[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 8月 2007

2007年8月29日水曜日

【ディクテーション】Utawarerumono(うたわれるもの)

ANNAODrightstufdvdpacific。 今日届いたTo Heartの限定1500最終巻BOXのシリアルは1077でした>挨拶。 それはそうと天地無用があまりにもつまらんので今日はラスボスがプレイヤー自身だったりするうたわれるもの5巻に収録の第22話Odious Pact(忌まわしき契約)より。 しかしこれはBlu-rayにするほどのものなんだろうかね…。

もうアルルゥったら。あれほど一人で森の奥にいっちゃいけないって言ったのに。 ああ!びっくりした。こんなすごい地震はじめて。 はっ、アルルゥ!? ああ、アルルゥ! 嫌ぁ、誰か、誰か! 止まらない、血が止まらない! 誰か、誰でもいいから、お願い、アルルゥを助けて! Why would she going to the forest again. And I've told her so many times not to come out here all by herself. Ah. That scared me to death. I've never felt such a powerful earthquake. Aruruu?! Oh, Aruruu! Someone help! She is going to die! Anybody, please! Someone save her ... Why won't she stop bleeding? Somebody please ... Anyone, please save Aruruu!
助けて欲しいか。 その娘の命、助けたいか。小さきものよ。 Do you want her to be saved? Are you asking that this young girl's life be saved, little one?
お願いです!お願いします!アルルゥを助けて! どんなお礼でもします!だから、だから! I'm begging you! Please save her! Please save my sister! I'll will do anything to repay you! Please! Can you save her!
なれば、我に汝がすべてを与えよ。その体、髪一本、血の一滴にいたるまで、 その穢れ無き無垢なる魂を、汝のすべてを、我に差し出せ。 どうした。なにを躊躇する。なんでもするというのは偽りか。 I can, but you shall offer me your whole being in return. In return for saving this girl's life, I ask that you give me everything of yourself. From a single strand of hair to your last drop of blood, and your pure undefiled soul. What is the matter? Why do you hesitate? Were you lying when you said you would do anything in return?
わ、私は。捧げます!身も心も、なにもかもあなたに捧げます!だから… No, I wasn't lying. ... I'll give you everything! My body and soul! I will give you everything if you save my sister!
今、ここに契約は成立した。汝が望みをかなえよう。 Your promise now seals our pact. I shall grant you your wish.
私は…アルルゥのために…すべて…捧げた。 …あ、アルルゥ、しっかりして! I've forgotten ... I gave him everything ... for Aruruu ... to save her life. ... Aruruu, are you feeling better now?!
お姉ちゃん…おとうさん… I'm fine, sister ... Thank you, father.
え、まさか、そんな… It can't be ... No ...

"to death"は「死ぬほど、ひどく」。
"strand"は「髪の毛、(髪の)房、より糸、ひもに通したもの、(DNA の)ストランド、らせん構造」。
"undefiled"は「汚れのない」("defile"で「~の美観を損なう、汚す、不潔にする」)。

2007年8月20日月曜日

コミックマーケット72

2007年8月19日午前7時53分。朝から日差しきついでキミ。

同8時28分。スペース準備中にものすごい勢いで伸びる外に出るための列?明らかに人多くないか。

同9時23分。準備完了。今回はなぜだかお誕生日席。うちのようなしがないサークルにはもったいない場所だ、ってかお客こないなー、とたそがれつつ売れまくる2つ隣と背後の眺めてるの辛かった…。

というわけで。
参加イベントコミックマーケット72
サークル名おねしぺ
参加日2007年8月19日(日)[3日目]
場所東地区 X-07a
出展物 フォグ+Ever17ファンブック
  • コピー誌
  • 白黒、一部カラー
  • A5版63ページ
  • 300円
  • 内容:
    フォグ作品(風雨来記、風雨来記2、ミッシングパーツ)と打越作品(Never7、Ever17)を紹介した本。各作品の基本情報、攻略データと物語解説を掲載。
  • 販売実績:
    31/32 (ギリ完売)
  • pdfデータ
実践!アニメで学ぶアメリカ英語
  • コピー誌
  • 白黒
  • A5版31ページ
  • 200円
  • 内容:
    このブログのディクテーションコーナーを本にしてみました。
  • 販売実績:
    11/32 (完敗)
  • pdfデータ
復刻版 初心者のためのONE,Kanon,AIR攻略解説本 おねかのえあ読本 ―2006 冬コミ ver.―
  • コピー誌
  • 白黒
  • A5版64ページ
  • 0円
  • 内容:
    冬の売れ残り。
  • 販売実績:
    2/4 (持っていってくれた方本当にありがとう!)
  • pdfデータ(付録pdfデータ)
参考 C71の戦績
旧「永遠の会」のページ

反省文:
  • お誕生日席ということもあってか、人通りは多すぎるほど多いと感じた。それだけでなく純粋にいつものコミケより人が多かった気もする。最初のうち本が売れているのはそのせいだとも思えたが、13時台以降、通行量は変わらなくてもほとんど見向きされなくなったことを考えると、売れることとの相関関係はあまりないのかもしれない。
  • フォグ本は出足、驚くほどの勢いで売れた。10時台に3冊、11時台に7冊、12時台に10冊。しかし13時台になると客足がぱたりと止まり、13時台に4冊、14時台に2冊、15時台に4冊だった。(しかし1冊は見本誌、もう1冊は保存用で、想定より1冊多く30冊の完売は達成した。)なにか釈然としないところも残るが、「おねかのえあ読本」のときとのポテンシャル母数の違いを考慮すれば、大成功だったと見るべきだ。
  • 英語本は10時台2冊、11時台4冊で、11時台まではフォグ本をしのぐ売れ行きを見せた。その時点ではっきりとした手ごたえも感じたが、その後はまったく見向きされなくなった。12時台に2冊、13時台に1冊、15時台に1冊という結果だった。こちらは完全に需要を見誤った。
  • 今回の想定外。通例だとウチのような弱小サークルは、13時以降、ひと勝負を終えた人々が遊びだす時間帯が主戦場となるのだけれど、今回は13時台になったとたん極端に客足が鈍った(1時間になんとか4人程度興味を持ってもらえるペースに変化した)。これはいままでに経験したことがない。客足相関は、圧倒的に題材の質によるのかもしれない。
  • なんとか中身を見てもらっても買ってもらえない率が高かった。そこは「おねかのえあ読本」のときとは違った。
  • 英語本はアピールする客層を明らかに間違えていた(私の趣味嗜好とは別に、英語と聞いただけで不愉快になる人だってたくさんいるのだ)。英語本に関しては宣伝がまったくできていなかったこともあった。本の中身の出来としては、実質1日で作り上げたにしてはかなりいい本になったと思うのだが…。
  • いろいろコメントをいただいたことは、今後の励みにします。実際は仕事が忙しくてそれどころじゃないだろうけど。。
  • とにかく暑い日だったが、ウチのスペースには風が割合入って快適だった。歩きつかれてみんな集まってくるととたんに暑くなるのが辛かったが。
  • さて、次はどう出るか…考えている時間はあまりない。

2007年8月8日水曜日

【ディクテーション】AIR

ANNAODrightstufdvdpacific。 国崎往人はVic Mignogna、 神尾観鈴はMonica Rial、 神尾晴子はLuci Christian、 霧島佳乃はStephanie Wittels、 霧島聖はChristine Auten、 みちるはSerena Varghese、 遠野美凪はKira Vincent Davis、 ポテトはTiffany Grant。 往人と観鈴だけ聞いてると「ゆめりあ」みたいですが演技は安心して聞いていられます。 それから、晴子さんののんだくれてるところは非常に演技がうまい。 この中で少し残念なのは美凪かなあ?みちるはけっこういけます。 以下、第一話 かぜ (Breeze)の最後の部分。

結局1円も稼げなかった。…昨日会ったときもそこでそうしてたな。 Hey, make a dime of the puppet show today. Hey, you're standing just like that yesterday on my first saw you.
空にはね。小さいころからずっと思いを馳せてた。 It's kind of funny. I've always wondered what it would feel like to be in the sky.
どうして? How come?
わかんない。ただ、もう一人の自分がそこにいる、そんな気がして。 それってロマンチックだよね。本当の自分が空にいるなんて、すごく気持ちがよさそう。 遠くまで見渡せて、地上にいることなんて全部ちっぽけに見えて、 きっと、すごくやさしい気持ちになれるんだよね。 I don't know. I, I've always had this feeling like there is another me out there. Is it rather romantic thought that the real you is up in the sky? It must be amazing. You could see forever into the distance. Everything on the ground would look so insignificant. You probably feel really loving, or no, maybe not loving exactly, it gentle and calm.
美鈴。お前は… Misuzu... should you...?
(それは俺にとって星の瞬きのように短く、 そして永遠のように長い夏のはじまりだった。) That was the beginning of a summer that, for me, seemed the shortest twinkling of a star, yet as long as all eternity.

どうも口語に偏ってますね往人さんの言葉は。それでこのDVD1巻には佳乃エンドな第4話まで収録されているわけですが、 キャラクターはすごく魅力的なんだけど、話としては少しというかかなり物足りない気がします。 伏線ではあるんですけど、意味が実感できないのが辛いです。

2007年8月6日月曜日

【ディクテーション】Rozen Maiden (ローゼンメイデン) (2)

ANNAODrightstufdvdpacific。 Airは残念ながらしばらく届かないようなので今日はローゼンメイデンの2巻。 ニコニコで言えば10:50くらいから。 2巻も良い話が揃っています。

こんなバカな子のためにやっぱりあなたは筋金入りのバカね、真紅。 All this trouble is for a stupid child like her. Oh, Shinku, you're such a fool.
ヒナバカじゃないもん!バカって言う人がバカなの! だから水銀燈は大バカなの!バーカ!バーカ! Hina is not a stupid child! Only stupid people call other stupid! And that means you're the stupid one, Suigintou! Stupid! Stupid!
あなたは自分の立場がわかっていないようね。 壊そうと思えばいつだってできるのよ。 それとも、あの子のように一度ジャンクになってみる? You don't quite understand the position you're in right now, do you? If I wish to break you, I could do so at any time, or do you want to see what it's like to be a piece of junk like her?
言われたとおり来てあげたのよ。さっさと雛苺を返しなさい! I've come as you requested. Stop this nonsense and return Hina-ichigo!
こんなのいつだって返してあげるわ。あなたが持つローザミスティカを差し出せば。 I will turn this trifling thing over to you. But first, you will give me your Rosa Mystica.
間抜けな要求ね。ローザミスティカを渡すということは、アリスゲームの負けを意味する。 私は、負けるわけにはいかない。この戦いは私が終わらせる! What a foolish demand! If I hand over my Rosa Mystica, that would mean admitting defeat in the Alice game. And I will not lose the Alice game to you. Now then Suigintou, I will end this fight!
こざかしい。ここは私の世界、すべて私の思うまま。あなた達の命も。 As impudent as ever. This is my world that you're in, and my will dominates in it, including your lives.

"trifling"は「取るに足りない、つまらない、わずかな、軽薄な」。
"turn over ~ to"は「~を…に引き渡す[引き継いでもらう]」。
"impudent"は「生意気な、厚かましい、ずうずうしい、恥知らずの」。