[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Code Geass: Lelouch of the Rebellion (コードギアス 反逆のルルーシュ)

2008年8月17日日曜日

【ディクテーション】Code Geass: Lelouch of the Rebellion (コードギアス 反逆のルルーシュ)

ANNmania.comrightstufdvdpacific($42.31)。 Bandai Entertainmentより8月5日リリースのCode Geass: Lelouch of the Rebellion Vol.1 & Vol.2。 Limited EditionはVol.1+Vol.2+CD2枚つきです。 ルルーシュ・ランペルージにJohnny Yong Bosch、 枢木スザクにYuri Lowenthal、 C.C.にKate Higgins、 紅月カレン(カレン・シュタットフェルト)にKaren Strassman、 ナナリー・ランペルージにRebecca Forstadt、 ユーフェミア・リ・ブリタニアにMichelle Ruff、 シャーリー・フェネットにAmy Kincaid、 ミレイ・アッシュフォードにJulie Ann Taylor、 リヴァル・カルデモンドにBrian Beacock、 ニーナ・アインシュタインにKim Mai Guest、 シャルル・ジ・ブリタニアにMichael McConnohie、 クロヴィス・ラ・ブリタニアにSam Regal、 コーネリア・リ・ブリタニアにMary Elizabeth McGlynn、 ジェレミア・ゴットバルトにCrispin Freeman、 ヴィレッタ・ヌゥにMegan Hollingshead、 ロイド・アスプルンドにLiam O'Brien、 セシル・クルーミーにDeborah Sale Butler、 藤堂鏡志朗にSteven Blum、 扇要にKirk Thornton、 玉城真一郎にMichael Lindsay、 南佳高にKeith Silverstein、 杉山賢人にGrant George、 井上にCindy Robinson、 吉田にDoug Erholtz、 マオにEzra Weisz、 あーもう多すぎ以下略! 以下は第8話The Black Knights(黒の騎士団)の最後から。難易度はかなり高いと思いますもう二度とやんないぞ。

人々よ、我等を恐れ求めるがいい! 我等の名は黒の騎士団! People! Fear us, or rally behind us as you see fit! We are the Black Knights!
騎士団? Black Knights?
皮肉だね。テロリストがナイトを名乗るなんて。 Ironic, isn't it? The terrorists referring to themselves as knights?
我々黒の騎士団は、武器を持たないすべての者の味方である! イレブンだろうと、ブリタニア人であろうと! 日本解放戦線は卑劣にもブリタニアの民間人を人質に取り、無残に殺害した。無意味な行為だ。 故に我々が制裁を下した。 We of the Black Knights stand with all those who have no weapons to wield regardless of whether they be Elevens or Britannians. The Japan Liberation Front cowardly took innocent Britannian civilians hostage, and then mercilessly executed them. It was a wanton and meaningless act. Therefore they have been punished.
当然です!このまま流さないと!責任?そんなものは私が取ります! You heard me right! I said let it run! Liable? I'll be the one responsible for this!
クロヴィス前総督も同じだ。 武器を持たぬイレブンの虐殺を命じた。 このような残虐行為を見過ごすわけにはいかない。 故に制裁を加えたのだ。 私は戦いを否定しない。 しかし強い者が弱い者を一方的に殺すことは断じて許さない! 討っていいのは、討たれる覚悟のあるやつだけだ! 我々は、力ある者が力なき者を襲うとき、再び現れるだろう。 たとえその敵が、どれだけ大きな力を持っているとしても! Just as former viceroy Clovis was punished for ordering the slaughter of countless unarmed Elevens, we could not stand by and allow such cruelty to be carried out. And so we made him pay for his action. I will not repudiate battle on a fair and level field. But neither will I tolerate a one sided massacre of the weak by the strong. The only ones who should kill are those who are prepared to be killed! Wherever oppressors abuse their power by attacking those who are powerless, we shall appear again, no matter how mighty, how formidable our foe may be.
正義の…味方? Knights... for justice?
力ある者よ、我を恐れよ! 力なき者よ、我を求めよ! 世界は、我々黒の騎士団が、裁く! Those of you in power, fear us. Those of you without it, rally behind us. We, the Black Knights, shall be the ones who's standing judgment of this world!

rallyは「再集合、回復、反発、反騰相場、(政党・労働組合などの)集会、会合、大会、総会(They held a rally to protest against the war.=彼らは戦争に反対する集会を開いた。)(He was shot dead at an election rally.=彼は選挙集会で射殺された。)、《テニス》ラリー◆互いに連続して打ち返しあう。、《車》ラリー◆運転困難な走路の自動車レース。アフリカのサファリ・ラリーなど。、集まる、再結集する、回復する、持ちなおす(Stocks have rallied in anticipation of a recovery.=株は回復を期待して値を上げた。)、《野球》反撃する、~を(再び)呼び集める、(再び)集めて整える、集めて再組織する、再結集させる、まとめる、(元気を)取り戻す、回復させる、~を元気づける(They can rally people's hearts around.=それらで人々の心を回復できる。)、冷やかすこと、からかうこと、冷やかす、からかう」。
rally behindは「~の下に結束する、~の味方につく」。
see fitは「適当と思う」。
refer to oneself asは「~と名乗る」。
stand withは「~を支持する(Most of the villagers stood with Tom.=村人のほとんどがトムに賛成した。)」。
mercilesslyは「無慈悲にも、無情にも、情け容赦なく」。
wantonは「いたずらっ子、浮気女、みだらな、ふしだらな、残酷な、無慈悲な、理不尽な、不公平な、奔放な、放縦な、気ままな(Anyone with such wanton disregard for rules must be punished.=規則を勝手気ままに無視する人は、誰でも罰せられるべきだ。)、ぜいたくな、過剰な、有り余る、浮かれた、ふざけた、行儀の悪い、わがままな、〈古〉反抗的な、強情な、ふしだらに振る舞う、好色にふける、~を浪費する」。
liableは「(法的に)責任がある、責任を負うべき、~を免れない◆特に負債や損害に対する支払義務など、法的な責任を負う場合に使われる。(He was liable for the car accident.=彼はその自動車事故に法的に責任があった。)(Mentally unstable people are not always held liable for their actions.=精神的に不安定な人は必ずしも自らの行動に責を負うと見なされない。)(He is liable for all damages.=彼は損害賠償すべてに対して責を負う。)(Members of both Houses shall not be held liable outside the House for speeches, debates or votes cast inside the House.=両議院の議員は議院で行った演説や討論や表決について院外で責任を問われない。◆日本国憲法第51条)、~しがちな、~しやすい(Those loved by many are liable to untimely death.=多くの人に愛される人は若死にしやすい。」。
viceroyは「《昆虫》カバイロイチモンジ(チョウ)、バイスロイ◆北米に広く分布するタテハチョウ科(Nymphalidae)イチモンジ属のチョウ。オレンジと黒の鮮やかな羽は、有毒のオオカバマダラ(monarch)に擬態して自らを守ろうとするもの。学名 Limenitis archippus。、副王、総督◆植民地などの統治者の代理を務める者」。
slaughterは「大虐殺、大量殺りく、食肉処理[解体]、完敗、虐殺する、大量に殺す、食肉処理[解体]する(The cattle were slaughtered.=その牛は食肉処理[解体]された。)、~を徹底的に負かす、打ちのめす」。
stand byは「そばに立つ[いる]、(救助できるように近くで)待機する、スタンバイしている、準備する、~を援助する、~の力になる、~に力を貸す、~を支持する(I will stand by you, no matter what happens.=どんなことがあっても、私はあなたの味方です。)(I was hoping you would stand by her.=あなたが彼女の支えになってくれると思ってた。)(I'll stand by your decision.=私は君がどんな答えを出そうとも、それを応援する)、(約束を)守る、次の通信を待つ、(近くにいて)かかわらないでいる、傍観する」。
crueltyは「残酷さ、残酷な行為、残虐な行為(Cruelty to animals is against the law.=動物虐待は法律違反だ。)」。
repudiateは「~を否認する、拒否する、拒む、退ける、無効とする、(妻子を)捨てる(I must repudiate that accusation.=その非難は誤りであると否認しなければならない。)」。
massacreは「大虐殺、皆殺し◆【類】bloodbath(Many gangsters were killed in the St. Valentine's Day massacre.=セントバレンタイン・デーの虐殺では、多数のギャングが殺された。)、完敗、大敗◆スポーツなどでの、虐殺する、殺りくする、完敗させる、打ち負かす」。
oppressは「(権力などで)虐げる、圧迫する、重圧感を与える(She was oppressed by her father, so she ran away from home.=彼女は父親に虐げられたので家を出た。)(The boss tried to oppress his workers' rights.=経営者は労働者の権利を押しつぶそうとした。)」。
oppressorは「迫害者」。
in powerは「政権の座にある」。

これでもかっ!ってな北米初回版の内容についてはいつもどおり物もの日記さん参照のこと。ピザハット全部綺麗に消されてて笑った。Biglobeはいいんだなー。ってかマンガの1巻付いてきたことに物もの日記さんを見て気づいたのでした。

0 件のコメント: