[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Azumanga Daioh(あずまんが大王)

2008年3月31日月曜日

【ディクテーション】Azumanga Daioh(あずまんが大王)

ANNAOD(A)、 rightstufdvdpacific($39.50)。 今日の復習は2004年9月13日のおねしぺっ!よりADVの「あずまんが大王」。 美浜ちよにJessica Boone、 滝野智にMandy Clark、 水原暦にNancy Novotny、 春日歩にKira Vincent-Davis、 榊さんにChristine Auten、 神楽にAllison Sumrall、 かおりんにTiffany Grant、 谷崎ゆかりにLuci Christian、 黒沢みなもにMonica Rial、 木村先生にAndy McAvin、 ちよ父にJason Douglas。 以下、第1話のThe Osakan Gal(大阪人や)から。

大阪の人ってさ、赤信号でも横断歩道渡るって本当? Hey, tell me if this is true or not, the people in Osaka cross the street even when the light is red?
うーん、どやろ。私は渡らんなあ。あんまり忙しいの苦手やし。 I don't know. I mean I don't. I don't like crowded places much.
春日さんてあんまり大阪人って感じしないね。もっとうるさそうな人を想像してたけど。 I have to say you don't really seem like the typical Osakan, Kasuga. I was expecting someone a little more rowdy than you.
大阪人みんながうるさいわけやないから。 Well, it's not like all us Osaka folk are loud, you know.
ニセモノー! Aha! Imposter!
ニセモノ?私はニセモノ?ニセモノや言われても。 Imposter? I'm an imposter? You say I'm a fake but...
じゃあお弁当を見せてよ。それを見れば一目瞭然。大阪人の弁当にはたこ焼きが入ってるはずよ。 OK! Then show me your lunch box! As they say the proof is in the pudding, all in the case of true Osakan, in the fried octopus balls they are always packed.
え、そんな、大阪やからて。 Um, but the thing is .. just 'cause I'm from Osaka...
ええ!? What's?
あ。なんでやねん。 Huh. Hey, why in the heck?
うーよっしゃー! All right!

rowdyは「乱暴者、乱暴な、騒々しい、けんか好きの、がさつな、下品な、盛り上がっている」。
loudは「(音量が)大きい、うるさい、けたたましい、騒々しい、声高に主張する、派手な、けばけばしい、不快な、イライラさせる、大きな声[音]を出す、声[音]の大きい[高い]、騒々しい、けばけばしい、派手な、不快な、大声で、声高に、けばけばしく、不快に」。
imposterは「詐欺師、詐称者、偽者、かたり、替え玉」。
As they say the proof is in the pudding, ...The proof of the pudding is in the eating.=(ことわざ)プディングの味をみるには食べてみることだ;「論より証拠」をリファーしています。

2004年9月13日の時点ではかなり大きな聞き取りミスをしているようです>自分。まあ、分からないところを自分で必死になって調べるのがディクテーションの醍醐味ですから…はぁ。それにしてもまとめwikiでちょっと間違ってる部分、自分のせいだったりするのかしら…。気を取り直して。同話からは次の"get it together"の場面もぜひ押さえておきたいです。

私、大阪におるときはぼーっとしとるとかよく言われてました。 でも、転校を機会に、しっかりせなあかんて思ってるねん。 しっかり。しっかり。しっかり。 People back in Osaka used to tell me all the time as spaced out I was. But I really ought to take this transfer a chance to get it together once and for all. Get it together. Get it together. Get it together.
春日さん? Miss Kasuga.
しっかり。しっかり。 Get it together. Get it together.
春日さん。 Miss Kasuga.
え? Huh?
春日さん。聞いてた? Miss Kasuga. Were you listening?
あ、いえ。 Um, no.
もう、しっかりしてよ。じゃ、大山君。 Come on! Get it together, will ya? OK, Mr. Ohyama.
はい。 Yes, ma'am.
しっかり。しっかり。しっかり。 Get it together. Get it together. Get it together.
あ、もう終わりか。今日は先生おしまい。ほんじゃアディオース! Oh, the bell already? All right. Teacher's done for the day. Well, adios!
ふう、やっと終わった。明日からしっかりしよ。しっかり。しっかり。 It's finally over. I'll get it together tomorrow. Get it together. Get it together.

spaced outは「《be ~》白昼夢を見る、ボーッとする」。
get it togetherは「(女性が)豊満である、うまくやりこなす、自信を持つ、落ち着く」。
once and for allは「今回限りで、これっきり、きっぱりと(Let's draw a conclusion once (and) for all.=最終的な結論を出そう。)」。
will yaは「《命令文の最後に付けて》~してくれる?、~してよ(もうっ!)◆【用法】イライラしているときに使われる」。砕けすぎの表現に注意。もう少し上品にはwill you=「~してください(ませんか)、~しませんか、~する意志はありますか?」。仕事の上ではさらに謙ってWould youCould youを使うのが常識です。

「しっかりしろ」なんて表現、アメリカであまり使われないんだなぁ、ということです。たいてい違う言い方をするはず。

さてこのアニメ英語学習を始めようとする人に最初にお勧めしたい「あずまんが大王」については、上記で少し触れているように、日本アニメの英語版で勉強! まとめwikiに綺麗にまとめられているのでぜひ参考にしましょう。今回の大阪人やもこちらに誰かの聞き取り結果が転載されています(が残念ながらネイティブの精度ではないようです)。こういう情報があると初心者がいきなり路頭に迷うことが無いでしょう。

ちなみにこの「あずまんが大王」、北米版にしてはかなり丁寧に作られえています。同梱のflyerも文字ぎっしりですわ。っても今手に入るThinpakにはついてこないかな。

0 件のコメント: