[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 9月 2007

2007年9月24日月曜日

Vistaさんが思うように動いてくれない件

Endeavor NJ5100Proが届いた図2007/09/15 11:25。なんとも無愛想な外観、ですがセンスを問われてたじろぐ人間にはそこは逆に安心感なわけですよ。まあ基本はビジネス向けの上位機種ってことなんでしょうけどね。

ちょうどノートPCのCPUとデスクトップPCの描画能力がそろそろキツいな、 ってことでショップブランドPCを中心に物色していた、まさにそのとき、 エプソンダイレクトが2007/09/11にハイエンドノートを投入してきたのでタイ米はたいて購入してみた。 で、ぐだぐだと項目別網羅的レビューするほど私も最近のPCに詳しいわけじゃないので端的に使用感を述べてみよう。

要するにこれがやりたかったことのひとつ。 DVI-D端子をHDMIに変換して 4月に購入した32インチ液晶テレビL32-HR01にパソコン画面を表示している図。 解像度調整でテレビに最適なサイズにすればほらこのとおり。 ニコニコ動画もテレビで見ると悪くない。 でもニコニコ動画って急速に注目を集めた昨今、深夜はまともに観られないのよね、 ってのはこのPCのせいじゃなくってニコニコのサーバ容量か回線容量の問題っぽいですけど。 最近はもうミックミクですものね。

リトバスだってベッドに寝っころがりながらテレビでプレイ。 これができるだけでも購入してよかったなあと思う。 ゲームは進んでないけどね。 …ってか、なんたるダメ人間。プロジェクターは買いませんよ? 自分の収入と身の程は知っているつもりです。 っていうか、そういうの追及する自分を見るのがたぶん、耐えられない。 違うんだ、そういのじゃないんだよ、僕が本当に欲しているのは。

所感:
  • 注文してからの納期2日というのが驚異的なエプソンダイレクト。私のようなせっかちユーザーのハートをガッチリきゃっちです。
  • メモリは3Gにしたかったのだけどオプションが無かったです。そこだけ不満だったBTO。他は満足。ノートPCでここまで選択の幅があるのはうれしいこと。しかもスペックにしては安いこと。デルだと40万はしそう。
  • 15.4型でWUXGA(1920×1200)=文字が見えませんて。上は800x600のゲームをやるために1152x648にしています。
  • それよりも問題はOSに選択したVistaさん。これは新しいもの好きの自分の意思で選択したわけだけど、さすがにそろそろこなれてきただろうなって…甘かったことを認めざるをえません。
  • わくわくハコを開封して一番上の紙。「日本語入力中にシステムハングすることがあるのでIME 2007は無効化してください」→「回避方法:IMEをインストールしてデフォルト日本語FEPに設定してください」。笑った。
  • それがけちのつけはじめか、XPでの定番ソフトがうまく動かない。っていうかXP向けのソフトに対してシステム全体が挙動不審すぎ。最初インストールできなくて次にはインストールできてアプリを起動しようとするとうまくいったりいかなかったり…。XP向けに作られたソフトは基本的に、インストールできたらラッキー、まともに動いたら超ラッキー、くらいに思っておいたほうがよさそうです。いい商売してるよマイクロソフト。
  • でも、Vista向けに作られたソフトは安定して動けているっぽいです。ただ、それだけで僕が新しいPCでやりたいことすべてがカバーできるわけじゃないってだけ。ゲームにしろコンシューマアプリにしろフリーソフトにしろ、これから正式に対応されていけば状況も変わって、VistaもXPとかわらずえるようになるんじゃないかな。でも現時点ではまだツールがそろっていないから、何か目的を持った人か、開発者でもない人間が使い倒すには、時期尚早だろうと思います。PS3のCellプロセッサみたいなもんですわきっと。
  • とにもかくにもまともなテキストエディタを探してこないと拠点を移動できない>Emacs系全滅らしい。窓使いも対応しないのね(涙)。
  • それを差し引いても、ここ2週間VistaとつきあってXPがいかに安定したOSであるかを理解しました。ディスプレイドライバ、CDドライブの認識、各種ライブラリの挙動など、基本品質の面でVistaはまだまだ不安定なところが多い気がします。せっかくのハードのスペックを生かしたいならハードディスクつけかえてXP Proインストールするのが正しい姿のような気がします。ちょっと検討しよう。
  • とはいえ、先人達の苦闘のおかげで、クセをつかめばなんとか付き合っていけそうな感じもするので、もう少し我慢強く付き合ってみようと思います。しばらくこの文章を書いているXPパソコンは手放せそうにないけどね。
  • ああ、話題のTEATIME「らぶデス2」もこのPCなら動きますよ、かろうじて。 物理メモリ不足のせいか、起動しようとするとよく「Direct3Dの初期化に失敗」して起動できないのだけど (物理メモリ2G、ビデオメモリだって512Mなのになぁ)、そこは設定でパラメータを低画質方向にいじるとなんとか起動できるようになります。で、いったん起動するとパラメータを元に戻しても起動できるのがよくわからんのです。…Vistaさん、これもあなたのせいなのか。

【ディクテーション】AIR

ANNAODrightstufdvdpacific。 BOX付2巻(1巻には間に合わなかった?)には観鈴発症~美凪編完結(5:Wing,6:Star)~Dream編のおわり(7:Dream)~Summer編前編(8:Summer)を収録。 Dream編最後が原作ほどくどくなくて好感が持てるかな。Monica Real声にやられてるだけかもしらんが。 しかしAIRの中では美凪編がバランス的にベストだと思っている自分としては、この巻を見ているとAIRってのは綺麗なお話だなあと思うわけです。第2巻は永久保存もの。美しい場面が多いけど、やっぱり次の場面かな、というわけで以下、美凪編完結の第6話Star(ほし)より。

みちる?みちる、危ないから、そんなところにいたら危ないから、こっちにおいで。 Michiru. Michiru, what are you doing? You need to come back inside the fence. It's dangerous out there.
ダメだよ。もういかなきゃならないから。今日までいっぱい楽しかったから。 だからもう行かないとダメなんだ。そんな顔をしないで。 美凪は笑ってなきゃダメだよ。じゃなきゃみちるが悲しいよ。 Sorry, I can't. I have to go soon anyway. I had so much fun getting to know you. But now, I'm going to have to leave. Don't look at me like that. You need to keep smiling no matter what. When you aren't smiling, it makes me feel sad.
みちる。私はみちるのおかげで私でいられた。みちるがいなくなったら、きっとまた笑えなくなるわ。 Michiru. I was only able to be myself because of you for all these years. If you would go away, I don't know if I could ever smile again.
大丈夫だよ。美凪はちゃんとみちる以外の人にも笑えるようになってるもん。 ねえ美凪、国崎往人、約束しようよ。 You'll be okay. Because you've learned to laugh with other people now, not just with me. Hey, Minagi, Yukito Kunisaki. Let's make a promise.
約束? What promise?
翼を持った女の子は、空の上で悲しい夢を見続けている。 みちるは一足先にその子のところに戻るから、二人にもらった楽しい思い出をもって、 その子のところに戻ってるから。だから、その子を見つけたら伝えてあげてほしいの。 もっとたくさんの楽しいこと、そしてその子を悲しい夢から解放してあげて。 The girl with wings is all by herself up there in the sky. And she's still having sad dreams every night. I'm going back to her soon. And when I do, I'm going to take everything with me. All the good memories of all the fun times I've spent with the two of you. So if you ever find her, promise you tell her something for me? Tell her about any memory that's a happy one. I think that might be the only thing that can free her from her sad dream.
ああ。 Sure.
美凪、美凪はいつも笑っていてね。笑ってバイバイって言ってね。 Minagi, I want you to keep smiling always. Can you say good-bye to me with a smile?
言えない。笑ってさよならなんて言えない! I can't. How could I smile when I'm losing you forever!
美凪。 Mnagi.
だってもう会えなくなるのに! We will never see each other again!
大丈夫だよ。夢から醒めても思い出は残るから。だから笑って。みちるとの思い出をずっと楽しい思い出にしてよ。 これは美凪にしかできないことだから。美凪、約束だよ。 That's not so bad. Once you wake up from a dream, the memories of it stay with you. And that way, don't you see, your last memory of me will be a happy one. But only you can make that happen. Minagi, I want you to promise me.
うん。 ---
今、笑ってる? Are you smiling right now?
うん。 Uh-huh.
本当? Really?
うん。 Uh-huh.
じゃあ笑い続けて。笑ったままバイバイって言ってね。 Then keep smiling. Say good-bye to me with the smile on your face.
みちるは笑ってる? Are you smiling, too?
うん。 Yeah.
別れは辛くない? Are you sad to be leaving?
うん、辛くない!だって笑ってるもん!ずっとずっと笑い続けて、世界がたくさんの笑顔でいっぱいになって、 みんながあったかくなって生きていけたらいいね。 Of course not! I'm smiling, aren't I? Wouldn't it be wonderful if you and I kept smiling and the rest of world filled with laughter, and then everybody got to live happily ever after.
うん。 Uh-huh.
美凪。 Good-bye.
みちる、バイバイ。…。ありがとう、みちる。 I'll miss you, Michiru. ...Thank you, Michiru.

"get to know"は「知るようになる、知り合う、知り合いになる、懇意になる」。やばい泣けてきた。以下、おまけ。

遠野!飛べない翼にも意味はあるさ!それが空を飛んでいた日々の大切な思い出だからな! Tohno! Wings that can't fly can still have a purpose! Because no matter what happens they still hold the memories of being able to fly!

情景の効果もあるのか、こんなセリフにもなんとも感傷的にさせられるものですね。 やっぱ美凪がいいんです美凪が。

東京ゲームショウ2007

はるばる千葉は幕張くんだりまでやってきました2007/09/23 14:57。 仕事の出張でも思うけど横浜からは遠すぎですよこの土地は=横浜のアパート出たの13:15。 海風さむいって。

14:59。チケット1200円。さすがに並ばずに購入できた。

15:00。東京ゲームショウ2007入り口。寝坊のせいでずいぶん出遅れたが、今日の目的ははっきりしているので。

15:01。入り口の1ホールから一目散に7ホールめがけて移動。 この時間になってもすごい人手で人をかきわけ通行するのも楽じゃない。 TGSってのは1~8ホールまでも使った大きなイベントだったんだねえ。 人が密集している場所は明らかに酸欠状態で頭がクラクラしてくる。

15:11。そして辿り着いた飲食コーナー。

15:11。はい今日の目的地。いやー前日の夜この記事読んでからこのカレー食いたくってね。

15:13。というわけで今日の朝食兼昼食の立ち食いビーフカレー500円+ダカラ200円。 んまい!このチープなカレーがなんとも体になじむのですよ。 ご飯の質も良くボリュームもあって、あまり突っ込みどころの無いカレーでしたね。

15:28。食い終わったさあ帰るか…とも思ったが、 片道1180円の電車代+1200円の入場料の結果=500円のカレー+200円のペットボトル、 ってのもなんだか切ないので、適当に会場をぶらついてみることにする。 といって、あの人だかりの中に戻るのヤだな。 ってことであらかた食い尽くされて人もまばらな物販をぶらついてみる。 ゲームを遊びにきたわけじゃないし、 情報収集なんてネットで探したほうがよっぽど質の良い情報が手に入るし、 どのみち17:00閉幕では回りきることもできんだろうしねえ、の超やる気無し男もーど。

15:31。アクアプラスの物販。ティアーズ・トゥ・ティアラ。今度はPS3でギャルゲーシミュレーションRPG。きっとうたわれるものがけっこうおいしかったんだろうなあ。 他の物販もいろいろ物色するけど欲しいものは見つからず。っていうかカプコンとかスクエニとかこの時間でもすごい行列で物色しようって気が起きない。ソフトバンククリエイティブでポリフォニカの袋もらおうと思ったけど買ってないものもなかったのでこれも諦め。居場所も無いのでゲームの展示に向かう。

15:35。タカラトミー。メジャーがwiiで出るらしい。

15:37。セガ。サクラ大戦新しいのまた出るのねと思ったらDSか。たいした人気で並んでもプレイできないくらいでした。

15:41。まだセガ。忌火起草。PS3で10月25日発売。一番気になったのはこれでした。

15:45。まだセガ。戦場のヴァルキュリア。PS3。

15:41。SCE。すごいひとだかりの白騎士物語。でもPSよりXBOXのほうが元気だったとみんないってる。

15:48。ゲーム科学館。たとえがたとえになってないようなきが。

15:48。まだゲーム科学館。法律があることも教えよう。

15:48。ブロッコリー。絶望した!…通り過ぎただけ。

15:49。ディースリー・パブリッシャー。すごい人。誰?

15:51。NTTドコモ。携帯のゲームの展示が多かったのはたぶん、今回のTGSの特徴。

16:11。プロトタイプ。遅ればせながら16:00の配布に並んでみる。ちなみに16時を過ぎるととたんに人の数が減って移動しやすくなった。

16:12。プロトタイプ。けどポスターは手に入らず。CLANNADはともかくポリフォニカのは欲しかった。

16:01。プロトタイプ。CLANNADが展示されている。

XBOX360に移植。2008年春だそうで。

16:02。プロトタイプ。ポリフォニカの展示が大きくてうれしい。

3&4話はPS2で12月。0~4話のフルパックは2008年春だそうで。

16:29。バンダイナムコゲーム・バンプレスト。ごたごたあった?銀河英雄伝説PC版出るらしい

16:30。まだバンダイナムコゲーム・バンプレスト。涼宮ハルヒの戸惑。 生身のおねーさんは今回は撮りませんでした。プロだと逆に冷めるよねえ。

16:37。会場を後にする。結論。僕はゲーム好きじゃないらしい。 公式レポート。あんなにいたのに人減ったってこと?ガイジンはやっぱり多かったですね。E3縮小のあおりもあるのか、以前より増えてるんじゃないかな?

【ディクテーション】Lupin the III: The Castle of Cagliostro (ルパン三世 カリオストロの城)

ANNAODrightstufdvdpacific。 Rightstufからようやく届いたのでぼーっと眺めていたら今見てもかなり面白いです。AODの絶賛もあながち嘘でない。 で、カリオストロといったらやっぱり最後の銭形警部の超人的セリフ。宮崎アニメすぎで、モンキーパンチ怒らないのか。

くっそー、一足遅かったか。ルパンめまんまと盗みおって。 Blast! Just one step behind! The thief managed to steal again!
いいえ、あの方はなにも盗らなかったわ。私のために戦ってくださったんです。 No, he didn't take anything. I swear. He saved my life putting his own at risk.
いや、やつはとんでもないものを盗んでいきました。…あなたの心です。 I'm right. That devil stole something precious and priceless. ...Your heart, my lady.
…はい! ...Yes!
では失礼します!ルパンを追え!地の果てまで追うんだ! Well, duty calls! After Lupin! I won't rest until he is caught!

"Blast( it)"は「《俗》(怒り・いらだちを表して)ちくしょう!」。
"duty calls"は「義務の命じるところ=用があるので」。

2007年9月17日月曜日

【映画レビュー】劇場版CLANNAD(1回目)

チネチッタ川崎へ2007/09/15 20:03。

川崎なんて横浜の人間に用のない場所を訪れたのは当然、公開初日の劇場版CLANNADをレイトショーで見るためです。

なんかパンフレットの値段が他と違うんですけど。。。けど当然2000円のを買わせていただきましたとさ。でも添付のCD微妙よねぇほんとあからさまに値段吊り上げるために作ったというのか。

評価:★★★★。 最近この評価ばっか。まあ皆さんにぜひ触れて欲しいものしか紹介してないからなんですけど。

  • 何を期待して観るか この出﨑アニメ映画の評価は、原作への思い入れ、それも原作のどの部分に個人的な思い入れを持っているかに大きく左右されると思います。原作ファンはオレ的CLANNADがそこに体現されていることをどうしても期待しまうし(だからそれが軽視されているととても気に入らない)、一方はじめて観る人は原作なんてどうでもいいから一個の作品としてテーマのある話を提示してほしいと思うものです。そのため、(これに限った話ではないのだけれど)この映画の感想を書くにあたって自分が原作についてどのように思っているかどうか明らかにしておくことは結構大事なことだろうと思います。そんなわけで私的CLANNAD観。2004年7月ごろアメリカで書いた感想ですがそのときから変わってないです。相変わらずリベラルな感想ですね。 あ、ひとつだけ訂正。CLANNADの音楽いいですね。 「日々の遑」のメロディラインをこの3年間、ことあるごとに思い出しています。
  • CLANNADをぜんぜん知らない人二人と一緒に見ましたが、彼らにはおおむね好評でした。 泣ける話だと。客観的に観てこの映画は良くできていると思います原作信者の方々。
  • 以降私の素直な感想を書きます。これから映画を見たい人にはスポイラーアラート!
  • 前半:AIRよりも鼻につく出﨑演出 正直なところ、前半観ていて辛かった。 最初の滑り出しはなかなか良かったのだけれど、 途中からこれは弁護の仕様がないくらい中だるみして、もうダメなんじゃないかと思った。 CLANNADってもっと面白いんだよって言いたくなった。 出﨑演出(無駄な一枚絵や二枚割)を堪能する楽しみ方が推奨されるわけだけれど、 AIRはまだ世界設定が現実離れしていたから受け入れられる部分もあったけれど、 CLANNADは日常的な学園モノだけにただ単に大げさで滑稽に見えてしまうところが辛いですね。
  • 後半:一部原作を凌駕している部分 後半やられた。幻想世界の設定変更と、それを利用した渚の一人芝居の場面と、 悔しがる春原と慰める智代、 朋也のオヤジさんのセリフと、電車での芳野先輩のセリフと、 電車がトンネルを抜けながらマルメロが流れる部分。 これらの部分は原作を凌駕しているんじゃないかと思う。 私はマルメロが流れる部分だけあと3回くらい観たいと思った。
  • だんご大家族のテーマ「だんご だんご だんご」 なんじゃこりゃー!と思いました。 原作で明示的に提示されていなかったから、そう思えるのは当然でしょうが。 正直、曲の出来云々やらどこそこの高校で実際にどうとかを語る価値があるのか私には良くわからないのだけれど、ただ使われ方が少々くどいところが気になりました。 まあいいんだけどね、オレ的CLANNADの陰鬱基調の雰囲気とはあまりマッチしないんだよな。
  • エンディング そこは「小さな手のひら」で泣かせてほしいわけです。 それが「だんご だんご だんご」で終わりだなんて…! でも「小さな手のひら」は原作のあのトゥルーエンディング (光りの玉全部集め終わった後)で流れてこそ胸にじーんとくるわけだから (そのように刷り込まれているのだから)、 そういう意味ではこの映画のエンディングは「だんご だんご だんご」で良かったのかな?
  •  あとこおろぎさとみさんね。うーん、それはどうだろう。中原さんで良かったんじゃないかな。CLANNADってのはどうやって汐のかわいさを引き立てるかってのがひとつのテーマだと思っている私としては、あのこおろぎさんはちょっとなあ。
  • テーマ「幻想ではない死に向き合うこと」 …とパンフレットに脚本の中村誠さんが書いている。光の玉とか町の想いとかそういうの抜きでやってるとそういうテーマに結末になりますわね。 私も物語として観たらこれが綺麗な終わり方だと思います(むしろ原作のCLANNADが、 いろいろな事情があってああいう終わり方になっているように思えます)。 この部分について語りだすとちょっと一晩じゃ終わらないので、 まあ、一番重要な部分のセリフはちゃんとやれていたと思う、とだけ。
  • まとめ 劇場版AIRとほぼ同じ感想で、もうひとつのCLANNADとしては十分なクオリティだと思います。ぜんぜんアリです。私も原作大好き人間として、たくさん注文をつけたい部分があるのも事実ですが、CLANNADという話と、そこから抽出されるテーマを2時間未満でまとめるとしたらこういうやり方もある、っていうかかなりうまいことやっているように思えます。原作ファンの方は気楽に観ましょう。前半は耐えろ。後半感動に震えるから。
  • 前売り券は残り3枚 ああまた観にいくさマルメロを聞くために!やっぱKey作品の心に触れてくるところ、ドンパチ中心の定番脚本作品とは雰囲気が一味違いますよね。

2007年9月10日月曜日

【ディクテーション】Rozen Maiden (ローゼンメイデン) (3)

ANNAODrightstufdvdpacific。 これはいいアニメにいい最終回。 以下は3巻に収録の第12話Shinku(真紅)の終わりのほうから。 Aパートしょっぱなの真紅とジュンの会話か、 あるいはBパートの銀さま最期も良いシーンですが、 いずれも使用されている表現がやや簡単なので、 今回はBパートから最終回な以下の場面をチョイスします。

やはりその指は魔法ね。 Told you. Those fingers are magical.
そんなこと。 No, not really.
だって、幸せな気持ちになるもの。 …もし私がアリスになったら、 そのときは美しいローブを作ってもらいたいわ。 They are, and they make me very happy. ... Jun, if I have become Alice, if that day comes, I would like you to make an exquisite robe for me.
そんな大変なの作れないよ。 I don't know if I'm good enough to make something like that.
できるわ。いずれあなたはなんでも作れるようになる。 Of course you are. And someday, you will be able to make anything you want.
…ほら。 Voila!
はい。 Here.
なんだよ。 What's that?
見てわからないの。髪をとかして結ってちょうだい。 Can't you tell by looking? Brush my hair and do it up for me.
なんで僕が。 Oh, you're kidding.
レディが髪を触らせるのは、心を許した相手だけよ。光栄に思いなさい。 Not just anyone can touch lady's hair. Only people she trusts are allowed. You should feel honored.
ねえジュン。これが今のあなたの心の中よ。 とても綺麗になったこの空も、ずっと晴れてばかりではないわ。 時には雨が降り、嵐が吹き荒れることもある。 景色が移り変わり、放っておくと取り返しがつかなくなることもあるの。 そのたびに、あなたは戦い続けなければならない。 それが… You know, Jun, do you see how bright it is, and how very beautiful. It's what's inside your heart right now. But it will not stay like this forever. Sometimes it will rain, and sometimes storms will rage. And if you leave it unattended, the landscape will change into a place you won't recognize at all. Every time something like that happens, you will have to continue to fight. For that is...
それが生きていることだから。 I know. For that is what it means to live.
いい子ね、ジュン。…そろそろ行くわ。 You're a good boy, Jun. ...Well, I'll be going now.
行く?どこに。 Going? Where are you going?
ジュンの想いはここに確かに残っている。だから、ジュンも忘れないで。 私は真紅。誇り高いローゼンメイデンの第五ドール。 そして、幸せなあなたのお人形。 Your regard for me has definitely left its impression in here. So Jun, please make sure you don't forget. My name is Shinku. And I'm the proud fifth of the Rozen Maiden dolls. Also, I am the doll who's happy to be yours.
真紅。真紅?真紅!真紅!真紅!!真紅!!! Shinku. Shinku? Shinku. Shinku. Shinku! Shinku! Shinku!

"exquisite"は「(美しさ・技量・能力などが)この上なく素晴らしい、優れた、申し分ない、絶妙の、非常に美しい、優美な」。
"voila"はフランス語の間投詞で「さぁどうぞ、ほらできあがり」。
"do it up"は「〈俗〉仕上げる、うまくやる、片付ける」。
"rage"は「怒る、暴れる、盛んである、猛威を振るう、荒れる、殺到する、熱狂する、浮かれ騒ぐ、どんちゃん騒ぎをする」。
"unattended"は「出席者のない、付添いのいない、注意をされていない、管理をされていない」。ここでは後者の意味で"leave ~ unattended"は「~をほったらかしにしておく」。
"regard"は「関連、関心、点、事項、心遣い、考慮、注意、注視、尊敬、敬意、好感、よろしくとの伝言」。



2007年9月5日水曜日

【ディクテーション】To Heart(トゥハート)

ANNAODrightstufdvdpacific。 4巻に収録の第12話The season of Emotions(想いの季節)より。12話、13話は志保vsラスボスの精神戦がいいんですよねー。でもレミィ・クリストファー・ヘレン・宮内も好きだぞ。

なにしてるの?志保。 さっき浩之にクリスマスパーティーに誘われたよ。 What are you doing, Shiho? I'm so excited Hiroyuki just invited me to the Christmas party.
あ、行けるんでしょう? Oh, you can come, can't you?
うん。ところで、一人で物思いに耽ってる、って感じかな? Yeah. By the way, were you sitting here by yourself getting lost in deep thoughts?
別に。掃除してたらお腹減りすぎちゃったの。 第一、物思いに耽るなんて、この志保ちゃんに似合わないでしょう? Not really. I was cleaning up and started feeling really hungry. Besides, being lost in deep thoughts wouldn't be the Shiho way at all.
そうでもないよ。志保はとっても女の子らしいよ。 あ、もしかして恋する乙女になった? Not necessarily. Actually, you can be pretty girly sometimes, you know. Oh, could it be you are a maiden who's fallen in love?
え、まさか。 Huh? As if.
そう。でも不思議だよね、人を好きになることって。 好きだからその人の前でニコニコしていることもあれば、 その逆にわざと怒ってみせたり、意地悪することもある。 それに、好きだって気持ちに自分では気づかないことだってあるよね。 うーん、あんまり親しすぎたり、楽しかったりすると、 そうなっちゃうみたい。で、気づいたときにはもうその人は、 手の届かないところへ行ってる。 そういうの「灯台下(した)暗し」って言うんだよね? …あれ、ちょっと違うかな。 Oh. But I guess falling in love really is mysterious, isn't it? Sometimes you'll be all smiles and giggles in front of him because you like him, and other times you find yourself acting all mad and mean to him on purpose. Sometimes you don't even realize that all the emotions you're feeling are actually love. I think that probably happens when you're too close to him and always having fun with him. But, the worst is that by the time you know how you feel the guy is already out of your reach. Like that saying, ``the darkest hour is just before you can catch the worm.'' Ah, maybe that wasn't quite right.

"get lost in"は「~に夢中になる、~に没頭する、~にはまる」。
"giggle"は「クスクス笑い、忍び笑い、クスクス笑う、クックッと笑う」。
"out of one's reach"は「(人)の手の届かない、(人)の力の及ばない」。
ことわざは"The darkest hour is that before the dawn"(最も暗きは夜明け前=まもなく事態は好転しよう)と"The early bird catches(gets) the worm"(早起きは三文の得)の混同と思われる。 「灯台下暗し」の訳し方はスペースアルクとか参照しよう。

2007年9月3日月曜日

【映画レビュー】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

109シネマズMM(みなとみらい)横浜へ2007/09/02 09:31。っていうか寝てない。

今回は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(公式)の鑑賞です。 MM横浜では一番大きな劇場(400人収容)で見ましたが、観客は満杯で、チケットを取るのも大変でした。 すんません、正直エヴァ人気をなめてました。

評価:★★★★
  • 問答無用で面白かったです。使徒との戦闘はハラハラしながら見てました。今更だよなーと思ってる人は実際見てみると面白いと感じられるはずです。
  • 今回の「序」については基本的にはTV放映版第1話~第6話と同じ内容だったと思います。
  • しかし映像は劇場版用に作り直しているようだし、細かい演出も変えてきています。エヴァの色とか、ダンボールとか。
  • 特にミサトさんのポニーテールに今回のスタッフのこだわりを感じられるとのこと。
  • 長いです2時間。思ったよりもぜんぜんカットしてません。
  • ずーっと見ているとシンジくんの鬱々が伝染してきてダウンな気持ちにさせられるのがマイナスポイントです。
  • 2008年公開予定の4部作の第2作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」はアスカが登場してにぎやかになると思われますが、次回予告を見る限り、新しい要素も多数入ってくる?ようで、楽しみですね。