Sebastian.
誰ですか? Who's that?

surge forwardは「前の方に押し寄せる」。
get down to businessは「仕事に取り掛かる、活動を開始する、具体的な話に入る、本題に入る((Well,) Let's get down to business.=(さて)本題に入りましょうか。)」。
on the contraryは「それどころか(Profits this year were not bad; on the contrary they showed great improvement.=今年の利益はなかなかよかった、と言うより、むしろ大幅に増加した。)」。
get intoは「~に入る、~に入り込む、~に潜り込む、~に巻き込まれる、~にかかわる(If I got into the real world, I'd never return to school.=もし実社会に入っていったら、絶対に学校には戻らないだろう。)(When did you get into movies?=いつから映画の世界に入ったのですか?)、~に入学する(It's difficult to get into Harvard University.=ハーバード大学に入るのは難しい。)、(ある状態)になる、~に興味を持つ、~に熱中する、~に夢中になる、~にのめり込む(He really gets into TV games.=彼はテレビゲームに夢中だ。)、(習慣などを)身に付ける、(悪癖が)つく(Susie has gotten into the habit of drinking.=スージーは酒を飲む癖がついてしまった。)(Once you get into the habit, it's not that hard to listen to the program every day=一度習慣になったら、毎日番組を聴くのはそれほど大変ではない。)、~の世界に引き込む、(人)に取りつく(What's gotten into you?=どういう風の吹き回し?/一体どうしたの?/なんてことを!◆相手の奇行などに対して。)(I don't know what got into me.=私はどうかしていました。)("Have you always been interested in English?" "My father got me into it."=「昔から英語に興味があったの?」「おやじの影響でね」)、(とんだことに)足を踏み入れようとしている(I just want you to be sure you know what you're getting into.=私はただ君がどんなことに足を踏み入れようとしているのか分かってほしいだけだ。)、~を習得する、~になれる(The work may appear difficult at first, but when you get into it, it goes very quickly.=その仕事は最初は難しく見えるだろうが、慣れればとても早くできるよ。)、《get A into B》A を B に入れる[陥れる・巻き込む・翻訳する]、《get A into B》A を B に行かせる[誘い込む・おびき出す]、~に従事する、(服を)着る、(靴を)履く、(議会に)当選する、(酒が頭に)のぼる、~の真相を知る、~し始める、~する気になる、〈俗〉~と性交する」。
in this day and ageは「今日では、現代では(It is hard to believe in this day and age there is still so much poverty.=現在も依然として、それほど多くの貧しい人がいるとは信じ難い。)」。
in the processは「そのプロセス[過程]で、いつの間にか」。
traceは「跡、足跡、形跡、痕跡、名残、手掛かり(There isn't any trace on the suspect yet.=犯人の手掛かりはまだつかめていない。)、微量、僅少、気味、《数学》トレース、《製造業・工業》配線、導線、回路◆【同】line、さかのぼる、~をたどる、~の跡をたどる、跡をつける、行方を追跡する、由来を尋ねる、~に帰着する(The police traced the telephone call to the criminal's house.=警察はその電話をたどって犯罪者のアジトを探り出した。)(Descendants of this family can be traced to the present day.=この家系の子孫は現在までたどることができる。)、(線・文字・図などを)引く、なぞる、敷き写す、透き写す、透写する、(馬具の)引き革[綱]」。
date back toは「(起源などが)~にさかのぼる(Her lawyer produced a series of love letters dating back to May, 1997.=彼女の弁護士は、1997年5月までさかのぼる一連のラブレターを提出した。)(Kendo is an ancient Japanese martial art that dates back to the time of the samurai warriors.=剣道は、武士の時代にさかのぼる日本古来の武術だ。)(The origins of Saint Valentine's Day are obscure, but the practice of sending a gift to one's sweetheart or a special friend dates back to the England of the mid 1400s.=聖バレンタインデーの起源ははっきりしないが、恋人や特別な友人に贈り物をする習慣は1400年代中ごろのイングランドにさかのぼる。)」。
hostileは「敵意を抱く人、敵意を持った、対立する、敵の、敵意に満ちた、敵意ある、敵意を抱く、敵視する、敵対する、敵軍の、敵対心を持った、反感を持った、敵国の、冷淡な、とげとげしい(Don't get too close or too hostile to Government officials.=お役人とはつかず離れずの付き合いをしなさい。)(They ended the hostile situation through peace talks.=彼らは和平交渉によって対立状態を終わらせた。)、不利な、都合の悪い」。
affectionateは「愛情の込もった、温かい、優しい◆「心からの好意」を意味する名詞 affection から派生した形容詞。affectionate の愛情の度合いは、love までは至らないが、単純に「好きだ」という意味の like よりは深い。身近な人やペット、人の態度や言葉遣い、考え方など、さまざまなことの形容に用いられる、ごく一般的な語である。◆【類】warm(心温まる)、loving(愛情を抱いた)、doting(愛におぼれている)、kind(心の優しい)(Cats tend to be very affectionate when rubbed.=猫はなでられると非常に情愛深くなる傾向がある。)」。
over timeは「時間がたてば、長期にわたると、時間とともに、そのうち、やがて、いずれ、長い間に、自然に、独りでに(Capacitors lose their charge over time.=コンデンサは時間がたつと電荷を失う。)、ゆっくり時間をかけて、長い期間をかけて」。
(out) on a limbは「枝先に身を乗り出して、一歩間違えれば落ちてしまう危険な状態で、危険な[不利な]立場[状況]で(We were (out) on a limb in our discussions about foreign aid.=海外援助に関する議論で、私たちは不利な立場に置かれた。)、(誰にも助けてもらえず)独りぼっちの状態で、孤立して」。
go out on a limbは「危険を冒す、困難[不利・危険]な立場になる(Why should Bob go [climb] out on a limb for someone who never helped him?=一体どうしてボブは自分を助けもしてくれなかった人のために不利な立場になるのだろうか?)」。
aliterateは「活字離れした(人)◆字が読めるのに本や新聞雑誌を読まないでいる(人)」。


↑の2:00あたり参照。

0 件のコメント: