[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 11月 2007

2007年11月19日月曜日

【ディクテーション】Death Note(デスノート)

ANNAODrightstufdvdpacific($24.82)。 最近見る中では ライブアライブの歌まで英語で歌ってるハルヒ4巻のほうに感銘を受けているわけですが (こういうの批判したがる人の気持ちはよく理解できん…)、 なぜか今日は(私個人的にはあまり好かんのですが全世界的にはヒットしている)デスノート。 夜神ライトにBrad Swaile、 LにAlessandro Juliani、 リュークにBrian Drummond。 以下、第1話Rebirth(新生)の最後。

まずは地球の掃除と思って凶悪犯の名前を書き続けた。 やがて誰も悪いことが出来なくなるように。 そして罪を受けて当然な悪人が心臓麻痺で死んでいく裏で、 道徳の無い人間、人に迷惑をかける人間を病死や事故死で少しずつ消していく。 そうすれば、確実に世界はいい方向に進んでいく。 そして僕が認めたまじめで心の優しい人間だけの世界を作り上げていく。 At first, I wrote the names of the worst criminals I can think of, like I was cleaning up the world one name at a time, so that eventually no one will ever do anything evil again. And while the truly guilty once who deserve to be punished for their crimes die of heart attacks, the people who are less guilty but who still make trouble for others will slowly be erased through disease and accidental death. Then, and only then, the world must start moving in the right direction. It will be a new world, free of justice, and populated by people who I've judged to be honest, kind and hardworking.
そんなことしたら性格悪いのお前だけになるぞ。 But if you did that, it will make you the only bad person left.
何を言っているんだ、リューク。僕は日本一といってもいいくらいの、まじめな優等生だよ。そして僕は、新世界の神となる! Huh? I have no idea what you are talking about. I'm hardworking honor student who is considered to be one of Japan's best and brightest. And I, I will become the god of this new world!
やっぱり人間ってオモシロ。 It's just as I thought! Humans are so interesting!

"die of"は「(人・動物が病気・飢餓・摂取物など)が原因[もと]で死ぬ[死亡する]◆of の代わりに from が用いられることもある」。


2007年11月12日月曜日

【ディクテーション】AIR(AIR)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific($17.08)。 神尾晴子にLuci Christian、 神尾観鈴にMonica Rial、 国崎往人(そら)にVic Mignogna。 以下、第12話AIR(そら)の最後。 話としてはこれで終わりですが、 まだVol.4(11/27)と movie(12/11)のリリースを残していますね。

どうしたの? Is something wrong?
なんでもないんだ。ちょっと昔のことを思い出していた。もうすぐ日が暮れるね。 No, I was just, remembering something from a long time ago. The sun will be down soon.
そうだね。 Yeah?
その前に確かめに行こうか。 You wanna go check it out before it gets dark?
なにを? Check what out?
君がずっと確かめたかったこと。この海岸線の向こうになにがあるのか。 You know, the thing you're always talking about wanting to see, whatever it is, that's beyond the shoreline.
私、そんなこと言ったっけ? I didn't know that I told you about that.
言ってないかもしれない。でもそう思っているような気がしたんだ。 Maybe you didn't. But I got the feeling that that was something you're thinking about.
そうだね。確かめてみたい。 Well, you're right. I do wanna check it out.
(今なら、その先に待つものが分かる。僕らは。) If we go now, we can find out what's waiting there.
行こっか。 What do you think?
うん。 Sure.
(彼らには過酷な日々を。そして僕らには始まりを。)さようなら。 Cruel times await those two. I wish them luck. For us, this just the beginning.

とくになし。やっぱ最後の日本語の情感は出ないですよね。この言葉の意味は平均的な日本人にだって理解できないんじゃないかと思える(私にはさっぱりです)。

2007年11月5日月曜日

【ディクテーション】Hell Girl(地獄少女)

ANNAOD(B+)、 rightstufdvdpacific。 閻魔あいにBrina Palencia、 輪入道にR. Bruce Elliot、 一目連にTodd Haberkorn、 骨女にJennifer Seman。 以下、第1話From beyond the Twilight(夕闇の彼岸より)より必殺仕事人の十八番。

闇に惑いし哀れな影よ、人を傷つけ貶めて、罪に溺れし業の魂(たま)…いっぺん、死んでみる? O pitiful shadow lost in the darkness, bringing torment and pain to others. A damned soul, wallowing in the sin. Perhaps, it is time to die. (字幕: O pitiful shadow lost in the darkness... Demeaning and bringing harm to others... A damned soul, wallowing in sin... Care to give death a try?)
この怨み、地獄に流します This is vengeance. So I'm to ferry you to hell. (字幕:I consign this grievance to hell.)

"O"は古語で「おお、まあ、驚き・願望・恐れ=Oh」。
"torment"は「苦痛、苦悩、激痛、苦労の種、拷問」。
"damned"は「のろわれた、ひどい、とんでもない、悪く評された、非難された、忌まわしい、(強意)全くの」。
"wallow in"は「(泥・水などの中を)転げ回る、(悪徳・快楽・感情などに)ひたる[ふける]」。
"demean"は「(自分自身の)身[品位]を落す◆【用法】demean oneself の形で、 振る舞う◆【用法】「demean oneself 副詞」の形で」。
"give ~ a try"は「~を試してみる」。
"care to"は「~したいと思う◆【用法】疑問文・仮定法で」。
"vengeance"は「復しゅう、仕返し、報復、あだ討ち」。
"consign"は「~を渡す、預ける、託す、送る、委ねる、委託する」。
"grievance"は「不平のもと、苦情の種、不平、不満、立腹」。