[PR] 香典返し おねしぺグローブ: コミックマーケット72

2007年8月20日月曜日

コミックマーケット72

2007年8月19日午前7時53分。朝から日差しきついでキミ。

同8時28分。スペース準備中にものすごい勢いで伸びる外に出るための列?明らかに人多くないか。

同9時23分。準備完了。今回はなぜだかお誕生日席。うちのようなしがないサークルにはもったいない場所だ、ってかお客こないなー、とたそがれつつ売れまくる2つ隣と背後の眺めてるの辛かった…。

というわけで。
参加イベントコミックマーケット72
サークル名おねしぺ
参加日2007年8月19日(日)[3日目]
場所東地区 X-07a
出展物 フォグ+Ever17ファンブック
  • コピー誌
  • 白黒、一部カラー
  • A5版63ページ
  • 300円
  • 内容:
    フォグ作品(風雨来記、風雨来記2、ミッシングパーツ)と打越作品(Never7、Ever17)を紹介した本。各作品の基本情報、攻略データと物語解説を掲載。
  • 販売実績:
    31/32 (ギリ完売)
  • pdfデータ
実践!アニメで学ぶアメリカ英語
  • コピー誌
  • 白黒
  • A5版31ページ
  • 200円
  • 内容:
    このブログのディクテーションコーナーを本にしてみました。
  • 販売実績:
    11/32 (完敗)
  • pdfデータ
復刻版 初心者のためのONE,Kanon,AIR攻略解説本 おねかのえあ読本 ―2006 冬コミ ver.―
  • コピー誌
  • 白黒
  • A5版64ページ
  • 0円
  • 内容:
    冬の売れ残り。
  • 販売実績:
    2/4 (持っていってくれた方本当にありがとう!)
  • pdfデータ(付録pdfデータ)
参考 C71の戦績
旧「永遠の会」のページ

反省文:
  • お誕生日席ということもあってか、人通りは多すぎるほど多いと感じた。それだけでなく純粋にいつものコミケより人が多かった気もする。最初のうち本が売れているのはそのせいだとも思えたが、13時台以降、通行量は変わらなくてもほとんど見向きされなくなったことを考えると、売れることとの相関関係はあまりないのかもしれない。
  • フォグ本は出足、驚くほどの勢いで売れた。10時台に3冊、11時台に7冊、12時台に10冊。しかし13時台になると客足がぱたりと止まり、13時台に4冊、14時台に2冊、15時台に4冊だった。(しかし1冊は見本誌、もう1冊は保存用で、想定より1冊多く30冊の完売は達成した。)なにか釈然としないところも残るが、「おねかのえあ読本」のときとのポテンシャル母数の違いを考慮すれば、大成功だったと見るべきだ。
  • 英語本は10時台2冊、11時台4冊で、11時台まではフォグ本をしのぐ売れ行きを見せた。その時点ではっきりとした手ごたえも感じたが、その後はまったく見向きされなくなった。12時台に2冊、13時台に1冊、15時台に1冊という結果だった。こちらは完全に需要を見誤った。
  • 今回の想定外。通例だとウチのような弱小サークルは、13時以降、ひと勝負を終えた人々が遊びだす時間帯が主戦場となるのだけれど、今回は13時台になったとたん極端に客足が鈍った(1時間になんとか4人程度興味を持ってもらえるペースに変化した)。これはいままでに経験したことがない。客足相関は、圧倒的に題材の質によるのかもしれない。
  • なんとか中身を見てもらっても買ってもらえない率が高かった。そこは「おねかのえあ読本」のときとは違った。
  • 英語本はアピールする客層を明らかに間違えていた(私の趣味嗜好とは別に、英語と聞いただけで不愉快になる人だってたくさんいるのだ)。英語本に関しては宣伝がまったくできていなかったこともあった。本の中身の出来としては、実質1日で作り上げたにしてはかなりいい本になったと思うのだが…。
  • いろいろコメントをいただいたことは、今後の励みにします。実際は仕事が忙しくてそれどころじゃないだろうけど。。
  • とにかく暑い日だったが、ウチのスペースには風が割合入って快適だった。歩きつかれてみんな集まってくるととたんに暑くなるのが辛かったが。
  • さて、次はどう出るか…考えている時間はあまりない。

0 件のコメント: