[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】Crest of the Stars (星界の紋章)

2007年7月22日日曜日

【ディクテーション】Crest of the Stars (星界の紋章)

ANNAODrightstufdvdpacific。 会話のシチュエーションが豊富で抜粋したい場面が非常に多いですこのアニメからは。 以下は第9話To the BattlefieldのBパートより。 この話は以前取り上げたアーヴ皇帝陛下の宣戦布告のところも好きですが、 ラフィールとジントのやりとりも好きです。 しかしいつか人間側から話が書かれたらだいぶ違う印象の作品になるんだろうなこれは。

通信基地か? Is it the base?
違う。電波は前方の宇宙艦から来ている。 No. It's from the spaceship up ahead.
敵か。近い? Enemies. Close?
うん、かなり。加速を停止しないと攻撃する、と言っている。少しは面白いことを言うかと思ったのに。 Yes. Very. They're saying they'll open fire unless we halt. I hoped they would say something more humorous.
面白みの欠ける連中に殺されるのは、やだね。 I wouldn't want to be killed by people who lacked sense of humor.
私もだ。 Neither would I.
じゃ、とっととこの星に潜り込もう。 Well then, we really should hurry on down to that planet, okay?
あいつらをかわしてからな。 First we'll have to elude them.

"hurry on"は「急いでする[行く・言う]」。
"elude"は「~をうまく避ける、回避する、かわす、免れる、(人)から逃げおおせる、逃れる、(欲しいものが)~の手に入らない」。
続き。

助かったの? Are we safe now?
やつらが方向転換しても、もう追いつけない。大気圏に突入する。あまり騒がぬがよい。 Even if they change direction now, there is no way they catch up with us. We're entering the atmosphere. Try and stay calm, okay?
お手柔らかに。…なに、どうしたの!? Try and be gentle, okay? ...What's that? What's the matter?
心配するな。主機関を切り離しただけだ。 Hey, don't worry. I only disengaged the main engine.
だけだって? What do you mean "only"?
反物質燃料を抱いたまま、大気圏に突入するわけにはいかぬであろう?人の迷惑も考えないとな。 We can enter the atmosphere not with tanks containing anti-substance fuel. We have to think about the residence.
でも… But...
連絡艇はもともと着陸するようにはできていない。着陸するというのは緊急脱出と同じなんだ。 The communication spacecraft is not designed for landing on ground. Landing is not any different than an emergency escape, Jinto.
ホ、ホントに大丈夫なの! Are we really gonna be fine?
私だって怖いんだ!はじめてなんだぞ! I'm just as scared as you! It's my first time, too!
は、はじめてって! It's your first time?!
言ったであろう!地上世界には行ったことがないんだ! I already said! I've never been to the land world in my whole life!
で、でも訓練ぐらいは! But haven't you trained in landing?
訓練はした! I did train!
どっちが怖いんだ!着陸するのと、地上世界と! Which one scares you more, landing or the land world itself?!
両方だ! Both scare me!

とくになし。続き。

着陸したのかい。 Did we make it in one piece?
うむ。ジント、急ごう。上から見られているかもしれない。 Yeah. Jinto, let's hurry. They may be watching us from above.
ああ。 Right.
開け。持っているがよい。 Open. You shall hold this.
う、うん。 Ah, yeah.
よいか? All set?
いいよ。 All set.
消滅準備。 Prepare to nullify.
消滅準備完了しました。 Preparation is complete to nullify.
さらばだ。自己消滅せよ。 Good-bye. Launch self-destruct.
了解。機密保持規定に基づき、全情報、および処理系を消去します。無事を祈ります。 Acknowledged. Deleting all information and recorded transactions in accordance with confidentiality regulations. I pray for your safety.
なんか、嫌味なやつだな。 Well, that sure makes me feel better.
さあ、行こう。 Now, let's go.

"in one piece"は「無事に」。
"nullify"は「無効にする、無駄にする、破棄する」。
続き。

どうしたの? What's wrong?
いや、なんでもない。 Ah, it's nothing.
ジント、ちょっと待ってくれ。 Jinto, wait a minute.
どうしたの。 What's the matter.
ジント、私は目がおかしくなった。 Jinto, I think there is something wrong with my eyes.
なんだって? Oh no, what is it?
星がちらついて見える。 To me, the stars look like they're flickering.
え? Huh?
足手まといになりたくない。私が失明したら、かまわずそなた一人でこの航行日誌を持て。 I don't want to become a burden. Should I be going blind, take this logbook with you, and proceed without me, please.
ねえラフィール。せっかくの自己犠牲精神に水を差して申し訳ないけど、大気の底では星が瞬くのが当たり前なんだ。 Lafiel, I hate to punch holes in your self-sacrificing spirit. But stars naturally twinkle when looked at from within the atmosphere.
あ、そなたも同じように見えるのか? Does it look the same to you?
うん。 Um-hum.
本当か? Really?
嘘なんかついてどうするんだよ、こんなとこで。 Well, why would I want to trick you in our situation.
そうか。 Stunning.
しかし、君の受けてきた教育にはかなり大きな偏りが感じられるな。 You know, I'm be getting to see real results in education you have received.
だまれジント。 Shut up, Jinto.

"flicker"は「揺らめく、点滅する、徐々に消える」。
"Should I be..."はshouldを含んでifが省略される仮定法の条件節。
"logbook"は「業務日誌、旅行記、航海日誌、航空日誌」。
"twinkle"は「きらめく、キラキラ輝く[光る]、キラリと光る」。
"stunning"は「気絶させるような、ぼうぜんとさせる、驚くほど美しい、とても魅力的な、見事な、素晴らしい」。

0 件のコメント: