[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Dai-Guard(地球防衛企業ダイ・ガード)

2008年3月9日日曜日

【ディクテーション】Dai-Guard(地球防衛企業ダイ・ガード)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific($28.21)。 TOEIC 935達成記念(ようやく人様に言えるスコアになったかと思う)。 復習とコンテンツ強化を兼ね、旧ページでやっていたディクテーション記事を順次、 このブログに反映していきたいと思います。 今回はおねしぺっ!より 2004年8月16日の「ダイ・ガード」。 赤木駿介にJoey Hood、桃井いぶきにLana Lesley、青山圭一郎にSteve Metz、 大山紀子にChrista Kimlicko Jones、入江静香にLane West、谷川風花にLarissa Wolcott、中原千秋にShaneye Ferrell、 百目鬼里香にJennifer Haley、大杉春男にEdwin Neal、城田志郎にMick D'Arcy、佐伯にRobert Newell、 横沢晋也にDan Dietz、石塚智美にMichael D'Alonzo、田口友朗にMichael Kranes、伊集院博孝にCorey M. Gagne、墨田洋介にMartin Burke。 以下は第16話Always Sunny in the Soul(いつも心に太陽を)のAパートより。 俺はやっぱり大山さんがいいと思う。

私、会社やめようかな。 I think.. maybe I'm gonna quit.
え? What?
なんかね、空しくなっちゃった。 私たちの苦労とか努力とか、会社は何にも認めてくれないのね。 私、ただなんとなく働いてた。 与えられた仕事をこなして、お給料をもらって満足してた。 でも、ヘテロダインが現れるようになって、 ダイガードが必要とされるようになって、 はじめて自分の仕事に誇りを持てるようになったの。 私っていう人間が、なんか必要とされてるんだって、そう思えるようになったの。 でも、全部幻想だった。 It's kind of.. it's all become so meaningless. Our dedication and hard work, our company doesn't notice at all. All that matters to them is the bottom line. It didn't used to bother me that much. I was fine with doing my working getting my pay check. But then the Heterodyne began appearing again. Dai-Guard wasn't just an advertising gimmick any more. And for the first time in my life, I started to take pride in my work. I started to realize that this person I looked at in the mirror, this person staring back was.. kind of.. needed. Do you think I was just deceiving myself?
そんなことないですよ。 大山さんはなんでこの仕事を選んだんですか? Oh, not at all Ooyama. So if you don't mind my asking, why did you choose this job in the first place?
忘れちゃった。 I can't remember.

quitは「免除された、やめる、断念する、終了する、離職する、引退する、禁煙する、~をやめる、断ち切る、手放す、~を辞職する、退職する、~から立ち退く、立ち去る、去る、離れる」。
become meaninglessは「意味がなくなる」。
dedicationは「献身、専念、熱心さ、専心、献納、奉納、奉献、寄進、献辞、献詞、作品をささげること、落成式、竣工式、奉納の儀式」。
all that mattersは「《be ~》(主語)だけが大事だ」。
fine withは「《be ~》~でよい(I'm fine with that arrangement. =私はその取り決めに賛成だ)」。
gimmickは「巧妙な仕掛け[戦略]、トリック、からくり、(人目を引くための)策略、新工夫、新機軸、人目を引く PR 戦術、宣伝のための企画、~に巧妙な仕掛け[戦略]を用いる」。
take pride inは「~を自慢[誇り]に思っている、~に誇りを持つ、~を誇りとする、~を自慢する、~を得意がる、~を自負する」。
neededは「必要とされる」。
deceive oneselfは「(自分に都合のいいように)誤解する、思い違いする(She is deceiving herself about her ability. =彼女は自分の能力について思い違いをしている)」。

2004年8月16日の結果をいくつか修正しています。 あの頃よりは自分の英語力は増していると明確に理解できるその反面、 知らないイディオムの聞き取りにはずいぶん時間がかかっており、ここから990への道のりは相当きびしそうです。

0 件のコメント: