[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】The Melancholy of Haruhi Suzumiya (涼宮ハルヒの憂鬱) (5)

2007年7月16日月曜日

【ディクテーション】The Melancholy of Haruhi Suzumiya (涼宮ハルヒの憂鬱) (5)

ANNAODrightstufdvdpacific。 スペシャルエディションには「冒険でしょでしょのシングルCD」と「団長腕章」と 「TV放送順で1~5話までが収録されたDISC2(サブタイトルオンリーで吹き替えなし)」なんていう 冷静に考るとどういう意味があるのかわかんねーけどとりあえず 毎回初回特典つけて洗脳・搾取・虎の巻な感じでオタクから金搾り取るためにがんばってます的な 豪華特典がついてくる北米版ハルヒの第2巻(長い)。 時間軸順リリースの都合上、この巻で憂鬱最終話がでてくるのが良いのか悪いのか議論の分かれるところでしょうね私は少し微妙に思います。 ANNのレビューにもごちゃごちゃ書いてあります読む気はしませんが。 しかしまあそのレビューに教えられるまでもなく、この第2巻に収録の話はどの話も極めて出来が良いように思いますが、 とくに憂鬱IVの長門は絶品ですわね。もうこの話見たら普通の人はにわか長門ファンになること請け合いですええ私もそうですが。 でもなぜか以下は憂鬱VのBパートでハルヒが憂鬱について語る部分。 理由:ここの音楽とWendee Lee(52)の演技が大好きなのさ!

これからどこに行くつもりなんだ? So what's next? Where are you planning on going now?
別に。 I don't know.
ノープラン。…。オレ、もう帰っていいか? Okay. ...Hey, is it cool if I go home now?
…。あんたさ、自分がこの地球でどれほどちっぽけな存在なのか、自覚したことある? ...You know, Kyon, have you ever realized just how insignificant your existence on this planet really is?
(なにを言い出すんだ?) (Now what's she talking about?)
私はある。忘れもしない。小学生の6年生のとき、 家族みんなで野球を見に行ったのよ。 球場まで。私は野球なんか興味なかったけど、着いて驚いた。 見渡す限り人だらけなのよ。野球場の向こうにいる米粒みたいな人間がびっしりうごめいてるの。 日本の人間が残らずこの空間に集まっているんじゃないかと思った。 It happened to me. And I'll never forget it. Back when I was in the six grade, my whole family went out to go watch a baseball game at the stadium. I didn't really care about baseball, but I was surprised by what I saw when we got there. Everywhere I looked, I saw people. On the other side of the stadium, the people looked so small like little moving grains of rice. It was so crowded. I thought that everyone in Japan had to be packed in there.
でね、親父に聞いてみたのよ。ここはいったいどれだけの人がいるんだって。 満員だから5万人くらいだろうって親父は答えた。 試合が終わって駅まで行く道にも人が溢れていたわ。 それを見て私は愕然としたの。 こんなにいっぱいの人間がいるように見えて、実はこんなの日本全体でいえば ほんの一部に過ぎないんだって。 So I turned to my dad and asked him, "Do you know how many people are here right now"? He said since the stadium was full probably fifty thousand. After the game, the street was filled with people, and I was really shocked to see that, too. To me, it seemed like there was a ton of people there. But then, I realized it could only be a tiny fraction of all the people in Japan.
家に帰って電卓で計算してみたの。 日本の人口が1億数千万ってのは社会の時間に習っていたから、 それを5万で割ってみると…たった2000分の1。私はまた愕然とした。 私なんて、あの球場にいた人ごみの中のたった一人でしかなくて、 あれだけたくさんに思えた球場の人たちも実は一掴みでしかないんだってね。 When I got home, I pulled out my calculator. In social studies, I'd learned that the population of Japan was a hundred and some more million. So I divided that by fifty thousand. The answer was one two thousands. That shocked me even more. I was only one little person in that big crowded stadium filled with people, and believe me there were so many people there, but it was just a handful of the entire population.
それまで私は自分がどこか特別な人間のように思ってた。 家族といるのも楽しかったし、なによりも自分の通う学校の自分のクラスは、 世界のどこよりも面白い人間が集まってると思ってたのよ。 Up till then, I always thought that I was, I don't know, kind of a special person. It was fun to be with my family. I had fun with classmates. And the school that I was going to, it had just about the most interesting people anywhere.
でもそうじゃないんだってそのとき気づいた。 私が世界で一番楽しいと思っているクラスの出来事も、 こんなの、日本のどの学校でもありふれたものでしかないんだ。 日本全国のすべての人間から見たら普通の出来事でしかない。 But that night, I realized it wasn't true. All the stuff we did during class that I thought was so fun and cool, was probably happening just like that in classes of another school all over Japan. There was nothing special about my school at all.
そう気づいたとき、私は急に、私の周りの世界が色あせたみたいに感じた。 夜歯を磨いて寝るのも、朝起きて朝ごはんを食べるのも、 どこにでもある、みんながみんなやってる普通の日常なんだと思うと、 とたんに何もかもがつまらなくなった。 When I realized that, it suddenly felt like the whole world around me started to fade into a dull gray void. Brushing my teeth and going to sleep at night, waking up and eating breakfast in the morning, that's stuff happened all over the place. They were everyday things that everybody was doing. When I thought about it like that, everything became boring.
そして、世の中にこれだけの人がいたら、 その中にはちっとも普通じゃなく面白い人生を送ってる人もいるんだ、 そうに違いない、と思ったの。 If there is really that many people in the world, then there had to be someone who wasn't ordinary. There had to be someone who was living in an interesting life. There just had to be.
それが私じゃないのは、なぜ? But why wasn't I that person?
小学校を卒業するまで、私はそんなことをずっと考えてた。 考えてたら思いついたわ。面白いことは待っててもやってこないんだってね。 中学に入ったら、私は自分を変えてやろうと思った。 待ってるだけの女じゃないことを世界に訴えようと思ったの。 実際私なりにそうしたつもり。 So, that's how I felt till I finished elementary school. And then I had another realization. I realized fun things wouldn't come my way just while waiting for them. I thought when I got into junior high, it was time for me to make a change. I let the world know I wasn't a girl who was happy sitting around and waiting. And I've done my best to become that person.
でも結局はなにもなし。 そうやって私はいつのまにか高校生になってた。 少しはなにかが変わると思ってた。 But in the end, nothing happened. More time went by and before I knew it I was in high school. I thought that something would change.
(電車のおかげでオレは、ここで突っ込むべきなのか、 なにか哲学的な引用でもしてごまかしたほうがいいのか、 考える時間を得た。) (The passing train give me a moment to think about my response. Should I voice an opposing view point? Maybe I should wax philosophical about her drama.)
そうか。 I see.
(こんなことくらいしかいえない自分がちょっと憂鬱だ。) (I must be getting melancholic if that's the best I could come up with.)
帰る。 I'm going home.
(オレもどっちかと言えばそっちから帰ったほうが早く帰れるんだが、 しかしハルヒの背中は無言で「ついてくるな」と言っているような気がして、 オレはただひたすらにハルヒの背中が見えなくなるまでその場に立ち尽くしていた。 なにをやってるんだろうねえ。) (The truth is, I would get home faster if I went that way too. But the way Haruhi was walking, it was like her back was telling me not to follow her. I had no other choice but to stand there all by myself until I couldn't see Haruhi's back anymore. I wonder what the hell I'm doing.)

"turn to"は「~に問い合わせる、~を調べる、~を参照する」という意味。
"(a) tiny fraction of"は「~のほんの一部分」。
"pull out"は「引き抜く、引き出す、取り出す」。
"(a) handful of"は「ほんの一握りの」。
"up till then"は「そのときまで」。
"void"は「空間、空洞、真空、くぼみ、虚空、空虚感、むなしさ、喪失感」。
"sit around"は「ブラブラして過ごす」。
"wax"は「話す、表現する、意見を述べる」という意味(たぶん)。

0 件のコメント: