[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 7月 2007

2007年7月30日月曜日

【ディクテーション】Banner of the Stars II (星界の戦旗 II)

ANNAODrightstufdvdpacificAir TVの1巻はうまくいけば来週届きそうです。そうでなくても発売日(8/14)くらいには届くでしょう。 ということで引き続き星界。本当にたくさん取り上げたい場面のある作品ですが今回はスポール提督祭り。 深見梨加も良いですがMariette Sluyterもなかなかどうして良いものです。 以下は、その良さが特に良く出ている第9話Things to Protect(守るべきもの)のBパートより。

潮時ね。これ以上は無理だわ。引き上げるわよ! Well, I guess that's it. We can't last much longer. All ships retreat!
引き上げるといっても、すでに全方位が敵に囲まれています! But that's impossible! The enemy is blocking our paths in every directions!
大丈夫よ参謀長。これは無益な戦いなの。少なくとも、ロブナスにいる輸送艦たちが脱出できるまでの 時間が稼げなかった私たちにとってはね。 そして私たちが撤退を始めたとたん、敵にとっても明らかに無益な戦いになるの。 おそらく追ってこないわ。 …あの方たちが意外にバカなら話は別でしょうけど。 Stop worrying, Chief of Staff. This battle is completely pointless. At least, it's pointless for those of us who couldn't negotiate enough time to get those wretched transport ships out of the Lobnas system. The minute they see that our ships are beginning to retreat, the enemy themselves will realize this battle is pointless. There is no way they will come after us ... unless of course they're completely stupid in which case it will be a different story.
そ、そうですね。 It's a possibility.
回頭を!進路、天の川門群中心方面よ。かまわないから正々堂々と逃げましょう! 本部戦隊時空包、完全移動状態! Turn the ship around! We will head right for the center of the Milky Way Gates! I don't care what they think! We're gonna retreat whether(???) they like it or not! Squadron space-time bubble, complete the maneuver!
了解!全艦、ラーシュカウに続け! Roger! All ships! Follow the Lashukau!
敵艦も追ってきます!距離10シェスケドレル! The enemy's coming after us! Distance ten sheskedrel!
時空融合! Space-time fusion!
後方170度続いて2艦! Two more enemy ships at hundred and seventy degrees!
敵は意外にバカです! Looks like the enemy is stupid!
あら、うらまれているのかしら。 とにかく突破するのよ! Oh, can they really hate me that much? Do what you can to break through!
ドウビルシュ、爆散しました! The Doubilge has just exploded!
(私としたことが、引き時を誤ったのかしら。) (What have I gone and done? Did I misjudge the right time to retreat?)

"wretched"は「不幸な、惨めな、哀れな、悲惨な、卑劣な、浅ましい、嫌な、ひどい」。
"It's a possibility."は「その可能性はあります。」。
"... unless of course they're completely stupid in which case it will be a different story." =「…あの方たちが意外にバカなら話は別でしょうけど」、
"Oh, can they really hate me that much?"=「あら、うらまれているのかしら」
…あたりの表現と演技がとても好きです。

2007年7月22日日曜日

【ディクテーション】Crest of the Stars (星界の紋章)

ANNAODrightstufdvdpacific。 会話のシチュエーションが豊富で抜粋したい場面が非常に多いですこのアニメからは。 以下は第9話To the BattlefieldのBパートより。 この話は以前取り上げたアーヴ皇帝陛下の宣戦布告のところも好きですが、 ラフィールとジントのやりとりも好きです。 しかしいつか人間側から話が書かれたらだいぶ違う印象の作品になるんだろうなこれは。

通信基地か? Is it the base?
違う。電波は前方の宇宙艦から来ている。 No. It's from the spaceship up ahead.
敵か。近い? Enemies. Close?
うん、かなり。加速を停止しないと攻撃する、と言っている。少しは面白いことを言うかと思ったのに。 Yes. Very. They're saying they'll open fire unless we halt. I hoped they would say something more humorous.
面白みの欠ける連中に殺されるのは、やだね。 I wouldn't want to be killed by people who lacked sense of humor.
私もだ。 Neither would I.
じゃ、とっととこの星に潜り込もう。 Well then, we really should hurry on down to that planet, okay?
あいつらをかわしてからな。 First we'll have to elude them.

"hurry on"は「急いでする[行く・言う]」。
"elude"は「~をうまく避ける、回避する、かわす、免れる、(人)から逃げおおせる、逃れる、(欲しいものが)~の手に入らない」。
続き。

助かったの? Are we safe now?
やつらが方向転換しても、もう追いつけない。大気圏に突入する。あまり騒がぬがよい。 Even if they change direction now, there is no way they catch up with us. We're entering the atmosphere. Try and stay calm, okay?
お手柔らかに。…なに、どうしたの!? Try and be gentle, okay? ...What's that? What's the matter?
心配するな。主機関を切り離しただけだ。 Hey, don't worry. I only disengaged the main engine.
だけだって? What do you mean "only"?
反物質燃料を抱いたまま、大気圏に突入するわけにはいかぬであろう?人の迷惑も考えないとな。 We can enter the atmosphere not with tanks containing anti-substance fuel. We have to think about the residence.
でも… But...
連絡艇はもともと着陸するようにはできていない。着陸するというのは緊急脱出と同じなんだ。 The communication spacecraft is not designed for landing on ground. Landing is not any different than an emergency escape, Jinto.
ホ、ホントに大丈夫なの! Are we really gonna be fine?
私だって怖いんだ!はじめてなんだぞ! I'm just as scared as you! It's my first time, too!
は、はじめてって! It's your first time?!
言ったであろう!地上世界には行ったことがないんだ! I already said! I've never been to the land world in my whole life!
で、でも訓練ぐらいは! But haven't you trained in landing?
訓練はした! I did train!
どっちが怖いんだ!着陸するのと、地上世界と! Which one scares you more, landing or the land world itself?!
両方だ! Both scare me!

とくになし。続き。

着陸したのかい。 Did we make it in one piece?
うむ。ジント、急ごう。上から見られているかもしれない。 Yeah. Jinto, let's hurry. They may be watching us from above.
ああ。 Right.
開け。持っているがよい。 Open. You shall hold this.
う、うん。 Ah, yeah.
よいか? All set?
いいよ。 All set.
消滅準備。 Prepare to nullify.
消滅準備完了しました。 Preparation is complete to nullify.
さらばだ。自己消滅せよ。 Good-bye. Launch self-destruct.
了解。機密保持規定に基づき、全情報、および処理系を消去します。無事を祈ります。 Acknowledged. Deleting all information and recorded transactions in accordance with confidentiality regulations. I pray for your safety.
なんか、嫌味なやつだな。 Well, that sure makes me feel better.
さあ、行こう。 Now, let's go.

"in one piece"は「無事に」。
"nullify"は「無効にする、無駄にする、破棄する」。
続き。

どうしたの? What's wrong?
いや、なんでもない。 Ah, it's nothing.
ジント、ちょっと待ってくれ。 Jinto, wait a minute.
どうしたの。 What's the matter.
ジント、私は目がおかしくなった。 Jinto, I think there is something wrong with my eyes.
なんだって? Oh no, what is it?
星がちらついて見える。 To me, the stars look like they're flickering.
え? Huh?
足手まといになりたくない。私が失明したら、かまわずそなた一人でこの航行日誌を持て。 I don't want to become a burden. Should I be going blind, take this logbook with you, and proceed without me, please.
ねえラフィール。せっかくの自己犠牲精神に水を差して申し訳ないけど、大気の底では星が瞬くのが当たり前なんだ。 Lafiel, I hate to punch holes in your self-sacrificing spirit. But stars naturally twinkle when looked at from within the atmosphere.
あ、そなたも同じように見えるのか? Does it look the same to you?
うん。 Um-hum.
本当か? Really?
嘘なんかついてどうするんだよ、こんなとこで。 Well, why would I want to trick you in our situation.
そうか。 Stunning.
しかし、君の受けてきた教育にはかなり大きな偏りが感じられるな。 You know, I'm be getting to see real results in education you have received.
だまれジント。 Shut up, Jinto.

"flicker"は「揺らめく、点滅する、徐々に消える」。
"Should I be..."はshouldを含んでifが省略される仮定法の条件節。
"logbook"は「業務日誌、旅行記、航海日誌、航空日誌」。
"twinkle"は「きらめく、キラキラ輝く[光る]、キラリと光る」。
"stunning"は「気絶させるような、ぼうぜんとさせる、驚くほど美しい、とても魅力的な、見事な、素晴らしい」。

2007年7月17日火曜日

【ディクテーション】When They Cry (ひぐらしのく頃に)

ANNAODrightstufdvdpacific。 ハルヒ2巻のほかに最近取り寄せたので面白かったのはひぐらし1巻とローゼンメイデン2巻ですね。 ということで今日はまだ取り上げてないひぐらしのほうを。 英語版声優はレナがMela Lee、園崎姉妹がKelli Kassidi、沙都子がMinx Leeで、 このあたりはまったく違和感なし。 梨花のReba Westはちょっと違うかなあ。 しかし辛いのは大石さん。大石さんについては日本語版の茶風林がハマりすぎという話もあるでしょう。 以下Spirited Away by the Demon, Chapter Two, The Secret(鬼隠し編 其の弐 隠しごと)のBパート。 ひぐらしはレナの壊れ方から話に入っていくことについて思い出した。

なあ、レナ。みんなはオレに嘘や隠し事なんかしてないよな。 Hey, Rena. You guys aren't lying or keeping any secrets from me, are you?
え、してないよ全然。 Secrets? We're not keeping any secrets.
嘘だろう。 You're lying, right?
どういう意味だろう、圭一君。 What's that supposed to mean, ha, Keiichi?
してるよな。オレに。隠し事。 You're keeping something a secret from me, aren't you?
圭一君こそ、レナたちに嘘や隠し事してないかな、かな。 してないかな、嘘や隠し事。してないかな。 Oh yeah, and what about you? Aren't you lying and keeping secrets from all of us, aren't you? Aren't you lying? And keeping secrets from us? Well, aren't you?
してないよ、嘘も隠し事も。 No, I'm not lying, or keeping any secrets either.
嘘だよ。 You're lying.
ど、どうして嘘だって。 But, why do you think I'm lying?
圭一君、昨日の部活のとき、先生に呼ばれて職員室に行ったって言ったよね。 レナは知ってるんだから。圭一君は職員室になんか行かなかった。 校門のところの車の中で話をしてたよね。知らないおじさんと。 誰、あのおじさん。 Yesterday when we were doing our club, you said you went to the teacher's office when she called you, didn't you? But you didn't, did you? I know for a fact that you didn't go to the teacher's office. You were sitting in a car parked by the gate talking to someone, a man you don't know. Tell me, just who was he?
し、知らない人だよ。 I didn't really know the guy.
知らない人が、なんで圭一君に用があるの? Well then what would the guy you don't even know want to talk to you about?
お、オレが知りたいよ。 Well yeah, that's what I wanted to know.
じゃ、なんの話をしていたの? Fine then, what were you talking about?
みんなとは、関係のない話だよ。 It didn't have anything to do with you guys, I promise.
ウソだ!!! 圭一君に内緒や隠し事があるように、 レナたちにだってあるんだよ。 Liar!!! Just like you have secrets and things to hide from us, we have secrets and things to hide from you.
あ、ああ。 Ah, sure, I gotcha.
ウフフ、行こう、だいぶ涼しくなってきたよ。 Let's go. It's starting to get cold out.

"for a fact"は「確かに」。



2007年7月16日月曜日

【ディクテーション】The Melancholy of Haruhi Suzumiya (涼宮ハルヒの憂鬱) (5)

ANNAODrightstufdvdpacific。 スペシャルエディションには「冒険でしょでしょのシングルCD」と「団長腕章」と 「TV放送順で1~5話までが収録されたDISC2(サブタイトルオンリーで吹き替えなし)」なんていう 冷静に考るとどういう意味があるのかわかんねーけどとりあえず 毎回初回特典つけて洗脳・搾取・虎の巻な感じでオタクから金搾り取るためにがんばってます的な 豪華特典がついてくる北米版ハルヒの第2巻(長い)。 時間軸順リリースの都合上、この巻で憂鬱最終話がでてくるのが良いのか悪いのか議論の分かれるところでしょうね私は少し微妙に思います。 ANNのレビューにもごちゃごちゃ書いてあります読む気はしませんが。 しかしまあそのレビューに教えられるまでもなく、この第2巻に収録の話はどの話も極めて出来が良いように思いますが、 とくに憂鬱IVの長門は絶品ですわね。もうこの話見たら普通の人はにわか長門ファンになること請け合いですええ私もそうですが。 でもなぜか以下は憂鬱VのBパートでハルヒが憂鬱について語る部分。 理由:ここの音楽とWendee Lee(52)の演技が大好きなのさ!

これからどこに行くつもりなんだ? So what's next? Where are you planning on going now?
別に。 I don't know.
ノープラン。…。オレ、もう帰っていいか? Okay. ...Hey, is it cool if I go home now?
…。あんたさ、自分がこの地球でどれほどちっぽけな存在なのか、自覚したことある? ...You know, Kyon, have you ever realized just how insignificant your existence on this planet really is?
(なにを言い出すんだ?) (Now what's she talking about?)
私はある。忘れもしない。小学生の6年生のとき、 家族みんなで野球を見に行ったのよ。 球場まで。私は野球なんか興味なかったけど、着いて驚いた。 見渡す限り人だらけなのよ。野球場の向こうにいる米粒みたいな人間がびっしりうごめいてるの。 日本の人間が残らずこの空間に集まっているんじゃないかと思った。 It happened to me. And I'll never forget it. Back when I was in the six grade, my whole family went out to go watch a baseball game at the stadium. I didn't really care about baseball, but I was surprised by what I saw when we got there. Everywhere I looked, I saw people. On the other side of the stadium, the people looked so small like little moving grains of rice. It was so crowded. I thought that everyone in Japan had to be packed in there.
でね、親父に聞いてみたのよ。ここはいったいどれだけの人がいるんだって。 満員だから5万人くらいだろうって親父は答えた。 試合が終わって駅まで行く道にも人が溢れていたわ。 それを見て私は愕然としたの。 こんなにいっぱいの人間がいるように見えて、実はこんなの日本全体でいえば ほんの一部に過ぎないんだって。 So I turned to my dad and asked him, "Do you know how many people are here right now"? He said since the stadium was full probably fifty thousand. After the game, the street was filled with people, and I was really shocked to see that, too. To me, it seemed like there was a ton of people there. But then, I realized it could only be a tiny fraction of all the people in Japan.
家に帰って電卓で計算してみたの。 日本の人口が1億数千万ってのは社会の時間に習っていたから、 それを5万で割ってみると…たった2000分の1。私はまた愕然とした。 私なんて、あの球場にいた人ごみの中のたった一人でしかなくて、 あれだけたくさんに思えた球場の人たちも実は一掴みでしかないんだってね。 When I got home, I pulled out my calculator. In social studies, I'd learned that the population of Japan was a hundred and some more million. So I divided that by fifty thousand. The answer was one two thousands. That shocked me even more. I was only one little person in that big crowded stadium filled with people, and believe me there were so many people there, but it was just a handful of the entire population.
それまで私は自分がどこか特別な人間のように思ってた。 家族といるのも楽しかったし、なによりも自分の通う学校の自分のクラスは、 世界のどこよりも面白い人間が集まってると思ってたのよ。 Up till then, I always thought that I was, I don't know, kind of a special person. It was fun to be with my family. I had fun with classmates. And the school that I was going to, it had just about the most interesting people anywhere.
でもそうじゃないんだってそのとき気づいた。 私が世界で一番楽しいと思っているクラスの出来事も、 こんなの、日本のどの学校でもありふれたものでしかないんだ。 日本全国のすべての人間から見たら普通の出来事でしかない。 But that night, I realized it wasn't true. All the stuff we did during class that I thought was so fun and cool, was probably happening just like that in classes of another school all over Japan. There was nothing special about my school at all.
そう気づいたとき、私は急に、私の周りの世界が色あせたみたいに感じた。 夜歯を磨いて寝るのも、朝起きて朝ごはんを食べるのも、 どこにでもある、みんながみんなやってる普通の日常なんだと思うと、 とたんに何もかもがつまらなくなった。 When I realized that, it suddenly felt like the whole world around me started to fade into a dull gray void. Brushing my teeth and going to sleep at night, waking up and eating breakfast in the morning, that's stuff happened all over the place. They were everyday things that everybody was doing. When I thought about it like that, everything became boring.
そして、世の中にこれだけの人がいたら、 その中にはちっとも普通じゃなく面白い人生を送ってる人もいるんだ、 そうに違いない、と思ったの。 If there is really that many people in the world, then there had to be someone who wasn't ordinary. There had to be someone who was living in an interesting life. There just had to be.
それが私じゃないのは、なぜ? But why wasn't I that person?
小学校を卒業するまで、私はそんなことをずっと考えてた。 考えてたら思いついたわ。面白いことは待っててもやってこないんだってね。 中学に入ったら、私は自分を変えてやろうと思った。 待ってるだけの女じゃないことを世界に訴えようと思ったの。 実際私なりにそうしたつもり。 So, that's how I felt till I finished elementary school. And then I had another realization. I realized fun things wouldn't come my way just while waiting for them. I thought when I got into junior high, it was time for me to make a change. I let the world know I wasn't a girl who was happy sitting around and waiting. And I've done my best to become that person.
でも結局はなにもなし。 そうやって私はいつのまにか高校生になってた。 少しはなにかが変わると思ってた。 But in the end, nothing happened. More time went by and before I knew it I was in high school. I thought that something would change.
(電車のおかげでオレは、ここで突っ込むべきなのか、 なにか哲学的な引用でもしてごまかしたほうがいいのか、 考える時間を得た。) (The passing train give me a moment to think about my response. Should I voice an opposing view point? Maybe I should wax philosophical about her drama.)
そうか。 I see.
(こんなことくらいしかいえない自分がちょっと憂鬱だ。) (I must be getting melancholic if that's the best I could come up with.)
帰る。 I'm going home.
(オレもどっちかと言えばそっちから帰ったほうが早く帰れるんだが、 しかしハルヒの背中は無言で「ついてくるな」と言っているような気がして、 オレはただひたすらにハルヒの背中が見えなくなるまでその場に立ち尽くしていた。 なにをやってるんだろうねえ。) (The truth is, I would get home faster if I went that way too. But the way Haruhi was walking, it was like her back was telling me not to follow her. I had no other choice but to stand there all by myself until I couldn't see Haruhi's back anymore. I wonder what the hell I'm doing.)

"turn to"は「~に問い合わせる、~を調べる、~を参照する」という意味。
"(a) tiny fraction of"は「~のほんの一部分」。
"pull out"は「引き抜く、引き出す、取り出す」。
"(a) handful of"は「ほんの一握りの」。
"up till then"は「そのときまで」。
"void"は「空間、空洞、真空、くぼみ、虚空、空虚感、むなしさ、喪失感」。
"sit around"は「ブラブラして過ごす」。
"wax"は「話す、表現する、意見を述べる」という意味(たぶん)。

2007年7月8日日曜日

【ディクテーション】Fate / stay night (フェイト/ステイナイト)

ANNAODrightstufdvdpacific。 3巻見ててこらダメだなーと思ってたら4巻の面白いこと。平日に朝3時過ぎまで見た。 アーチャーが往生するとこ熱いっすね。 アメリカから読んでいた IDさんの雑記を 思い出します。 以下、第16話The Sword of the Promised Victory(約束された勝利の剣)のBパート冒頭。 英語でしか見ないから川澄綾子、植田佳奈、門脇舞よりKate Higgins, Mela Lee, Jennifer Sekiguchiのほうがしっくりくるです、でもやっぱ実物は見ないほうが…。

士郎、あんたこれからどうする気よ。 So Shirou, just what do you plan to do now?
え、どうするって何をだよ。 What do you mean? Do about what?
和室で寝てる物騒なお子ちゃまのこと。 I'm referring to that dangerous little girl sleeping under your roof.
正確には和室ではなく、士郎の部屋です。 She is not just sleeping under Shirou's roof. She is sleeping in his bed.
え。ふーん。 Ah. Hmm.
え、あ、いや、俺はその…。 Hey, it wasn't my idea. It's just where she...
士郎、私も言いたい。イリヤスフィールを保護するなど、士郎はどうかしています。 I agree with Rin, Shirou. Taking Illyasviel into your house is insane. There is no way you can trust her.
放っておくわけにもいかないだろう。イリヤはまだ子供なんだし。 Well I just couldn't abandon her out there. I mean she is just a kid.
あんな目にあわされて、まだそんなこと言うわけ? How can you say that after all that little brat put us through?!
ちゃんと言いつけてやるやつがいれば、イリヤはもうあんなことはしない。 それに、俺はマスターを殺すために戦うんじゃない。戦いを終わらすために戦うだけだって。 She won't try anything like that again. She just doesn't know how to behave properly. And besides, I said from the beginning I have no intention of killing other Masters. I'm only in this thing to put an end to this stupid wars.
それじゃあ、イリヤスフィールのしたことを全部許すっていうの? 私はアーチャーのことを許す気はないわ。 So you're saying that you're just going to forgive Illya for everything that she has done? Well I won't exonerate her for what she did to Archer.
なによ、サーヴァントなんて、最後にはみんな消えちゃうんじゃない。 そんなこと気にしてるなんて、マスター失格ね、凛。 Why are you so mad? When this is over, all the Servants are just gonna disappear anyway. If a little thing like that bothers you, then you're not cut out to be a Master, Rin.
なんですって! Watch your mouth, Illya!
礼を言います、セイバーのマスター。敵であったわが身への気遣い、心より感謝いたしますわ。 …なーんてね。ああ、いいにおい。これ、私の分?嬉しい! I would like to say thank you to Saber's Master. I'm deeply touched by the kindness you have shown me, a former enemy. ...Just kidding! This smells so good! You actually set a place for me. You're the best!
離れなさい!この無礼者! Take your hands off him, you insolent child!
やーね、お食事時に。本当に無作法なんだから。 You really talk like that at the table? Wow, what bad manners you must have.
士郎、イリヤスフィールドをかくまうなど、百害あって一利なしです。 Shirou, I simply cannot condone this. Taking her in would do more harm than good.
危険ってことはないだろう。イリヤはもうマスターじゃないんだから。 But she is just a kid. How dangerous can she be? It's not like she is a Master any more.
いい士郎、そいつはまだマスターなのよ。サーヴァントを失っても、令呪がある限りマスターだって教えたでしょう。 それはサーバントもいっしょ。マスターを失っても、消えるまでいくらか猶予がある。 そんなはぐれサーヴァントとそいつが契約したら… You're wrong, Shirou. That's not true. She is still a Master. Have you forgotten what I have told you? As long as you have your Command Seals, then you're still a Master. And the same goes for Servants, too. If they've lost their Master, they still have a window of time before they disappear. If she wanted, she could easily form a pact with a stray Servant.
私、ほかのサーヴァントとなんて組まないわ。 イリヤのサーヴァントはずっとバーサーカーだけなんだから。 …あ、でも士郎が負けちゃったらセイバーは私がもらうわ。 But I won't. I'm not gonna team up with any other Servant. Berserker will always be the only Servant for me. ...But if you happen to lose, Shirou, I'll be happy to take Saber off your hands.
私はあなたのサーヴァントになるつもりなどありません。 Not a chance. I have no intention of ever becoming your Servant.
ふーん、ええ、別にそれでもかまわないわ。 私が勝つのもセイバーが士郎を守ってくれるのも、最後は同じだもの。 Hmm, you know it really doesn't bother me if you feel that way. Regardless of whether I win or you just protect Shirou, the end result will be the same.
私は違います。凛、あなたからも士郎に…。 Well it still bothers me. Rin, please make Shirou understand.
ん、ごめんなさい、聞いてなかったわ。もう一度言って、セイバー。 I'm sorry. Could you repeat that? I wasn't paying attention.
ですから、イリヤスフィードをここにかくまうのは、反対ということです。 I was saying that I'm opposed to offering Illyasviel sanctuary.
別にいいんじゃない。 I don't see what the problem is.
は? Uh.
遠坂、お前さっき…。 Two minutes ago, you're just saying...
やったー!嬉しい! That's great news! This is gonna be so much fun!
そんな勝手は許されません! This is completely ridiculous, Shirou!
イリヤ、ほら朝ごはん食べて。 I got it, Illya. You're happy. Go eat your breakfast.
(士郎の選択は、もしかしたらとんでもない妙手かもしれないわ。) (It's possible that Shirou may have just unwillingly made a brilliant decision.)

"under sb's roof"は「人の家に(泊めてもらって)、人の世話になって」。
"put through"は「~を経験させる、~を受けさせる、~を厳しく試す」。
"behave properly"は「礼儀正しく振る舞う」。
"exonerate"は「(義務・責任などから人を)免除する、解放する」。
"(be) cut out to be"は「~に向いている、~に適している、~の素質がある」。
"watch one's mouth"は「[言葉遣い・物の言い方]に注意する[気を付ける]」。
"insolent"は「横柄な、無礼な、生意気な◆親の言うことを聞かない子供、監督に口答えする選手、教師に不作法な振る舞いをする生徒など、自己中心的なだけでなく、他人に批判を向けたり無礼な行動を取ったりする様子をいう」。
"condone"は「~を大目に見る、容赦する、許す、見逃す」。
"stray"は「道に迷った、それた、はぐれた」。
"Regardless of"は「~にかかわらず」。
"offer sanctuary"は「保護を与える」。

2007年7月2日月曜日

【映画レビュー】キサラギ

うちからがんばって徒歩15分のまだド田舎な雰囲気ただようおしゃれタウン109シネマズMM(みなとみらい)横浜へ2007/06/30 21:15。つまり地下鉄高島町駅からみなとみらい線新高島駅まで10分以上かかるって計算ですね。

こんな辺鄙でおしゃれな場所にやってきたのは(そのくせ2週間前の港北マイカルワーナーの少なくとも20倍くらいの人がいたけどなレイトショー1200円)、またしてもこちら(6/29)の影響で映画キサラギを見るためです。

評価:★★★★

いやーものすごく面白かったですこれは。ほかの観客と一緒になって爆笑しながら見た映画は久しぶりです。少林サッカー以来かなあ。見てない人はぜひ見ておきましょう。個人的には少林サッカーよりはお勧めです。

主な内容としては1周忌オフで初対面する5人のアイドルオタクの軽妙(珍妙)な掛け合いを楽しむコメディなのですが、 そのアイドルの死の真相をめぐってのミステリー・サスペンス要素もかなりしっかりしており (時間を追うごとに次々と衝撃の事実が明らかになる)、 また最終的にはちょっとしんみりとさせてくれます。 もう最後の酒井香奈子(RECのひとだ)の下手くそな声優ソングを聴きながらなぜだか大満足できてしまうほどに。

まずほめるべきは5人の俳優の演技のうまさでしょう。全員がハマリ役。 次に脚本演出。場面の展開が軽快で観衆を飽きさせないところ。 映しているのはたったひとつの部屋なのに、よくぞこれほどの「動き」を表現できるものです。 ミステリーあるいは密室サスペンスとしても優秀だと思います。個人的に感心したのは香川照之(イチゴ娘)の立ち位置の変化のさせ方です。 ただネタばれしてるとつまらない映画なんで、2回目を見るのは時間を置かないとだめかもしれませんね。 それから、なるべく多くの観客と一緒になって見れる映画館で見ると盛り上がれますよ、きっと。

【ディクテーション】Rozen Maiden (ローゼンメイデン)

ANNAODrightstufdvdpacific。 ハルヒにも飽きてきたので今日はローゼンメイデン。 何の気なしに取り寄せてみたけど意外に面白いですねこれ。 北米版の声優もすごくきれいな声してます、ベテランも新しめの人も。 ShinkuはMela Lee(Fateの凛とか)、 HinaichigoはSherry Lynn(砂沙美、D、Fateの桜とか)、 SugintouはMia Bradly(月姫の先生の人とか)、 SouseisekiはJulie Ann Taylor(月姫の秋葉とか苺とか)、 Tomoe KashiwabaはDorothy Fahn(成瀬川とか薫とか)。 ちょっと前のアニメの吹き替えなんかに比べると、 アメリカの声優のレベルもかなり上がってるように思います。 まあ最終的に落ち着くのはやっぱ日本の声優の演技だったりしますけどねえ。 以下、第3話水銀燈より銀様登場の場面。 ニコニコで言えば13:30くらいから。

真紅?真紅なの? Shinku, are you out there?
今開けるわ。 I'll open the door.
あっ!…これ。 Ah!...Feathers?
雛苺。私から離れないで。 いい加減姿を見せたら?水銀燈。 …雛苺。後ろに。 Hina-Ichigo, you have to stay close to me now. Stop these games and just show yourself, Suigintou. Hina-Ichigo, behind me!
うん! Okay!
ウフフフ。58万6920時間37分ぶりね。真紅。 Five hundred eighty six thousand nine hundred twenty hours thirty seven minutes since we met, Shinku.
あなたも目覚めていたのね。 I was unaware that you had awakened.
あら、知らせといたはずよ。気づかなかったの? Really? I thought I had made it known. Did you not see the signs?
じゃあ、やっぱりあのドールはあなたが操っていたのね。 So, that was you. The poor little doll was acting under your influence.
ウフ、ちょっとあいさつしただけ。それより、どうしてゲームの敗者がここにいるのかしらね、 雛苺。負けたドールは勝ったドールにローザミスティカを渡し、その糧となる。 それがアリスゲームの掟。あなたたちは神聖なゲームを穢したのね。 Just my way of saying hello. By the way, if you've been defeated in the game, what are you still doing here, Hina-Ichigo? A doll that's lost the game must surrender her Rosa Mystica to the one who has beaten her. Those are the rules of the Alice Game. Why have you defied such simple rules?
余計なお世話ね。私には私のやり方があるわ。 Mind your business. I have my own way of doing things.
お父様がお怒りでも? Even if you should anger Father?
文句があるなら今勝負を受けてあげてもいいわよ。 If you have a problem with that, I see no reason why we can't settle it now.
ウフフ、怒った顔も相変わらず不細工ね。 You look as ugly as ever when you're angry.
うるさいわ。 Silence!
こんなものじゃ、私は倒せないわよ。…ウフフ、やーめた。 おバカさんは時間をかけてゆっくりいじめないと楽しくないわ。 またね。 You can not defeat me with such insignificant powers. Oh, never mind. It isn't any fun unless I can slowly torment you two minis. See you around.
水銀燈!待ちなさい!…水銀燈。 Suigintou! Wait! ...Suigintou.

"Mind your [own] business(concerns)."は「他人の私事に干渉しない[口出ししない・構わない]、いらぬおせっかいをしない」。
"defy"は「反抗する、逆らう」。
"torment"は「苦痛、苦悩、激痛、拷問、~を困らせる、ひどく苦しめる、悩ます、なぶり物にする、~に肉体的苦痛を与える」。