[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】5 Centimeters Per Second(秒速5センチメートル) (2)

2008年4月13日日曜日

【ディクテーション】5 Centimeters Per Second(秒速5センチメートル) (2)

ANN(A-)、 AOD(未)、 rightstufdvdpacific($17.08)。 遠野貴樹にDavid Matranga、 篠原明里にHilary Haag(1話、3話共通)、 澄田花苗にSerena Varghese。 以下、第1話Cherry Blossom(桜花抄)から、この映画で最も希望の持てる瞬間の直前あたり。

「お客様にご案内いたします。 ただいま、降雪によるダイヤの乱れのため、少々停車いたします。 お急ぎのところ大変恐縮ですが、現在のところ、復旧の目処は立っておりません。 繰り返します。 ただいま、降雪によるダイヤの乱れのため、少々停車いたします。 お急ぎのところ大変恐縮ですが、現在のところ、復旧の目処は立っておりません。」 This announcement is for all passengers. Due to heavy snowfall, service for this train will be delayed for the sake of route rescheduling. We apologize for this delay, but at present aren't at liberty to say when service will resume. I repeat: Due to heavy snowfall, service for this train will be delayed for the sake of route rescheduling. We apologize for this delay, but at present aren't at liberty to say when service will resume.
貴樹君、お元気ですか。部活で朝が早いので、この手紙は電車で書いています。 Dear Takaki, how are you? Lately I've been getting up early because I'm busy with school activities.
手紙から想像する明里は、なぜか、いつも一人だった。 電車はそれから結局2時間も、何も無い荒野に止まり続けた。 たった一分がものすごく長く感じられ、時間ははっきりとした悪意を持って僕の上をゆっくりと流れていった。 僕はきつく歯を食いしばり、ただとにかく泣かないように、 耐えているしかなかった。 When I read her letters, I always envisioned her alone. In the end, the train spent around two hours, motionless, in the middle of nowhere. Every minute seemed like an eternity. Time felt heavy with malice, as it slowly crept by. All I could do was grit my teeth and try to hold back my tears.
明里、どうか、もう、家に、帰っていてくれれば、いいのに。 Akari.. Please.. Please.. Don't wait for me.. If you'd just go back home..

at liberty toは「《be ~》自由に~してよい、勝手に~できる("Why didn't you tell me about the party?" "Well... I was not at liberty to talk about it." =「どうしてパーティーのこと教えてくれなかったの?」「うーん…勝手に話しちゃいけなかったから」)」。
envisionは「(将来のことを)想像する、心に描く、思いを巡らす◆【類】predict(予測する)、plan(計画する)、imagine(想像する)、fantasize(空想する)(They envision a world where everyone will live in peace.=彼らはすべての人々が平和に暮らしている世界を想像している。)」。
motionlessは「動かない、じっとしている、静止した(The frog sat motionless in the pond.=カエルは池の中で動かなかった。)」。
in the middle of nowhereは「辺ぴな所に【同】miles from nowhere(It is meaningless for you to open a restaurant in the middle of nowhere.=こんな辺ぴな所にレストランをオープンするなんて無意味だ。)("You wanna go to Montana this summer?" "What? No! Why do you wanna go to Montana, it's in the middle of nowhere!" 「今年の夏モンタナ行きたい?」「は?やだよ!なんでモンタナなんて行きたいの?何にもないじゃん!」)」。
maliceは「悪意、恨み、犯意(Malice hurts itself most.=《諺》悪意のある人の最大の被害者は悪意のある人自身である。)(He held no malice for his first wife.=彼は最初の妻に対して何の恨みもなかった。)」。
creepは「はうこと、忍び寄り、ゾッとする感じ、陰気な人、薄気味悪い人、嫌な感じの人、不快な人、不愉快な変わり者、嫌でたまらない人、変な人、付き合いの悪い人、気に食わない人、つまらない人、退屈な人、うんざりさせる人、座を白けさせる人、こそ泥、おべっかを言う人、ゆっくりした動き、《力学》ずれ、《工・材料》クリープ、クリープフェンス、《地学》クリープ、はう、ゆっくり近づく、忍び寄る、絡み付く、のろのろ進む、ゆっくり動く、しなう、しなる、卑屈な行動をする、へつらう、おべっかを言う、縮こまる、《工・材料》クリープを起こす、変形する、(人)をゾッとさせる」。
gritは「ちり、砂、砂粒、小砂、砂利、度胸、勇気、根性、不屈の精神、軋る、~を砂で覆う、~をきしらせる」。
grit one's teethは「歯を食いしばる(To get through this tough situation, just grit your teeth.=この苦しい状況を乗りきるために、歯を食いしばって頑張りなさい。)(I gritted my teeth and tried to concentrate.=私は歯を食いしばって気持ちを集中しようとした)、(怒り・苦痛などをこらえて)歯ぎしりする」。
hold backは「(事実・本心などを)隠す[秘密にする・しまっておく]、本当のことを言わない、(事実・本心などを打ち明けることを)はばかる[恥ずかしがる]、(感情を)抑える、(行動を)(差し)控える、自制する、思いとどまる、(すごすごと)引き下がる、尻込みする、ためらう、遠慮する、手加減する、容赦する、気後れする、ひるむ、押しとどめる、引き止める、食い止める、(群衆を)制止する、制御する、阻止する、《野球》バットを止める、(上達・進級などを)妨げる、阻害する、取り消す、引っ込める、出し惜しみする、逮捕する」。

routeの発音に注意。「ルート」ではなく「ラウト」と発音するのが標準的です。(私の仕事にはとても重要なこと)

新海さんらしい日本語の場面。秒速5センチメートルのディクテーションは字幕が割合忠実でとてもやりやすいです。

0 件のコメント: