[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 12月 2007

2007年12月24日月曜日

【ディクテーション】Kanon(カノン)

ANN (第1話無料配信中←日本からは見えなくなりました、 好意的な評価)、 AOD(B+)、 rightstufdvdpacific($17.08)。 京アニKanonの北米版がリリース開始。 英語ってのは日本語に比べれば圧倒的に早口で、かつ、Kanonのキャラクターがいかにボケた話しぶりをしているか(そういうところにまでみんな説明つけてたよね昔^^;) ということについてについて良く理解できる英語音声ダブです。 月宮あゆにBrittney Karbowski、 相沢祐一にChris Patton、 水瀬名雪にJessica Boone、 美坂栞にMaggie Flecknoe、 川澄舞にMelissa Davis、 沢渡真琴にTiffany Terrell、 美坂香里にCaitlin Glass、 天野美汐にColleen Clinkenbeard、 北川潤にGreg Ayres、 水瀬秋子にJoanne Bonasso、 倉田佐祐理にNatalie Arneson、 相沢祐一(幼少期)にShannon Emerick、 久瀬にJay Hickman。 以下、第2話Introit in the Snow(雪の中の入祭唱(イントロイト)~introit~)のBパートより。 コミケネタにするのでがんばってみましたヤラナキャヨカッタ。

さて、おでんの材料はっと。 And now to get those oden(?) ingredients.
どいてどいて!どいてー!どいて、ぶつかる! Get out of the way! Moving! Please move or I'll hit you!
よし!箸を持つほうに避けるんだ!…えぇ… OK! Move towards the hand you hold the chopsticks! Huh?
うぐぅ、痛いよぅ。 Uh, Uguu...
何で逆に避けるんだよ! Why didn't you dodge the other way?
うぐぅ、左利き。 Uguu, I'm left-handed!
そこまでは読めなかった。 All right now, that's just ridiculous.
そうだ!逃げないと! Come on! We gotta run!
またか!またなのか! Oh my God! You didn't do it again!
とにかく走って! Shut up and keep up!

続き。

こっちに来てから走ってばっかりだ。 Ever since I got here, all I do is run around.
ずいぶん辺鄙なところだね。 We sure are in the boondocks, aren't we?
なんで二日連続で逃げてるんだ。金は昨日払っただろう。 How come you are running away two days in a row? I thought we paid the man yesterday.
今日もタイヤキを買いに行ったんだよ。そしたらまた財布が無いことに気づいて。 We did. But then I bought more Taiyaki today. But then I realize I didn't have my wallet again.
そこにまた猫が来たのか? Don't tell me there was another cat there today.
ううん。今度は野良犬君。で、また逃げてきちゃったんだよ。 No, this time it was a stray dog. So I sort of panicked and ran away.
はぁ、同じことを何度繰り返せば気が済むんだよ。 Huh, should've you considered checking for your wallet before trying to buy something?
うぐぅ。 Uguu...

"run around"は「走り回る」。
"boondocks"は「《the ~》〈米俗〉(悪い意味で)(ど)田舎、辺ぴな所◆複数形扱い◆【類】sticks ; boonie」。
"stray dog"は「飼い主のない犬、迷子の犬、野良犬」。
続き。

おいしいねぇ。 They are really good, aren't they?
後でまた謝りに行くからな。 We have to apologize again for this later, okay?
うん。…ねえ、さっきこんな道通ったっけ。 Um. Hey, didn't we pass through here earlier?
俺はお前の横を歩いてるだけだぞ。 I don't know where we are. I'm just walking along with you.
ボクも君について歩いているだけだよ。こんなとこ来たこと無いもん。…もしかして、君も知らないの? Well, that can't be right because I was just following you. I've never been to this neighborhood before. So you don't know where we are either?
あのな。地元の人間が知らないものを、おととい引っ越してきた人間が知ってるわけないだろう。 Think about it. If you're asking directions, would you ask a local, or would you ask some guy who just moved to this town the day before yesterday?
引っ越してきた? You are ... new here?
ああ、7年前には良く遊びに来てたけどな。 Yeah. Well I used to visit as a kid before. But that doesn't help us now.
もしかして相沢祐一君?昨日会ったときからそうじゃないかって思ってたんだ。 名前一緒だし。変な男の子だし。 So are you the ... Yuichi Aizawa then? I've been wondering ever since you introduced yourself to me yesterday. You have the same name. And he was a weird guy just like you.
余計なお世話だ。 That's supposed to be a compliment?
帰ってきてくれたんだね。ボクとの約束、守ってくれたんだね。 You came back. I know you would. You kept your promise after all these years.
あゆ、か。 Ayu...?
うん、ボクだよ! Yup! I knew you would remember!
久しぶりだな。 It's been a long time.
うん、本当にひさしぶりだね。おかえり!祐一君!…うぐ! Yeah, yeah, it really has been, huh? It's so good to see you again! ... Ugh!
だ、大丈夫か。あゆ。ええっと、今のは全面的に俺が悪いかもしれない…。 もしかして、ぜんぜん痛くもかゆくもなかったとか? Hey, you aren't hurt, are you, Ayu? That ... may have been my fault when willing to take total responsibility for it. Oh, come on, stop playing around, Ayu! I know it couldn't have hurt that bad!
すっごく痛かったよう! Oh yeah! How would you know!
悪い。つい条件反射で。 Sorry, it was a conditioned response.
うぐぅ!避けたー!祐一君が避けたー! How could you! You dodged my hug, Yuichi!

"after all these years"は「数年ぶりに、これらの年月[歳月]の過ぎ去った後」。
"take total responsibility"は「すべての責任を負う」。
"play around"は「遊び回る、遊びほうける、浮気をする、性的乱行にふける、いじくり回す、いいかげんに扱う、もてあそぶ、おちょくる、なめる、考えを巡らす、試しにやってみる」。
"conditioned response"は「条件反応、条件反射◆【略】CR」。
栞登場!

わ、悪い。大丈夫か? Oh, I'm sorry. Are you all right?
は、はい。 Ah, yeah.
どうしたの?平気? What's the matter? Are you okay?
お前がぶつかったショックで雪が降ってきたんだ。 When you ran into the tree, it made all the snow fall down on her. That's all.
ボクが悪いみたいな言い方だね。 Don't you try make it sound like it was all my fault.
事実だろ。 I'm stating a fact.
祐一君が避けるから悪いんだよ! Why don't you tolerate! It's your fault because you avoided me!
だっていきなり襲い掛かってきたから。 Yeah, but you have been attacking me. So it was I suppose to do.
襲い掛かってなんかないよ!感動の再会シーンになるはずだったのに!君が避けるから! うぐぅ!もういいもん!7年ぶりの感動の再会シーンで木にぶつかったの、たぶんボクくらいだよ! I was not attacking and you know it! That was supposed to be a very touching reunion scene. But you went and blew it! Uguu! Whatever, you know, I bet I'm the only person who's ever run into a tree trying to hug a friend they haven't seen in seven years!
やったな、世界初だ。 Well, congraturations on being the first.
ぜんっぜんうれしくないよ! What! I'm not happy about it!
あゆが変なこと言うからあきれられてるぞ。 I think our friend here is getting a little bit bored with your nonsense talk.
ボクのせいじゃないもん! That is not my fault!
はぁ。立てるか? Huh. Need a hand?
は、はい。 Oh, thanks.
悪かったな。コイツはどうだかわからないが、俺は善良な一般市民だ。 Sorry for all this trouble. I don't know about that one there, but I'm a regular friendly law-abiding citizen here to help.
ボクだって善良な一般市民だよ! Hey, I'm a regular law-abiding citizen, too!
善良な一般市民は食い逃げなんてしないぞ。 How do you figure that one? I mean law-abiding citizens don't dine and dash.
あれはたまたま… That was an accident!
す、すみません。 Sorry, I should be helping.
はい。 Here.
ありがとうございます。 Thank you so much for earlier help.

"blow it"は「〈米俗〉しくじる、とちる、失態を演じる、駄目[台無し・ふい]にする、成功間近のところで失敗する、チャンスを逃す」。
"tolerate"は「~を大目に見る、我慢する、耐える、寛大に取り扱う、許容する、許す、容認する」。
"get bored with"は「~に飽きる」。
"law-abiding"は「遵法の、法に従う、法律を守る、法律を順守する、法治の」。
続き。

ずいぶんたくさん買ったんだね。 Looks like you sure did a lot of shopping.
私、あまり外に出ないのでときどきまとめ買いするんです。 Well, I don't really go out of the house very often. So when I do, I try to stock up.
金払ってるんだから全然問題ないよな。 I don't have any issues with that as long as you pay for everything you're getting.
祐一君の言うこと聞いてるとボクが悪人みたいだよ。 Yuichi, I don't appreciate you making me sound like some kind of hardened criminal.
事実だからな。 Just telling the truth here.
ボクはいい子だよ。 I am a good person!
いい子は食い逃げなんてしないってのに。 Well that's weird. Cuz good people don't steal things.
うぐぅ。えへへ、昔のこと思い出した。祐一君って昔からこんな男の子だったよね。こうして会えたのってきっと運命だよね。 Uguu.. That reminds me of when we were kids. You used to always have fun giving me a hard time about this kind of stuff. It must have been destiny that brought us back together like this.
ただの腐れ縁だと思うぞ。 Or maybe you just keep turning up like a bad cold.
ねえねえ、キミって何年生? So hey, what grade are you in at school?
えと、1年です。 Me? Ah, I'm a sophomore.
じゃあ、ボクのひとつ下だね。 Oh, you're a year younger than me then, huh?
え!あゆって俺と同じ学年だったのか。俺はてっきり… Huh?! You can't possibly be in the same grade as I am! Because I thought that you... At first certainly...
てっきり何かな? Because you thought what?
あえて口にはしない。 You know I would rather not say.
あの、あたしの家、こっちなので。 Well, Ah, my house is right over there, so I'm gonna...
うん、じゃあまたね。 Right! Guess we will see you later!
いや待ってくれ! Hey! Hold on a sec!
はい? Huh?
帰り道を教えてくれ。 Could you please tell us how to get back to town?

"hardened criminal"は「常習犯」。
"sophomore"は「〈米〉(高校・大学の)2年生、(大学の)2回生」。たぶん10年生という意味。 説明は難しいのでwikipedia参照。 つーか知らない単語聞き取るの疲れるわ…。


2007年12月17日月曜日

【ディクテーション】AIR THE MOTION PICTURE(劇場版AIR)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific($17.08)。 Kanon Vol.1発送通知来ました。 大晦日に間に合うかしらん。 それでどういうわけか今回は劇場版AIRの冒頭から。

どこから来てどこへ行くのか、 それが分かっていたら、それは本当の旅じゃない。 本当の旅は、どこから来たかなんてとうに忘れて、どこへ行くかもノーアイディアだ。 そういうもんだと俺は思っている。 そう、旅はすべてが偶然。 偶然という点と点が重なり続くだけ。 俺はただそれを無責任に眺め、やりすごすだけ。 まるで、場末の映画館のたった一人の観客のように。 If you know where you've come from, and you know where you're headed, then you are not on a true journey. When you're on a true journey, you've long forgotten why you left in the first place, and you've no idea where you're supposed to go. At least, that's what I believe, now that I've been on the road so long. Everything that happens on a journey is a coincidence. Little dots of coincidences simply overlapping. And I just watch them go by. It's like I'm watching a play, and the only one in the audience.
だから、この町に下りたのも、単なる偶然。 なんの意味も無い、ひとつのドット。 So was just one of those coincidences that I got off the bus in this town. Damn luck, pure and simple. Another meaningless dot.
ごめん神尾さん、ボール取って! Oh, hey, Misuzu! Can you throw that back?

"headed"は「《be ~》(~の方向に)向かっている」。
"on the road"は「旅行中で、出張中で、遠征に出て、地方回りをして、地方巡業中で、ツアー中で、旅回りをして、どさ回りをして、行商中で」。
"pure and simple"は「純然たる、まさに、~そのもの◆名詞の後に置いて強調を表す」。



2007年12月10日月曜日

【ディクテーション】Utawarerumono(うたわれるもの)

ANNAOD(B+)、 RightStufdvdpacificデスノートの2巻を脇目に見ながらいつのまにかずいぶん憤慨して目の前がクラクラしたりもしたのですが(ライトは普通に殺すだけでは許せん)、今日はアクアプラスフェスタ2007で紹介されていた場面ということでうたわれるものから以下をカヴァーしておきます。 第1話のAパートから。

肩を貸してくれるのはありがたいが、これでは君のほうが疲れてしまう。 I appreciate you are lending me your shoulder. But I'm worried that this is going to wear you out.
大丈夫です。辺境の女は強いんですから。 It will be all right. We country girls are pretty strong, you know?
(…ん?なんだ?) (...Oh, my...)
あの、なにか。ヒャ!イヤ!…はっ!ああ、だ、大丈夫ですか! What's wrong? Are you OK? Ah! No! ...Huh, Ah, I'm sorry. Are you all right?
確かに辺境の女は強いな。 You are right. You country girls certainly are strong.
急に女の子の尻尾を触ったりするからです! Ah. That what happens when you are going grab a girl's tail like that!
それ本物だったのか。 So that thing is real?
え、なに言ってるんですか? Well, yes, of course it is.

補足はとくになし。

2007年12月9日日曜日

【書評】小説・秒速5センチメートル

買い忘れていたことを思い出してなにげに↓のアマゾンレビューを見てみたらすぐ欲しくなって探してみたら横浜ルミネの有隣堂に大量に積んであったので一冊購入。評価:私みたいに映画リピータ1,2,3,4,5の方には第三話をぜひ読んでほしいということで★★★★
  • 第一、二話は映画の内容がほぼそのまま小説になっている感じで、特に新しいことはありません。第三話については大きく補足されていて、主人公貴樹について少し違う印象を持つことになると思います。
  • 新海誠の映像作品といえば鮮烈な自然情景の映像美(光と影と色彩のコントラスト)が特長ですが、 小説でも精緻で繊細な日本語で情景や心情が描写されています。 よくここまで的確で綺麗な日本語が使えるものだと感心します。 (逆にこの文章について、特徴がなく淡白だ、という評価の仕方もあるのかもしれません。) そして彼の映像表現が、教科書どおり、 登場人物の心情を表現するために計算され尽くしてああなっていることをよく理解できます。
  • 第三話の内容が大きく補足されています。 彼の遍歴と、成長と、人間は誰でも孤独だということ。 そして最後に明らかになる明里の手紙の内容。 この内容のおかげで、最後の踏み切りのシーンが消化しやすくなります。 救われた気がします。あの想いは真実であった、と。
  • 思うこと。第三話で明里の内容も詳細に記述されていたら、これは極めつけに心が痛かっただろうなあ。まあ女性の過去というのは禁忌みたいなものですが。。

2007年12月3日月曜日

アクアプラスフェスタ2007 IN ヨコハマ

12/2 16:01@パシフィコ横浜。

横浜だねえ、なみなとみらいの風景。

振り返ればヤツがいる。

物販。結構売れてたみたい。

あーこれがあの紙袋だね。これをこのまま提げてみなとみらいを闊歩する猛者が多数いました。

うたわれBDのパンフ。

うたわれるもののコーナーで英語流して紹介してましたよ!あれはディクテーション候補の場面でした(簡単だったので外した)。

なんかテスト。退場時に提出すると高得点の人にPS3やらうたわれBDやらPSPやらが貰えたらしい。

しかしマジ、一問もわからんねこれは…。 Q46は福山潤の家で2日前に壊れた家電はなにかって問題、 あとQ48あたりは中原麻衣が昨日飲んだ梅酒に入っていたものはなにかって問題だったか。 なんのこっちゃ。 なんにしろひげ独身の出題ビデオは最高だったぜ!
  • というわけでアクアプラスフェスタ2007 IN ヨコハマに行って見た。 ローソンチケットで買ったA席5500円。pm5時過ぎからpm8時過ぎまで、途中休憩15分の約3時間くらいのイベントでした。
  • 行った動機:ヨコハマつってもあまりにもウチの近くでやるもんだから、行かないわけに行かないでしょ、これは。
  • しかし行ってよかったですね。このイベントは面白かった。主にうたわれるもの方面の 人たち(小山力也、柚木涼香、大原さやか)のおかげです。
  • 最後にBrand-New Heartを校歌のように歌った。あれはじーんと来た。それだけで悔いなし。SuaraのコンサートもホワイトアルバムED Power snowのときだけ鳥肌モノでした。
  • 続き。
  • イベントに登場した声優: TH2: 落合祐里香(柚原このみ)、 伊藤静(向坂環)、 生天目仁美(十波由真)、 力丸乃りこ(小牧愛佳)、 小暮英麻(まーりゃん)、 小野涼子(久寿川ささら)、 あとOVA ADの歌歌った人、 うたわれるもの: 小山力也(ハクオロ)、 柚木涼香(エルルゥ)、 大原さやか(ウルトリィ)、 三宅華也(トウカ)、 ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-: 大川透(アロウン)、 後藤邑子(リアンノン)。
  • 観客は、3000人の会場に後方空席が目立っていたから2500人くらいかな?ほぼ男。私のようなおっさんもいたが、高校生くらいの人たちも目立っており、アクアプラスがまだ若い人たちに受け入れられていることを確認。ギャルゲーは不滅なのか。
  • まずはTH2、うたわれるもの、ティアーズ・トゥ・ティアラの順で 歌やら紹介やら。
  • TH2。声優みんなで歌うHeart to Heartではじまったとこはよかったけど… なんというまとまりのなさだ、このひとたち。 無駄に人数が多かったせいもある? 自然と伊藤静が仕切りになるらしい。あとゆりしぃKY。
  • うたわれるもの。 イベント全体、3人のおかげで成功していたと思う。 元ネタしってたらもっと面白かっただろうな。 OVA楽しみです買いませんが。
  • うたわれBDの紹介で海外版音声入ってることの紹介に1分ほど英語音声で映像を流していたが、会場も紹介していた声優もあまり関心はない様子。 この面白さ、一般的には分かってもらえないのだろうか…。
  • ティアーズ・トゥ・ティアラ。 2008年はこれの年になるそうで。 キャラクター紹介とか、新着OPムービーとか。 新妻役ゴ トゥーザさまがんばれ。
  • あとは、アクアプラス検定出題と、 ちゃんぽんドラマアフレコと、 Suaraのミニコンサートと、最後にみんな出てきて大円団。
  • 意外に面白かったアクアプラス検定。 いや、主に面白かったのはうたわれのメンツです。 ひげ独身の出題ビデオがベタで面白かった。 小山力也がいい人すぎて答えまで思わずしゃべってしまっていた。
  • ちゃんぽんドラマも面白かった、のはやっぱりうたわれのメンツの暴走のおかげ。 小山力也さんサービスしすぎだ。
  • Suaraの歌はあんまり興味なかったけど ホワイトアルバムEDのPower snowカバーはよかったじーんときた。
  • あとは最後のBrand-new Heartですね。 こういう新しい作品の人たちに、 あの時代の歌を歌ってもらえるというのは、 なんとも感慨深いものです、なんて思う私はもう完全におっさんの部類ですね…。

【映画レビュー】劇場版 空の境界 第一章「俯瞰風景」

12/1 16:53@秋葉原ソフマップ。土曜日、秋葉原は空の境界一色でした。

とらのあな。アニメイトもそんなディスプレイでしたね。

12/1 18:47@テアトル新宿。というわけで 今日が初日の劇場版 空の境界初日pm9:15から第一章と舞台挨拶を見てきた。

  • 評価:★★★+。1200円で1時間弱。物語の基本は活劇ですから琴線に触れてくることはないけれど、非常に丁寧に大切に作られている印象。原作小説のファンはぜひ観よう。たぶん裏切られることはないと思います。と私ごときがいわなくてもみんな観るでしょうね。
  • はじめてみる人には、観る前に原作読んでいかれたほうが良いと思います。映像化することで原作の活字イメージ遊びの部分ができていないからネタバレになってしまう。
  • 以下、一般的にはすこぶる評判の悪い月姫アニメが原作月姫よりも面白いと思っている人の感想なので注意してください。
  • よくも悪くも原作に忠実な映像化だったと思います。っても原作の細部はもう忘れたからあんまり自信ないけどね。『「空の境界」はあくまで「奈須きのこ」の作品であり、なにがあってもそこだけは外さないように製作したつもり』とは舞台挨拶の監督の言葉。そのとおり、原作肯定する人ならこの映画は否定しにくいのではないかなあと思います。
  • それはつまり、忠実に以下がなされたということ。活字中毒の面白みを削がれ、映像によるテンポ(動き)と規範的な価値観(美しさ)が付加された。
  • 前者について。最初のほうのストーリーは意味不明だし、橙子と式の説明くさいやりとりを文字ではなく音声でさせるのは無理がある(かなり意味不明だと思う、あれは)。それでも分かっていてそのままそうさせている部分が忠実といえる。
  • 後者について。戦闘シーンは爽快。式のかっこよさ炸裂です。目が光ってます。無敵です。映像にすると映えるものです。や、田中理恵さん(霧絵)もやられっぷりはスゲーまってました。その他の映像も青が綺麗です。
  • そして式のかわいらしさも強調される。最後のふて寝シーンなんて悶絶ものです。絵も文句なしにかわいいね。
  • 今後は、今回は最後にちらっとしか出てこなかった鮮花の活躍に期待したいです。いやあ、藤村歩かわいかった。
  • 上映後の舞台挨拶。登壇は坂本真綾、鈴村健一、本田貴子、藤村歩、田中理恵、あおきえい(監督)。本田貴子の感想(これからも難しい文章と戦い続ます!)が一般的な反応と思いました。あのネジのはずれた活字フリーク的楽しみは、一般人に受け入れがたいように思えるんだよなあ。しかしその独りよがりなまでの自己主張(押し付け)が間違いなく「空の境界」の真髄だと思うのです。
  • 鈴村健一がんばってしゃべりすぎ。(ちょっとほめてるつもり)
  • まあなんにしろ「空の境界」は面白いのでみんな原作を読もう。その後映画も見よう。そして凛々しくて萌えなマーヤに悶絶しよう。以上。