[PR] 香典返し おねしぺグローブ: 【ディクテーション】The Melancholy of Haruhi Suzumiya (涼宮ハルヒの憂鬱) (4)

2007年6月25日月曜日

【ディクテーション】The Melancholy of Haruhi Suzumiya (涼宮ハルヒの憂鬱) (4)

ANNAODrightstufdvdpacific。 今日は憂鬱IIIの最後のほう、エスパー古泉の語りどころを。 ニコニコではもう見れないらしいのでみんな買ってみましょう。 古泉君の声はヒーロー声と言われて声優に転向したジョニー・ヤング・ボッシュ兄ちゃんです。 ボッシュ兄の声を聞くとどうもおねツイの麻郁神城(Maiku Kamishiro)とかぶっちゃっていかんです。

古泉、お前もオレに涼宮のことで話があるんじゃないのか。 Koizumi, don't you also have something you wanna talk to me about regarding Suzumiya?
「お前も」と言うからには、すでにお二方からアプローチを受けているようですね。 I get the feeling that the other two have already talked to you about her. Am I right?
ああ。 Yeah.
どこまでご存知ですか。 Well, how much do you know?
涼宮が只者ではないってとこくらいか。 Just that Suzumiya isn't your ordinary person.
それなら話は簡単です。そのとおりなのでね。 Good. That will make my side of things easier, because that's definitely the case.
まずお前の正体から聞こうか。 How about you start by telling me who you really are.
お察しのとおり、超能力者です。そう呼んだほうが、いいでしょう。 本当はこんな急に転校してくるつもはなかったんですが、 状況が変わりましてね。 よもや、あの二人がこうも簡単に涼宮ハルヒと結託するとは予定外でした。 詳しいことはまたいずれ、お話する機会もあるでしょう。 百聞は一見にしかず。 ぜひお見せしたいものもありますし。 今はかいつまんでご説明しましょう。 Well, as you might have already guessed, I'm what's called an esper. It's best we call it that for now, okay? To tell you the truth, I wasn't planning on transferring into this school so suddenly. But the circumstances have changed. And I have to say that I really didn't expect the two of them to join up with Haruhi Suzumiya so quickly. Either way, I'm sure we're going to have the chance to talk more about all this later. A picuture is worth a thousand words, they say, and I definitely have something to show you. But for now, I think I'll give you the short version.
僕が所属する機関には、ほかにも超能力者がいます。 実はこの学校にも何人ものエージェントが潜入済みです。 そして我々は、3年前の発足から、涼宮さんを監視している。 The origanization that I belong to has other espers besides you, as true. Actually, the school's already been secretly infiltrated by a bunch of us, agents. And ever since the organization started up three years ago, we've been watching over Miss Suzumiya.
ことの発端はその3年前、そのとき何かがあった。 僕の身に超能力としか思えない力が芽生えたのも、そのときです。 Three years ago, that's when something very interesting happened. That is also when the powers I have now awakened inside me.
3年前とハルヒが、どう関係あるんだ。 How was Haruhi involved in whatever happened three years ago?
実はこの世界は、ある存在が見ている夢のようなものなのではないか、 というのが機関のお偉方の考えです。そして、それはなにぶん夢ですから、 その存在にとって我々が現実と呼ぶこの世界を創造し、改変することは、時宜に等しい。 そんなことのできる存在を、我々は知っています。 You see, the elders in the organization believe that this world is sort of like a dream that a certain entity is showing us. Because it's all just a dream, it will be quite easy for that entity to alter our reality. It could change it, destroy it, even create a new world. We're pretty sure that we found that entity right here.
それがハルヒか。 You're saying that's Haruhi?
人間はそのような存在のことを、神と定義しています。 For millennia, people haved refered to such an entity as "God" or something similar.
(とうとう神様にまでされちまったぞ、ハルヒ。) Well done, Haruhi. You got people calling you a god now.
考えてもみてください。我々のような超能力者や朝比奈みくる、長門有希のような存在が、 都合よく一同に会するかのように登場するでしょうか。 涼宮さんがそう願ったからですよ。 おそらく3年前に。 Just look at it this way for a moment. You got espers like me, as well as beings like Mikuru Asahina and Yuki Nagato, all hanging around in the same place. You think it's simply coincidence that we all come together like this? It's all happening because Miss Suzumiya wished it. She wished for it three years ago.
3年前にハルヒが世界を作り変えたっていうのか。 So are you saying that Haruhi remodelled the universe three years ago?
作り変えたというよりも、3年前に世界ははじまった、 とでも言うべきでしょうか。 ま、あくまで我々の仮説ですが。 Well, it would be more accurate to say that this world started three years ago. It's better than saying it was remodelled. Anyway, it's just a theory us espers have.
…まあいい。で、お前らはハルヒをどうするつもりだ。 Whatever. And just what do you esper guys want to do with Haruhi?
この世界が神の不興を買って、あっさり破壊され、 作り直されるのを防ぐごうというわけです。 僕はこの世界に、それなりの愛着を抱いているのでね。 Listen, if this world upsets its god, it will be destroyed and recreated in a blink of an eye. We wanna prevent that from happening. I mean I kind of like this place, where it is now(???), you know?
ハルヒに直接頼んでみたらどうだ。 Why don't you just walk up to Haruhi and talk to her about it?
そう主張するものも、確かに機関には存在します。 それ以上の刺激を与えようとする強硬派もね。 ですが大勢は、軽々しく手を出すべきではないという意見で占められています。 彼女はまだ自分の本来の能力に気づいていない。 ならばそのまま気づかぬよう、生涯を平穏に送ってもらうのがベターだと考えているわけです。 Well, there are some members in the organization that think we should do just that. And others think that we should be more aggressive in stimulating her powers. Either way, most of us think that this is definitely not something that we can easily get involed with. The bottom line is that she doesn't yet realize her true potential. If that's the case, the organization feels it would be best if she never finds out about her powers and live happily ever after.
さわらぬ神に祟りなし、か。 You go "let sleeping gods lie", huh?
そのとおりです。 Good way of putting it.
夢を見続けているのは、お前らのほうじゃないのか。 You sure you guys are the ones dreaming this world up?
ええ、その可能性もなくはない。 しかし、我々は今、最も危惧すべき可能性を前提に行動しているだけです。 I guess that's also a possibility. But as of right here, right now, we're simply acting on the worst of worst case scenarios that we can come up with.
ならためしに、超能力者とか言ったな。何か力を使って見せてくれよ。そうしたらお前の言うことを信じてやる。 例えば、このコーヒーを元の熱さに戻すとか。 I got an idea. You're telling me you're an esper, right? If that's really the case, then show me your power. If you can do that, then I believe everything you've said to me. For starters, how about you try heating up this cup of coffee here?
そういう分かりやすい能力とはちょっと違うんです。 それに、普段の僕にはなんの力もありません。 いくつかの条件が重なって、初めて力が使えるんです。 最初申し上げたとおり、いずれお見せする機会もあるでしょう。 長々と話したりしてすみません。今日はこれで失礼させていただきます。 Well, that would be rather convenient my powers are like that. And in fact, most of the time, I don't have any powers at all. It's only when all sorts of conditions are present that I can actually use them. And like I said before, I believe I'll have the opportunity to show you in the near future. I do apologize for speaking for such a long time. Now excuse me. I think that's enough for today. See you tomorrow.
そうそう、一番の謎はあなたです。失礼ながら、あなたについていろいろ調べさせてもらいましたが、 保証します。あなたは、普通の人間です。 Oh, by the way, the biggest mystery is definitely you. I know it's kind of rude, but I did some checking up on you. I hope you don't mind it. I assure you that you are an ordinary human.

"get the feeling that"は「(that 以下)といった気持ちになる」。
"join up with"は「~と一緒になる、~につなぐ、~に接続する、~と同盟する、~に入隊する」。
"either way"は「どちらにしても」。
"infiltrate"は「~に染み込む、~に浸透[浸潤]する、~に潜入[侵入]する、~にこっそり入り込む」。
"alter"は「変わる、様変わりする、改まる、(部分的に)変える、変更する、改める、改ざんする、改造する、修正する、改正する、変造する、様変わりさせる」。
"for millennia"は「数千年間」。
"for a moment"は「少し[ちょっと]の間、一瞬」。
"hang around"は「(当てもなく辺りを)ぶらつく、ブラブラする、うろつく、ウロウロする、徘徊する、たむろする、のらくらする、無為に過ごす、ゴロゴロする、まつわりつく、付きまとう」。
"walk up to"は「~に歩いて行く、~に歩み寄る」。
"act on"は「~に従って[基づいて]行動する、~について決定を下す」。
"for starters"は「まず第一に」。

3 件のコメント:

かざみあきら さんのコメント...

「触らぬ神に祟りなし」の部分は"Let sleeping dogs lie"をもじったものですね。意味も同じで韻も踏んでるし、うまいなと思いました。

おねしぺ さんのコメント...

このブログに初コメいただきました!ありがとうございます!>かざみさん。そうですね、ことわざ系はものすごく難しいと思います。まず知らないと言うのがあるし、次に価値観がだいぶ違うからモノの例えとしてピンとこないというのがある。それでいつものことですがディクテーションは少し修正しました。(レッツと聞こえたけど文法的に無理があるので)ほかもおかしいところたくさんなので突っ込み希望です。

かざみあきら さんのコメント...

初コメントだったとはビックリです。どういたしまして。

いま成田空港です。アメリカに行ってまいります。
Anime Expoの速報はうちのサイトの掲示板に書くことがあるかもしれません。ANNやAoDには負けるでしょうけど、チェックしてみてください(笑)

それではー。