[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Please Twins! (おねがい☆ツインズ) (2)

2008年6月1日日曜日

【ディクテーション】Please Twins! (おねがい☆ツインズ) (2)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific($22.56)。 あー5月の投稿も低調な結果でしたな、ということで、引き続きBandai Entertainmentの「Please Twins! (おねがい☆ツインズ)」。 このアニメ、教科書に載っていいような典型的な(基本的だからこそ重要な)会話事例が多くて、とっても勉強になるのです。 神城麻郁にJohnny Yong Bosch、 宮藤深衣奈にJan Irving(Kari Wahlgren)、 小野寺樺恋にLara Jill Miller、 島崎康生にCrispin Freeman、 織部椿にJessica Straus、 森野苺にJulie Ann Taylor、 風見みずほにBridget Hoffman、 まりえにSandy Fox、 四道跨にTony Schnur、 四道晴子にTherese Nguyen、 佐川秋那にSherry Lynn、 真下双葉にPhilece Sampler、 社裕香にJulie Maddalena、 菊池浩美にKaren Strassman、 縁川小石にMichelle Ruff、 なっちゃんにWendee Lee。 以下、第1巻Three's Companyに収録の第1話Three Twins?(双子が3人?)のAパートより。

西海ノ口? 目と鼻の先だぜ。 騙されたな。 災難だとは思うけど、同情はしたくねーな。 君、休みの日でもないのに何やってんの? ヒッチハイクで新しい自分を探してたりする途中とか? The west beach exit? You're almost there already. That guy tricked you, huh? That was pretty unfortunate for ya. It's too bad you had to go through it. So, what are you doing around here? It's not a holiday. Are you in the middle of trying to find yourself by hitchhiking around the country or something?
違う。 No.
じゃあ…うっ。 Then what?
もっと、切実。 Something much more desperate.
そう、ごめん。 Oh, sorry.
…?同じ目の色。 Uh? We have the same color eyes.
あ、ああ。流行ってるのか、カラーコンタクト。 Oh yeah. Are colored contacts really popular?
私のはもとから。 I was born with this color.
俺だってそうだよ。 Really. Well, so was I.
ホントに? Is that so?
そんなに近づくなって。 Hey, you don't have to get so close.
そういう意味じゃないのに…あっ。 Huh, I didn't mean that way, you know, I... Ah.
分かってるよ。けど…ああ!いっけね! Yeah I know, but... Oh, no!

どうもすみませんでした。 I'm terribly sorry, ma'am.
うーん、神城君、今月に入って七度目の遅刻よ。 ちょっと多すぎないかしら。 Kamishiro, you've been tardy a lot lately. Seven times this month. Now, don't you think that's a bit much?
人生いろいろありまして。 There is a lot going on in my life right now.
私だっていろいろあるわよ。 I've got a lot going on, too.
そうですね。 I guess that's true.
一人暮らし、まだ慣れない? いろいろ不便でしょう。 You find it hard, living all alone? It must be quite inconvenient.
そういうわけじゃ。 荷物も片付いたし、 人並みに住める環境にはなってきたし。 That's not what I meant. All of my stuff's unpacked, and the living conditions at my home are starting to become normal.
うーん。食事は? Hmm. Are you eating?
なんとか。 I'm getting by.
外食ばかりしてない? そうだ、ご飯作りに行ってあげましょうか。 Aren't you eating out all the time? I know, yeah. Why don't I make you dinner tonight?
いえ、旦那さんに悪いですから。 No, it would just inconvenience your husband.
ハクション! Atchoo!
とりあえず明日からちゃんとしますで。 Anyway, thanks for the offer. I promise that I'll do better tomorrow.
神城君…。 But Kamishiro..
それではこれで。 Please excuse me, ma'am.

around the countryは「国中で起こっている、各地の」。
desperateは「絶望的な、自暴自棄の、捨て鉢の、やけくそになった、いちかばちかの、死に物狂いの、必死の、~したくてたまらない、欲しくてたまらない(Desperate disease must have desperate remedies.=《諺》絶望的な病には荒療治が必要。)(She was so desperate, she thought about suicide.=彼女はすっかり絶望していたので、自殺しようと思った。)」。
tardyは「遅刻、(進行・成長などが)遅い、もたもたしている、のろのろした、遅々とした、遅刻した(The tardy student was scolded by the teacher.=その遅刻した生徒は、教師にしかられた。)」。
get byは「うまく通り抜ける、(検閲などを)通る、なんとか生きていく(I don't think I could get by without my cell-phone [cellular phone, mobile(-phone)] anymore.=携帯電話なしでは、もう生きていけないと思う。)(How can you get by on three hours of sleep a night.=どうやったら1日3時間の睡眠でやっていけるの?)("How're you doing?" "Just getting by."=「どないでっか?」「ぼちぼちでんなー」◆大阪弁)」。
make someone dinnerは「(人)にディナー[夕食・夕飯]を作ってやる(I made you a nice dinner.)(I'll make you some dinner.)」。
inconvenienceは「不便(さ)、不都合、不自由、迷惑(I hope this misunderstanding has not caused any inconvenience on your side.=今回の誤解のために、ご不便をお掛けしていないことを切に願っております。)(I'm sorry for the inconvenience.=《謝罪》ご面倒をお掛けしてすみません[申し訳なく存じます]。)(It's no inconvenience to me.=少しも迷惑ではありません。)(It was an inconvenience to wait outside for the movie.=映画を外で待つのは不便だった。)、~に迷惑を掛ける、不便を掛ける、不便を感じさせる(I hope I haven't inconvenienced you too much.=それほどご不便をお掛けしなくて済んでいればいいのですが。)(It doesn't bother her to inconvenience others.=彼女は人の迷惑などお構いなしだ。)」。

基本的な言い回しをちゃんと押さえましょう。私の場合、desperateの使い方はこの深衣奈の場面で憶えたし、getting by(ぼちぼちでんな)もこの麻郁の言い回しで憶えた。

0 件のコメント: